スコルパ TY-125 4T

2014年9月 6日 (土曜日)

【林道】前沢稲ヶ沢線ツートラ

 

こんどさ~~

PC買い換えたいんだよね。。

もっとパワーのあるやつ

たとえばプロセッサがi7でメモリ16G

グラボ付のやつ。

 

まあそんな計画(いつになるか・・)に沿ってノートパソコンを整理してたら、去年の春林道でドリドリした動画データが出てきた。

 

せっかくなのでYouTubeにアップした。

 

Photo

↑見てみて!このセクシーなフォルム(^O^)

やっぱスコルパは最高だよね~~

腰のくびれがたまんねーよ(*^。^*)

  (このバイク変態野郎・・)

 

 

ちなみにこの辺走ってきた

Photo_6

↑いわゆる 栃木県の最北部 福島との県境だ

 

簡単に説明する

[ 前沢稲ヶ沢林道 ]

県23号線付近県249号線へと至る峰越え林道。
路面は途中の峰越え地点を堺に県23号線側(日向)がダート、 県249号線側(湯西川)が

前沢稲ヶ沢林道 全長26.0 km

そのうちダート部分は17㎞くらい

そこそこ走りやすいので、県外からも多くの下手くそや馬鹿がやってくる。

-------------------------------------------------------

1、日 時 2013年5月18日

2、場 所 【林道】前沢稲ヶ沢線

3、参加者 バカひとり

 

Photo_2

↑出発地点 林道の起点だ

この時点で「通行止」とか「キケン」とかの立札多数。。

でもさ、釣りの連中のクルマがバンバン入ってるんだよね。

 

 

スタートから約5分で支線が現れる 

 

Photo_3

↑大滝沢林道 ゲート前

たぶんこの林道は使われなくなって10年以上経ってると思われる。

ガレ具合がハンパ無い

まあそのほうがオラみたいな「ダート馬鹿」にはちょうどイイかもね。

 

この大滝沢林道でしばらく遊んでから

また本線に戻った

 

しばらく道なり

去年の大型台風の影響で、かなりの崩落があったようだ。

簡易的に治したあともあるが、とても普通車じゃ行けない。。つーか行けるかもしれないが帰れないと思う。

 

 

Photo_4
↑とりあえず一服(^。^)y-.。o○

 

写真のとーり 天気は快晴!!

風も爽やかでキモチイイ

 

 

そしてこの約2㎞先で 崩落した道を直していた。

写真撮り忘れたが、道がそっくり崖下に落ちていた。

さすがにスコルパちゃんでも無理。。

 

帰りはずっと下りだから、ダートでドリドリして遊んで帰った。

 

ではでは、

そーいうことでいつものよーに動画にしました

ヒマな時でもみてください

 

 

なんかさー 自分の後ろ姿みて思ったんだけど

だいぶ痩せてたなぁ このころは。。。。

 

たぶん今より8キロは軽いかも(T_T) 

 

| | コメント (0)

2013年12月19日 (木曜日)

鬼怒川ツーリングトライアル

 

 

最近TouTubeに動画アップするのがマイブームとなってるオラです。。

先日の「東古屋キャンプ」の編集も終わっていません。。

けっこう長いもんで苦労してます

 

 

 

つなぎに過去に撮り溜めた動画をアップしようと思う。

 

以前からバイクで出かけては車載動画を撮ってたんだけど、あくまでも記録用としてDVDに保管して終わりというパターンだったのだが、もったいないのでこれから順次ブログで記事にしようと思う。

 

--------------------------------------------------

2013年8月18日に実施した

鬼怒川ツーリングトライアルの動画。

 

宇都宮の気温が33℃を超えるクソ暑い夏の日だったが、さすがに鬼怒川には涼しい風が吹いていた。 ご存じのとおり上河内の鬼怒川河川敷はジャングル状態。林道と連絡道が無数に入り組み迷宮状態なのだ。

トトロの森、もののけ姫の舞台になりそーなトコロ

旧日本兵が発見されてもおかしくない場所である

 

 

そんなヤバい地帯をオラのおもちゃ

トライアルバイク「スコルパTY125 4T」で探検してきた。

----------------------------------------------------

 

Photo

↑ トランポから降車、出発準備を整える

 

タイヤ空気圧は 前0.5 後0.4 の不整地最大公約数仕様。

ガソリンはハイオク:レギの50/50 予備含め5ℓ

全身プロテクターで完全武装

川口浩探検隊並みの本気仕様でツートラした

 

では動画でもご覧ください

 

まずは

 

トランポから河原をくだり「秘密練習場」で遊ぶオラを撮った前編である。

<鬼怒川ツーリングトライアル 前編>

 

 

そして後編は「偶然」にも県道62号線喪失区間(未成部分)の入り口に辿り着いたところから始まる後編である。

 

<鬼怒川ツーリングトライアル 後編>

 

まあ… 無事で帰れたからこうしてブログ書いてるわけだが、47歳のオヤジにはさすがにこのツートラはきつ過ぎたようだ。

怪我しないうちに卒業しないと。。。。。

 

 

| | コメント (2)

2012年7月 9日 (月曜日)

スプロケ交換 2度目

 

 

しかし忙しいですなあ。。 

「忙しいのはありがたいこと」とはわかっていても

人並みに休みたい( ̄Д ̄;

  

それに 梅雨とはわかっていても週末になるときまって天気悪い

これも日頃の行いのせいでしょうかね。。

   

バイクの話

手に入れて以来 超が付くほど酷使してる 

フランス生まれの TY125 4T

Photo_5

(西荒川林道にて  2012年3月)

  

3か月も経たずして すでにガッタガタである (;゚∇゚)/

そりゃそーだよなあ

岩場、ゲロ場、ヌタ場、 スタバ

およそフツーのバイクじゃ行かないところ専門で走ってるからな。

(つーか今まで怪我しなかったのが不思議  自分でも)

オラみたいな無鉄砲馬鹿にはお似合いのバイク。  

   

当たり前だが デフォがトラ競技向けにセッティングしてある。

45度を超える崖でも登れるのは

この超ハイギアードのおかげでもある。

 

低速重視のギア 極端な話、5速で発進可能。

そのかわり 5速でも50km/h以上出たことない。

街中じゃとても乗れない。     

   

前述のとおり 酷使しまくりでだいぶくたびれてきた。 

チェーンも伸び伸びたし。

今回、ショックのレストアを期に

スプロケ交換してすこし林道ツー仕様にしてみた。

 (そのかわり トラ車的な使い方はしばらくできない)

   

 2012年7月8日(日)

レストア頼んだバイク屋さん  タケザワ

 

ココは相変わらず お客さんが多い。

オラのトラ車 よっぽど珍しいとみえて 来店客も

じっと作業を見守る。

さすがにオラも 今回は観てるだけ。

  

さすがプロ 手際がイイね!

 

リアシャフト緩め~の

Photo

↑ ドライブスプロケを交換する ドリブンはそのまま

Photo_2

↑デフォより一回り大きい 13T  (写真は交換済みの旧スプロケ)

     

次に新品チェーンだよ~ん(≧∇≦)

 

さあ~~ チェーン芯ぶったぎるよ~(*^-^) 

サンダーthunderthunder

Photo_3

↑ チーン!!  あっという間に芯切断  ちょっと熱かった

  

428ek

↑EKの428SR   正直言って安いんだよ 

  

Photo_4

↑ チャチャっとチェーン張って テンション決めて完成(o^-^o)

 

さすがプロだす。 たったの15分で終わっちゃった。。

ついでにオイル交換も頼んだ。

走行距離は たったの300キロだが (現場まではトランポだしね)

それでも ドロドロの真っ黒。 細かなバリも出てきた。

相当ぶん回してるからしかたない。

  

今後のカスタム予定

前後チューブレス化 と 油圧クラッチを残すのみ

  

今のところ超金欠だから 秋だなあ~   

|

2012年6月18日 (月曜日)

西荒川林道 謎支線

  

  

え~ 全国3人くらいの西荒川林道ファンの皆さんこんにちわ 

  (少ねーよ。。 爆)

この梅雨時 

路面がグチョグチョなのを承知で久しぶりにツートラしてきた(;゚∇゚)/

 

スコルパ(TY125 4T)の出動は5月5日以来40日ぶり

その間、プラグ換えたりオイル入れたり

レンサルのハンドルに替えたり、ステー類をアルミ化したり……

なんだかんだで2キロの軽量化に成功!!

(その間 オラは2キロ太ったが… 不摂生爆)

……。。   

あとは走るのみ!

-------------------------------------------------------

2012年6月17日(日) 朝のうち雨 昼にかけて30℃

「父の日」 カブパパ父へのプレゼントは昨日渡してきた。。

 

おなじみ「西荒川林道周辺図」

Photo  

↑今日は大滝手前の左に逸れる支線探索(通称:名無し支線)

名無しじゃ可哀想なので便宜上「謎支線」と呼ぶことにする。

  

カブ家のお庭

1

↑さあ~ 楽しい積み込み(o^-^o)

 いつも何か忘れるので しっかりチェック

  

2_2

↑1時間後 東古屋キャンプ場着 

タイヤ空気圧(F:0.7  R:0.7)  キャブ調整若干濃いめ 

雨上がりなので林道はグチャグチャが予想されるので

電気系統のマスキングを施す。 ブーツもガムテでシール

  

 

それでは入林

トラ車的に目いっぱいの50キロ前後で走る

泥はねがヒドイ。。 すでにウェアは泥だらけ

雨上がりだけに 林道は水たまりだらけ。。。

避けて通るより突っ切ってしまったほうがハンドル取られない。

3

↑5分後 謎支線との分岐点に到着 (正面が謎支線)

   

【謎支線】

以前から気になっていた支線だけど、林業関係者のクルマも見たことが無いし、そもそも「この分岐点に轍の跡が無い」

林に分け入るように林道は伸びている。    

しかし……軽トラ1台通るのもムリっぽ。

 

川沿いなので治水や水源管理目的で残されているだけか?

いくつかのハテナ? を想定するが

林道を覆い尽くす草木の繁りから

緩やかに廃道化が進んでいる様子がうかがえた。

    

獣道という名の藪に突入する。 

大自然の試練は いきなり急勾配から始まった。

 

第2いろは坂の最大勾配が約9%であるから

そーだな、平均勾配は20%以上あるかもしれない。

  

5分も走ると 左が川 右がガケの狭路を走る。 

普通のアスファルトだったら 勾配25度あろうが30度だろうがトラ車には関係ないのだが、ココはガレ場の急坂だから途中で止まると再発進が困難になる。

元河原だったのだろうか、ヘルメット大の岩が多くなりハンドルを取られるため、自然と両足が出る。

さらに両側から迫る藪で足もとが見え辛い。。

 

どこかに 「落ちたら死ぬで」の立札が落ちているに違いない。   

   

そして急勾配の先は 

4_2

↑ 見事な崩落だった。。    崩落萌え~ヽ(*≧ε≦*)φ

 う~ん いいね~ この崩れ具合。

派手さはないけど、しっかり基本を押さえてある。

ある意味、廃墟萌え~に通じる。 

 

場所が場所だけに今後修復する予定もないだろう。

こうしてまた一つ 廃道がふえていく。

   

ココから先はさらに獣道化に拍車がかかる。 

(降りて路面を調べると2本の轍跡がついている)

  

以前は林業関係で使用されていたと思われるが、轍の幅が140~150センチであることから軽トラックしか通っていなかったことがわかる。

現在はこのように両側から自然の浸食を受け廃道化寸前である。

5 

↑ この先 しばらく写真は撮れなかった。。。

(つーか 降りて撮るどころじゃない。。 )

どんどん藪につつまれていく。 ちょっと不安 

こんなときアタマに浮かぶのが「川口浩 探検隊シリーズ」

「暗黒の魔境アマゾン奥地3000キロに幻の原始裸族を見た!!」

「密林の王者ターザンは実在した!!」

「恐怖の人食いトラ! スマトラに“密林の殺し屋”を追え!」!

 こんなのあったよね~~

どうしてカメラが先回りしていたかは別として

ワクワクして観てたもんだ。

  

今回はさしずめ

「恐怖の人食いトラ!高原山奥地密林に血に飢えたを追え!! 」

まあ そんなところか……

実際 トラがいたら、、、 イノシシ一頭いなかったけどね(笑)   

 

ゆっくり慎重に走らす。 

しだいに川音が大きくなってきた。 若干道も広くなってきた。

古びた堰堤に出る。

ここまでしばらく100%自然の中を彷徨っていたことで

このひなびた堰堤にさえ「文明社会」を感じることができる。

  

結局この先 ガケだったので 堰堤を渡り対岸にでる。

6

↑ 渡ってみた。 意外と滑らなかった  

  

現在地確認、

iPhoneナビ、SONYのナビ ともに同じところを示している。

どうやら想定ルートから西に1キロずれていたようだ。

西荒川林道本線までは藪漕ぎですすむ。   

 (ルートは載せません 一応獣道でした ) 

  

やがて大滝の100メートル手前に出る。(ガケから降りる)

7

 ↑ ふ~ ここで一服smoking 

山の中では こんな看板でもホッとするものだ。

   

西荒川林道本線を北上

今日は第一支線パス

第二支線もパス

8

 ↑第二支線分岐でまた一服smoking  よく休憩する日だ

なにせ今日はシート外しているから(スタンディングのみ)足腰が痛い。。

 

そして 山の神林道へは寄らず一気に県道63号を目指す。

9

↑ 「豊月平放牧場」まで駆け抜けた!

風が最高! 高原の乾いた風が 

汗まみれのジャージにぶちあたり冷たくてきもちイイ 

  

102

↑ 流れる雲を見ながら一服   30分間 ボーとする。

道にドカッと座り込んでブーツを脱ぐ。 あ~マジ気持ちイイ。

  

あとは戻るだけ

11

↑ 1時間後 デポ地(スタート地点)に戻った。

とにかくドロドロ。。のスコルパ 

だが 今日も期待を裏切らない走りをしてくれた。  

山の中では最強!  街中では……ドン亀だけどね。

 

13

↑ 気が付けば時刻は14時過ぎ   持ってきたお弁当を食う。 

全身使って 汗かいて 気の緩みも手伝ってか 

こーいうときは何食っても美味く感じるo(*^▽^*)o

    

   

今日もオラと遊んでくれた高原山の神様に感謝

さんくす♪(o ̄∇ ̄)/

|

2012年5月 1日 (火曜日)

祝! 初ダート カブママ子セローさん

  

【最初に報告】  

え~~なんだかんだ言っても 無事に帰宅できてこそ「遊び」で 

そーいう意味では カブママ子

ダート初挑戦にして無事帰れてよかった。。(;゚∇゚)/

----------------------------------------------------

(2012年 4月30日 Mon)

 

朝は恒例のカブ散歩

森林公園で時期遅れのサクラが咲いていた。

朝露で全身びっちょりのカブちゃん。。

ついでに泥だらけ

(結局カブ家全員 泥んこが大好きみたい…)

   

昼前に出発

トランポにバイク2台積み込む

下道で1時間 

お馴染みの「東古屋湖」に到着

さっそくデポ地(基地)を設営

  

012

 ↑ タイダウンでがっちり固定 2台積みだとさすがに重い。

  

013

↑ハイルーフだからオフ車もラクラク (ミラーは外すよ)

  こーして見ると オラのトラ車 結構腰高だね

  

014

 ↑ラダーでおろす バイクが軽いから楽ちん(o^-^o)

 

015_2 

 ↑さっそく昼メシ

02

↑これから入林するので ガッチリ食わないとね。。

 

03

↑食い終わった。 ミラー装着、空気圧調整して出発

(・セロー F: 1.0  R: 1.0      ・TY125  F: 0.8    R:0.7     )

 さあ~ 行くぞ! 「西荒川林道」に突入o(*^▽^*)o

04

 ↑ダートをしばらく走ると 恒例の「クマ注意」 

いまだに出会ったことはない。

05

↑その先は「大滝」だ。 やっぱここは押えとかないとね

   

マイナスイオンを浴びに滝壺に降りてみる。

06

↑急な坂(ほぼガケ) この頃はまだ余裕ぶっこきのカブママ子

マイナスイオンが飛んでるのがわかる。 

ん? わかんねえ? 

 

 

07

↑ 前回(4/10)よりも水量は少ないみたいだけど

  それでも轟々とした瀑音をたてている。

いいねココ  でもね雨上がりは怖いよ

無数の山ビルが落ちてくるからね~(lll゚Д゚)  

そーいえば「大滝」 の看板近くに1台の「KLX」が停まってた。

 

滝の落ち口に1人のオフローダーが休憩してるのが見える

ココで「同業者」を見かけたのは初めて。 

  

出発する。

第一支線を通過し、第二支線の分岐で休憩

08

↑支線分岐  左に行くと「第二支線」  右は「本線」 

   

後方から「快音」が…  1台のオフ車がやってきた

挨拶すると快くとまってくれた。 お互いに自己紹介する。

地元のオフローダー「G-yuu」さん。

09

↑同業者は気軽に話せる。 すごく感じのイイ方です。

 

一緒に第二支線を走る。

「G-yuu」さん 

カブママ子の落としたツーリングバッグを拾っていただいた。

ありがとうございます(._.)

10

↑ 遊び場  写真じゃわからないが この辺は丘陵で

トラ遊びには最適。 しばし3人でオフ車談義(o^-^o) 

ちなみに 

「G-yuu」さんのページ

↑ 遊び場ってこんなところ   だめだよ 良い子は入ってきちゃ

  

その後「G-yuu」さんと別れ 

オラとカブママは林道出口に向かう。

豊月平牧場を右手に 一気に県道63号まで突っ走る。

  

オラはトラ車だから速くないけど それでも60キロは出てる

カブママ子も転ばないよう頑張ってついてくる

きっとメットの中は (。>0<。) だったに違いない。。 ヒデー

  

無事 終点の県道63号との分岐到着

「八王子」ナンバーのオフ車が数台 たむろってた。 

こんな田舎までご苦労なこった`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!!   

折り返す。 また同じ道を戻る。

カブママ子も 少しは慣れたのかだいぶ乗れてきた。

 

転ばず基地に到着

  

14

↑ よく頑張った。  セローは凄いね

足付き トルク 軽さ バランスがいい!

少しのらせてもらったが、林道をマイペースで走るには最高!

初心者からベテランまで人気があるはずだね~  

  

15

↑ TY125 4T   この気まぐれフランス娘 

途中でサイドスタンドのボルトが外れてブラブラしてた。。。

それにチェーンテンショナーのスプリングも外れてた。

   

山の神(女性)がイジワルしたのか。。。 カブママが走ったから?

  

Photo

↑ 上地図の黄色のラインが 今回走ったルート

次は……川俣方面行こうかな~(*^m^)

 

 

|

2012年4月17日 (火曜日)

謎の林道 矢白(三)線

   

(4月15日 Sun 晴れ)  

林道矢白(三)線

栃木県宇都宮市篠井  国道293号線の北に位置する。

聞き慣れない名前だが、yahoo、google等で検索しても何の情報も得られない。

だがその規模は”林道”というよりも”入線”といった方が相応しい。

  

おおまかな場所は 宇都宮射撃場の北側。

射撃場に向かう農道を北にそれる。

道なりにクネクネ走ると林道入口を示す杭がひっそりと立っている。

   

2

 ↑ デポ地設営   画面で見るよりも斜度があるので

  バイクの積み下ろしが大変。。

  

1

 ↑  白い林道標識が建っている

 いや正確には、根元が腐って道の端っこに倒れていたので

 杉に立てかけてみる。

  

それではスタート

  ・空気圧( F: 0.6  R:0.4 )

  ・その他セッティングはデフォ

 

3

↑ 道幅は約3メートル  

 しばらく走ると両端が側溝のように掘れている

 側溝でも埋め込もうとした跡なのか?

 

4

↑ 踏み固められた路面  左は小川

 

5_2

 ↑ (一応)つきあたり。

 ジムニー程度だったら楽にUターン可能

 以前は伐採積み降ろしに使われていた感じ。 

  

バイクを降り周囲を調査してみると 矢印の先に

道らしきものが見えるupwardright

   

迷わず突っ込んでみる

たしかに「道らしい」が 

同業者(組合関係者)以外 道路とは呼ばないだろう。

6

↑堆積した杉葉の下は土でなく、薄く砕石が敷かれていた。

以前は軽トラ程度であれば通行可能だったと思う。

 

トコトコ斜面を登るにつれ枝が張り出してきた

今日のヘルメットはSHOEIのTR-3

シールド無しなので枝が顔にビシバシ当たる(||li`ω゚∞)

目はグラサンで保護できるからいいが

頬っぺたは無防備なので痛い。

あ~やっぱりフルフェイスにしとけばよかった。

   

斜面を登りきり 稜線から下りに入る

なんとなくタイヤに違和感を感じた。

トラブル発生ヾ(.;.;゚Д゚)ノ。。  

7

↑ ちょうど太めの倒木まで押して ストッパー代わりにする

  

ここは下り斜面 

しかも足場がガレており簡易スタンドでの自立は困難

しかたなく 倒木を切って緊急サイドスタンドを作る。

8

↑ さらにエンジン下に突っ込んで車体を安定させる

 のこぎりでギーコギーコ  ちょうどいい太さだ(○゚ε゚○)

  

↑ こんなところで日曜大工するとは思わなかった

 ノコギリ入れといてよかった。。 遭難してたかも 

  

シャフト緩めて…… 以下めんどくさいので書かないけど

パッチ貼って15分放置  再装着   いい汗かいた。

(感想) テックのビードクリーム最強! 

     やっぱり業務用は違うね (何でオマエが持ってんの?)

  

再始動

斜面を等高線にそって走ってみると 伐採地に出た。

木に巻き付けられた作業指示板には

「平成19年 ●●林業組合一斉・・・・・・」と書いてある

約4年前かあ……

9

 ↑ 杉葉の堆積は20センチほど

 羽毛布団みたいで気持ちいい

 ただ時たま 下に隠れた丸太を踏むとコケそうになる。

  

杉林を伐採道に沿って下ると

県道を見下ろせる高台に出る 

11

↑ 休憩  

 広葉樹の森に出た 落ち葉でフカフカ

 周囲には放置された間伐材が積んである

 朽ち果てた作業用ヘルメットも放置されていた

 以前は木材の集積に使われていたようだ。

   

10

↑リュックを下ろしていると バサッ!(;´Д`A ```

足元が掘れてしまい倒れてしまった。。

地面が柔らかいのとバイクが軽いのでダメージ無し!

   

ペットボトルのお茶を飲み休憩する。 

県道沿いにデポ地まで戻る。

12

↑ 泥濘地には弱いが 抜群の悪路走破性だった。

 欲を言えばビードストッパーをあと一つ増設し

 常時0.3でトライしたい。 

   

 今回の「林道矢白(三)線」 

宇都宮の中心部から30分程度で行けるにも関わらず

どの林道(廃道ふくむ)好きのHPにも登場していないことから

よっぽどつまらないか、魅力無いか、行くに値しないか。

 

オラも別の用事でここら辺を訪れたときに

”たまたま”発見しただけである。

 

突き当り広場から先は既に今日の時点で「廃道」なので

近い将来 通行不能になる見込み大

   

林道建設には多大な工費が必要になってくることから「住民の生活道路確保」、「水資源整備」などの大義名分が必要となる、さらに開通後も維持予算が計上され常に改修整備の手が入るため、かえってこの林道のような「ほったらかし状態」にはなりにくい。

  

 ↓ツーマプに登場する林道はたいていこんなマーク

Rimg0601

栃木の一般的な林道標識

 

1_3

 ↑今回の標識   全然違うよね~

   

たぶん 完全なる私道なのかもしれない。

だが、一見してわからないだけで

「道らしいよ」 「道かもしれない」「道だったらいいね」

の類はいっぱい見受けられた。

4月中はまだ葉っぱが少なく藪探検しやすい時期なので

近日中に再アタックを実施する予定である

  

 

|

2012年4月11日 (水曜日)

西荒川林道を完走!

 

 

先週(4月1日)はカブママ子と 釈迦ヶ岳のふもと「豊月平牧場」で

インスタントラーメンを作って食った。 美味しかったo(*^▽^*)o

 

今週はだいぶ暖かくなってきたので 

2月14日 雪で大転倒した西荒川林道を遊び尽くすため

WR250Xモタードに変わるNEWマシーンを投入した。

   

Photo

 ↑ 今回走った3林道 

  【 西荒川林道 】 【 山ノ神林道 】 【ドボチョン林道】

-------------------------------------------------

 

(4月10日 Tue )  晴れ

 

朝8時出発 お馴染みの西荒川ダム(東古屋湖)に向かう。

9時到着 平日朝だというのに湖畔の駐車場は釣り客で満杯

湖面にも釣り船が、そーだなあ 15艘は出てる。

  

そこに現れた一台のキャラバン (借りもの…)

見慣れないバイクを積んでいる。

 

Img_0509

 ↑タイダウンでガッチガチ。 

 じっとデビューを待つフランス娘wink

 

Img_0512

 ↑ ラダーを下ろす。 車重が軽いから積み下ろしがラク

 

Img_0513

 ↑ デビューです。

 SCORPA  TY125 4T (スコルパのトライアル車)

 見た通り 完全なトライアル車  (シートは取り外し可能)

 一応、林道は公道扱いなので ナンバー登録してあるが

 ライトやウィンカー取っちゃえば競技にも使えるよ。

※スプロケは競技用の為 5速でも50㎞/h出ない。

 そのかわり極端なハナシで4速発進も可能。

 

 トラ車投入の目的は ただ林道流すだけじゃなくて…

 トラで遊べる場所に行くためでもある。

  

Img_0515

 ↑ 西荒川林道 突入!

  

WR250Xだとかっ飛ばせるダートも

トラ車だと5速40キロが目いっぱい。。トコトコ走る( ^ω^ )

そのかわりガレた場所では面白いように路面を捕える

(タイヤはビーラバー製 F : 2.75x21    R : 4.00x18 )

Img_0520

 ↑ お気に入りの場所 天気は最高sun! 

  ガケは怖いけど…縁に腰かけてお茶を飲む

 

Img_0521

 ↑ お馴染みの「大滝」

 

 下りてみる

Img_0522

 ↑ 雪解け水の影響で 水量マックスだね~w(゚o゚)w

  

滝音を背中に聞きながらトコトコ走る。 

ここからフラットな道が続く。 基本はスタンディング。

シートは付いてるけど 保安基準用パス用だから

すわり心地は問題外。   ケツが痛い  爆

  

Img_0524

 ↑ やっと分岐点

 前回(2月)は行かなかったけど 今回第一支線(左)に突入

  

Img_0525

 ↑ 緩やかなダートが続く

 

Img_0526

 ↑伐採車が通るせいで踏み固められた道

 

Img_0527

 ↑ 終点(行き止まり)

Img_0528

 ↑ あれっ? たった630mなのね。。

 トラ車だと ゆっくりだから長く感じるわ。。

 

本線に戻る。 川沿いをトコトコ進む

Img_0529

 ↑ そしてまた分岐  第二支線(左)に向かう

  

↓↓ たった2か月前はこんな感じだったよ~ ∑(=゚ω゚=;)

Photo_2

今思えば よくモタードで突っ込んだよなあ…

 

Img_0531

 ↑ こちらもわりかしフラットな路面

 クルマが通らないのか、わだちにも落ち葉が積もっていた。

 なだらかな勾配を登ると行き止まり。

Img_0533

 ↑ 写真じゃ つまんない広場に見えるが ココ(周辺)で

 目いっぱいトラ遊びをする 

     

疲れたので本線に戻る。 ここら辺から勾配がキツくなる。

わざと歩く速さ(時速4キロ程度)で走らせてみる。

Img_0535_3

 ↑そうそう この辺りはかつて………( ̄Д ̄;;

  

Photo_3

↑ 転倒したところだった(u_u。) (写真は2月のもの)

  

さらに本線を進むと 

Img_0536

 分岐点  本線は右だが ←左折してみる

Img_0537

 ↑河原に出た。 冷たい水で顔を洗う(o^-^o)

 

また本線に戻り先を急ぐ 

Img_0538

↑また分岐点

本線(左)を進む (山ノ神林道は この後…)

 

Img_0539

↑北斜面はまだ雪が残ってるねえ。

ダート、ガレ場では抜群のグリップを誇っていたトラタイヤ

雪だとほとんど効かない。 特に横方向。

  

トラタイヤのグリップの全てである

低内圧でのエンベローピングパワー(路面の凸凹を包み込む現象)

が発揮できないためである。

   

トコトコ走ると目の前が開け 「豊月平牧場」の脇を通る

Img_0540

 ↑ いいね~ 風がキモチいい(*^-^)

 

Img_0542

 ↑ さらに進むと ついに終点 県道63号とのT字路

 

Img_0545

 ↑ 豊月平牧場で一休み。  

 ココ つい1週間前にカブママと「野外ラーメン」やったところだよ

   

再び西荒川林道に突入

さっきパスした「山ノ神林道」を調査するため

Img_0538_2

 ↑ 事前のネット情報によると起伏に富んだコースらしい

 特にトラ車で「遊べるポイント多し」ということで楽しみ(o^-^o)

 

Img_0547

 ↑ 埋もれた標識  ここから一気に上りとなる

  

Img_0549

 ↑ 期待通りのガレかた しばらく通りが無かった感じ

  

Img_0550

↑ しばらく走ると「通行禁止」の標識

たしかに今まで落石がハンパなかったので

念のため歩いて調査しに行く……すると

  

カーブの向こうは…

Img_0551_2

↑ 見事な崩落  キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

 でもこれじゃヤバいよ\(;゚∇゚)/

 行く奴もいるかもしれないが 今回は1人だしやめとく。。

  

仕方なく引き返す。

今度はさっき通り過ぎた支線を調査

Img_0552

 

坂上から見下ろす。。 

下り坂っていうより 「地すべり」のあとって感じ。

 (石ころ蹴飛ばすと 止まらないまま転がっていく)

Img_0553

トラ車の性能と オラの腕を信じて下ってみる

 

Img_0554

 ↑ 谷側にえぐれた路面に気をつけながら下る

 

Img_0555

↑ 行き止まりは 見事な風景だったヽ(´▽`)/

伐採跡地だったが しばらく使われてない様子。

 

緊張の連続だったので ペットボトル飲み休憩

 

 ↑高原山系の南側が一望できる

 

 

しかし、強力だな~トラタイヤ 食うよ!

 

こんな山の中で空気圧を調整してみる。

下りは前後0.9Kだったが なにせあの坂登るので

F 0.5   R 0.3にセット。

Img_0557

 ↑ 車重の軽さ(80㎏)と強力な低速トルク

 (オラは重いけど……) マシンはまったく不満はないよ。

ただ……一つだけ不満といえば

タンク容量が2.7Lだってこと

もとが競技車だから 1リットルはいれば十分なんだけど

こーしてツートラ(ツーリングトライアル)やる場合は

多い方がいいに決まってる。

だから背中のリュックには 工具とガソリンボトル背負ったよ。

  

その後一気にスタート地点の東古屋まで戻る。

ブーツを脱いで一服smoking 美味い!

Img_0562

↑ しばらくボーとしてた。。疲れた 46のオヤジには( ̄◆ ̄;)

 

湖畔の食堂へ  空いてたよ 昼時なのに客はオラ独り

Img_0560

 ↑ こないだカブママと来たときはやってなかったんだよね。

 

Img_0559

 ↑ ラーメン(500円) 味はフツー  

 でも腹減ってたので 汁まで飲んだ

  

午後は 気になっていた林道調査

Img_0566

 ↑オラが勝手に命名した「ドボチョン林道」 

  その名の通り泥だらけなんだよね(;´д`)

Photo_5

 ↑3か月前はこーだった。。

  

キレイな川

Img_0567

 ↑ 水の流れる音が心地よい

 

Img_0571

 ↑ 雪解けで現れた川 ここら辺より 

 だんだん「凶暴さ」を増してくる

 

  

Img_0572

↑ だんだん道とはいえなくなってくる

 

Img_0574

↑ 急斜面を登りきると 落ちたら死にそうな道

こんな道が延々続く

 

そしてだんだん 走行不可能に……

Img_0575

 ↑ いわゆる V字のガレ

 写真じゃ伝わりづらいが 最大斜度は20度超えてるな。

こーなると いったん止めると再スタートが難しい

1速(超超スーパーロー)で足漕ぎしながら 一歩一歩進む(笑)

   

   

この長い坂   疲れたよ。。。 はあ   

 

この先………  事情によってお見せできません

あとで記事かきます。

  

SCORPA TY125 4T  期待通りすごいマシンだった。

最初は 125ccの4ストだからナメていたが

やっぱり正真正銘のトライアル車だった。

      

目的地まで自走できないから トランポが必要となってくるので

さすがに毎週は乗れないけど 

野山を探検する相棒ができてよかった;:゙;`(゚∀゚)`;:゙

  

|