アウトドアクッキング

2014年6月30日 (月曜日)

戦闘飯盒2型でラーメン作ってみた

      

先日ポチった戦闘飯盒2型

さっそくご飯炊いてみたところ、さすが「飯盒」と呼ばれるだけのことはある。

(2014年6月28日の記事)  

戦闘飯盒2型でご飯炊いた

2合炊きが限度とはいえ、ふっくら、ツヤツヤの美味しいご飯が炊けた。

熱源は トランギアアルコールバーナー。

それに五徳と風防を組み合わせてある。

でも家でやれば誰でもちゃんと炊けるんだよね

なんせ風吹かないから炎が安定してるからね。

なら野外でやってみて

ホントの性能を確かめようじゃないか!ということで、いつもの河原にやってきた。

---------●----------●---------●------------●---

・日 時  2014年6月29日(日) 

・天 気  梅雨時期 つかの間の晴れ間

・場 所  いつもの河原 水量多め

1h1008  

↑なんかこうして見ると、フツーの飯盒に見えてしまう。

外観の違いは背の低さと、つる(取っ手)の長さだけ

2h2img_3666

↑中身は

・トランギアのアルコールバーナー(25)

・燃料ボトル(125ml)

・自作風防

・トランギア専用五徳 

3himg_3668

↑強風の中 約6分で沸騰した

さっそく乾麺を割って入れる

ちなみに今回は「中華三昧 醤油味」

ちょっと奮発した(と言っても40円差)

4himg_3667

↑よし!! 豚の角煮をのせて出来上がり~

なんの問題もなく調理できた。 

では動画をご覧ください

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

つーことで

じゅうぶん実用に耐えることが証明できた。

ちょっとね~ 今後考えてることがあるんだけど

スウェーデン軍飯盒みたいな専用システム

どこかにステンレスの鉄板落ちてないかな……

| | コメント (0)

2014年6月24日 (火曜日)

野宿動画 10,000ヒットありがとー!

  

つーわけで、明日はコロンビア戦。

あとが無いね

ここで勝点3取らないと(つーか勝っても他のチーム次第だけど)終わりになっちゃうので、頑張ってほしーね。。

明日朝(5:00)ゲーム開始

さあ とっとと寝よ(爆)

---------------------------------------------

      

つーか、本題はコッチ   

    

実は去年の11月から始めた

YouTubeの

KABUPAPA VIDEOs

 (カブパパビデオ)

バイクツーリング、登山、トレッキング、キャンプ、野宿をネタにした動画を現在までに40本ほどアップした。

おかげさまで昨日の時点で番組登録者数も300人を超えた

(iPhoneの画面より)

300

とにかくありがとーございますm(_ _)m

  

つーか

最初のひと月は登録者数が30人くらいで、       

正直 「栃木なまり炸裂のつまんないビデオなんて、視ないんだろな~」と思ってたりしたが、キャンプ/野宿ビデオをアップした頃から登録者数が一気に増加し始めた。

わかんないもんだな。

ひとの好みなんて(´~`)。

 

      

そんなかで今年1月、寒風吹きすさむなか決行した野宿だが

4本撮ったうちの1本目が

10,000ヒットを達成することができた。

     

(iPhoneの画面より)

10000

(lll゚Д゚)ヮヮヮ 正直驚いてます

まことにありがとーございますm(_ _)m

    

 

ただ

テント立てて、飲んで、食って、薪割って、火燃やしただけなんだけどね……(笑) 

    

ちなみに

YouTubeには アウトドア関連で 登録4,000人とか 再生回数10万回とかザラにいるが、視ててたしかに面白い。

オラの野宿ビデオは いいとこ1000回視てくれればラッキー くらいに思ってた。

   

オラは喋りは下手だし、言葉も乱暴だし、なによりも品が無い。。。。

まあ オラは所詮オラだし、

オラのスタイルしか出来ないから、今後もオラ的に頑張ろうと思っている。

   

とにかく ありがとうございます´ω`)ノドモ

はげみになります。

またよろしくお願いします。

 

 

| | コメント (4)

2014年5月27日 (火曜日)

ファイアーボックス火入れ式でラーメン作ってみた

 

先日買ったファイアーボックス

5月23日「ファイアボックスをポチった

 

いても立ってもいられず さっそく河原で火入れ式をおこなった

Img_35452

----------------------------------------------

2014年5月25日

・天 気 曇り

・場 所 鬼怒川のいつものところ

↑まーねー とにかくよく燃えるわ

正直 高かったがいっぺんで元とれた気がするくらいよく燃えてくれたわ。

 

よかった点

① 着火が確実

② 見た目より煙突効果がある

③ 鍋サイズにかかわらず載せられる

 

 

よくない点

① 重い

② 高い(価格)

③  洗いにくい

 

でもまあ 完全合格だ

オススメです。

 

 

| | コメント (4)

3月23日 MSRストアウェイポット燃焼実験

こんんちは 全国2000万人 3人くらいのMSRファンの皆様  

 

先日作ったMSRアルパインストアウェイポットにすっぽり収納できる「専用ストーブ」だが

さっそく河原で実験してみた。

MSRストアウェイポット専用ストーブを作った(6号機)

 

 

Msr

↑実験の様子

 

結果は上々! 

問題点、課題も残ったが次号機作成の糧としよう

では動画をご覧ください

 

 

これ 製品にして売り出したいくらいの出来!

 

 

 

| | コメント (0)

2014年4月17日 (木曜日)

2014年4月11日 残雪の奥日光トレッキング

 

ども~~ ご無沙汰です~(*゚▽゚)ノ

流浪のブログ 八ヶ岳移住計画です

 

年度末のこの時期

正直 忙しくてブログも書けなかった。。

さすがのオラも精神的にいろいろ参っていた。。

でも…体力的には問題なかったので……… よく遊んでいたよ(爆)

 

 

そーいえば 1月2日に実施した

「雪の小田代ヶ原トレッキング」以来 しばらく日光を歩いてなかったので、ちょっくらトレッキングしてきた。

今回は相棒のカブママの調子悪く、残念ながらオラ独り。

別に寂しくなかったが(ノ_≦。)、なんとなくつまんなかったのも事実。

 

日光は

思ったより残雪が多く風も冷たかったが、天気も上々で気持ち良くトレッキングすることができた。

---------------------------------------------

1.期 日  2014年4月11日(金)

2.天 気  最高! でも最高気温7℃

3.行 程  竜頭の滝出発(10:00)

        千手ヶ浜 (11:45)

         ~~昼飯~~~

        小田代ヶ原(1:30)

        ~~休憩~~

        石楠花橋 (14:10)

        竜頭の滝着(14:40)

4.参加者  カブパパ(今年49歳)

5.特記事項 ストック忘れ。。。

----------------------------------------

それでは 先にビデオ作ったので観てください。。

 

詳しくは ↓↓↓ ブログの記事にて!

----------------------------------------

 

前回(晩秋の奥日光トレッキング2013)と同じルートで

中禅寺湖畔を歩き 千手ヶ浜を目指す

小田代経由で戻ってくる一周約15キロのコース

20144   

↑ 前回(2013年11月4日)と同じコース

 

 

 

竜頭の滝 無料駐車場を出発する。

 

L002

↑ ドイターの30リットルとストームクルーザー

 ストック忘れ。。。。

 

竜頭の滝前から別荘地に降り 湖畔周遊路へ向かう。

ここら辺はまだ雪が深い

 

L011

↑スタート直後の斜面 いきなりこんな感じ。。。

日陰(西北斜面)ではまだまだ残雪が多い。

葉が落ち、新緑を待つばかりの木々の間を 足もとに注意しながら一歩一歩進む。

 

ガレ場はほとんど凍結しているので慎重に降りる。

念のため軽アイゼンを持ってきてよかった。 

途中、熊窪で巨大なトチの木に挨拶し、その先の浜辺に立ち寄りながら 独り言ブツブツ言いながら歩いてゆく。

 

そして~~

L024

↑11:45 千手ヶ浜到着 写真のとおり最高の天気

幼少の頃から この浜から男体山を望む景色が大好きだ。

6月頃から秋まで この桟橋に定期船がくる。

特にクリン草の季節には多くのカメラマンが上陸する。  

 

L031

↑ 今日の行動食 梅しば+チョコボール

この組み合わせは 小学生のころからおやつの定番

ポケットに忍ばせてボリボリ食うと、不思議と疲れずに歩ける。

 

湖面をボーと眺めながら一服するsmoking

12:00 無人の千手ヶ浜 東屋にて昼飯にする

L034

↑ お昼は 温めるご飯とキムチスープ

クッカーでキムチおじやをつくる

 

20140411primus  

↑プリムスP-153  ライテックのクッカー

かなりの強風にも関わらず問題なく調理できた。オラの登山&トレッキングにはこれ一択

気温6℃の中でも250mlの水を2分30秒で沸騰させる。

 

でけた~~~o(*^▽^*)o 

L038

↑ 欲張って水を入れすぎ薄味になってしまった。。

でも腹が減って死にそうだったから一気に流し込んだ。

 

うめー    ゲップ

 

 

腹もふくれ 足のマッサージも済んだので出発!

ここからは長い歩き クマ サル シカの生息域を抜けて小田代ヶ原に向かう

L041

↑ 小田代ヶ原に向かう途中に白樺の林にて。

( 西湖分岐点を過ぎ からさわ橋付近)

オラが日光散策で一番美しいと思う場所。

 

普段はシカやサルの声しか聞こえない。

腰を下ろして休憩してるとシカの親子がひょっこり顔出した。 

オラの姿をみて

「あれ。。まだいやがる…( ゚д゚)、ペッ」 てな表情をして森に戻った。

 

木が軋む音が聞こえ 顔を向けると枝上からサルがこっちを見ている。

きっと 「あっ オッサンやん」 「ひとりでバカじゃね」とか言ってるに違いない。。

 

ここでは 人間は単なる闖入者にすぎない。

 

弓張峠を下ると 小田代ヶ原に出た

20140411  

↑ 写真じゃわかりづらいが、中央に「貴婦人」と呼ばれる白樺がたっている。

湿原の背景は 右から男体山(右の半分切れてる山)・女峰山・太郎山

いかにも高層湿原らしい写真。 

いつみても素晴らしい風景。

 

下界のクソみたいな人間関係を忘れることができる場所だ。

 

ここでコーヒーを飲む。

出発してまもなく 

幕張峠付近で 国立公園の管理車両とすれ違う。

そーいえば竜頭の滝を出発して4時間

はじめてホモサピエンスとすれ違ったなあ。 運転してたのは無愛想なオッサンだったが、それでもなんとなく嬉しさを感じたのは……そう「独行」故の寂しさがそうさせたのか。。

 

 

石楠花橋をすぎて      

L053

↑ 小田代ヶ原を過ぎ出発地点の竜頭の滝方面へ向かう。

この湯川沿いの散策路はずっと雪に覆われていた。

 

14:40 無事出発地に戻る。 

 

平日だったこともあり だーれもいない快適なトレッキングとなった。

まだ新緑前にも関わらず こんなに自然を満喫できたのは久しぶりだった。

 

 

 

| | コメント (0)

2014年3月12日 (水曜日)

小太郎ヶ淵 雪中トレッキング

 

 

先週に引き続き天気は上々!sun

絶好のアウトドア日和となったので、カブママさんとスノートレッキングを楽しんできた。

 

Img_3316_2

↑ 玉生から高原山を望む

山の向こう側(北側)がこれから行く塩原渓谷。

 

いつものように県民の森経由で塩原に向かったが、連絡道路が積雪のため通行禁止だった。しかたないので遠回りして県道30号経由 国道400号を通り塩湧橋を渡り塩原到着。

 

スノートレッキングは1月2日以来2ヶ月ぶり。

前回の小田代ヶ原スノートレッキングの時は、アップダウンは少なかったもののほとんど吹雪の中を歩いていたので景色を楽しむことができなかったが、今日は晴天の塩原ということで山あり谷あり川ありと起伏に富んだコースを満喫することができた。

ちなみに前回のスノトレ  

1/2 小田代ヶ原スノートレッキング

 

今回は前山コース歩いたので「残雪トレッキング」となりかなり足もとが汚れたが、数日前に買ったスパッツが大活躍してくれた。

じつに楽しいスノートレッキングだった(*^-^) 

------------------------------------------------

・期 日  2014年3月9日晴れsun 気温‐3℃

・ルート   ビジターセンターから小太郎ヶ淵まで

・山行時間 165分(2時間45分) 

     (往路80分 休憩40分 復路45分)

・参加者  オラとカブママ 

・特記事項 鹿の足跡多数 熊もあった

・反省点  体重増により足取り重し    

 

Img_3319

↑9:40 ビジターセンター前を出発

  オラは上から下までモンベル

  カブママは もっとお高いブランド

カブ家のスノトレ仕様です。

 

Img_3321 

↑ スタート直後の急坂 ちゃんと準備運動して出発しないと、いきなりこの坂で足つる可能性あり。。(オラだけか…)

急遽 軽アイゼン

このあと塩原渓谷を右手にみながら等高線に沿って林間ハイク。

 

沢音が近くに聞こえはじめる。

 

Img_3329_2

↑10:10 仙人岩吊り橋(30m)

吊り橋右手奥の大岩が仙人岩と呼ばれている。

塩原の伝承によれば 空を飛んでいた仙人が温泉を見つけこの岩をねぐらとしたことから名づけられた。

ここで小休止。 お茶と梅干が美味しい

 

その後「動物の足跡」だらけの鹿股川(かのまたがわ)沿いを歩く。

途中で倒木による<通行止>の標識があったが、ビジターセンターの受付の方の話によると「気を付ければ行ける」とのことだったので、なんとか頑張って踏破した。

 

その後急斜面(階段)を登りきると車道に出る。 

10:30 記念碑到着 (大正?年建立)

 

県道に出てしばらく歩き「小太郎ヶ淵」の看板を右折。

無雪のアスファルト路をトボトボあるく。

 

看板案内に沿って歩くと(10分)小太郎ヶ淵に降りる急坂がある。

この坂 急なうえにガチガチに凍ってるから慎重に降りてゆく。

 

11:00 目的の 小太郎ヶ淵に到着した 

Img_3346

↑これが有名な「小太郎茶屋」 

崖に張り付くように立っているこの茶屋の名物は草だんご。

冬季は休業しているが、新緑・紅葉の時期をピークとして多数の観光客が訪れ、お茶と団子を楽しんでいく。

 

(資料画像) 新緑の小太郎ヶ淵

Natu_kotarouhuti

↑ スゲーところに建ってるね。。  

 

 

だれもいない小太郎ヶ淵でご飯を食べる。

Img_3349

↑気温は-4℃

入れたてのコーヒーが美味い!

※今日は雪山なので山行セットを持参。

ストーブはプリムスP-153 と250Tガス クッカーはライテック ケトル&パン

氷点下で湯を沸かすには最適なセット

 

 

秘境の景色を楽しんでいると 腹が減ってきたので湯を沸かしカップ麺を食べる。  

Img_3362

↑ いいね~ 清流とカップヌードル

オニギリが半分凍っていて硬かった(;´Д`A ```

でも それも美味しかった。

 

食後もしばらく景色を楽しむ。  

 

Img_3363   

↑ 11:40 出発する

カブママと「こんどは新緑の時期に来たいね~」なんて言いながら帰る。

帰路は渓谷を通らず車道沿いを歩く。

 

12:25 無事 塩原ビジターセンターまで帰還した。

 

今日は出発時間が遅かったこともあって、小太郎が淵までの往復コースだったが、次回はもっと足を延ばして大沼・ヨシ沼までの自然研究路を踏破したいと思った。

2013年10月14日 大沼・ヨシ沼トレッキング

 

 

塩原はメジャーではないが、行ったら必ず楽しませてくれる何かがあるようだ。

 

 

ではでは 

いつものよーに動画にしてみました

ヒマな時にでもご覧くださいm(_ _)m

)

 

 

でわでわ~~

 

 

 

 

| | コメント (3)

2014年3月11日 (火曜日)

焚火で雑炊

 

3月のあたま 風が強い日 天気は上々sun

 

前日まで悪天候だったが よく晴れた

 

空気は乾燥しており絶好の焚火日和

 

というわけで いつもの河原にやってきた

Img_3310_2

↑だだっ広い河原にオラひとり

風はヒンヤリとしているが、日差しは暑い

 

 

今日はアルコールストーブもガスストーブも持たず、焚火だけで昼メシをつくる。 

 

着火はライトマイファイアーのファイアースチール(長え…)

火口(ほくち)はワセリン浸の脱脂綿と杉皮

 

 

ちなみに 今回はこんな感じで用意した

Limg_3372

 

あとは

河原に腐るほど落ちてるススキの穂で火種を大きくしてゆく

 

結果的においしい雑炊にありつくことができた(≧∇≦)

 

誤算だったのが 近くの山で拾ってきた薪がけっこう湿っており不完全燃焼の煙がすごかったこと。。

しかも煙の野郎 決まってオラのいる方向に向かってくる。

 

そんで

帰宅してから カブママに

「服がクセーよ!」と怒られた(ノд・。)

 

-------------------------------------------

では調理の様子です

Img_3308 

↑充分熾火が出来たのでクッカーを突っ込み湯を沸かす

いつも使ってる焚火缶が修理中なのでトレック1400の新品を使ってみた。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

クッカー所見 トレック1400

使い勝手はさすがスノピ製品。

でも煙(焚火)に弱い。。 蓋の形状が焚火向きではないということ

蓋の取っ手の収納が気に入らないが

まあスノーピーク自体がファミキャン向けのメーカーだからこんなもんだろ。。。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

Img_3311

沸騰した湯500ccにパックご飯2袋投入し、カニ雑炊の素を混ぜる

2~3分煮込み完成。

テキトーに作った割には劇ウマだった

 

これも 焚火のなせる業

 

 

それではいつものよーに 動画にしました

よかったらみてください

 

 

<火熾し編>

 

 

続いて

<雑炊編>

 

 

やっぱり焚火はいいよね~

 

クセーけど。。

 

いつもガスやガソリンストーブ使ってると こんな楽しいことを忘れてしまう。

時間があってのんびりやりたいときは 焚火だね

 

 

 

 

 

| | コメント (2)

2014年2月12日 (水曜日)

ホボーストーブを作った(5号機)

 

 

まいど~ 

流浪のブログ「八ヶ岳移住計画」です

またまた作ってしまった

今度は ホボーストーブ(Hobo Stove)

直訳すると「流浪者のストーブ」なんだって。。 

ホー

まあ簡単に言えば

空き缶に空気穴開けただけのストーブってことなんだが… オラ的にはすごく魅かれるところがあった。

なんかいいじゃん 「流浪者」って

オラのブログも流浪してるし(爆)

シンプル故に力強い炎が期待できそうだ!

-------------------------------------------------

・期 日   2014年2月11日(晴れ)

・場 所   カブパパ邸 作業場

・費 用   実質290円(ニトリ)

・特記事項 手のケガ注意

-------------------------------------------------

001cblog

↑いつもの道具

金切ハサミとヤスリしか使わなかった

 

(途中省略 手抜き…)   

    

002c_blog

↑んで こんな感じで完成した`

オールステンレスの鈍く輝くボディ。オラの自作シリーズではもっともキレイに出来た気がする。時間をかけて丁寧にバリも取ったので既製品みたい

   

通算5号機となるホボーストーブのポイントを上げてみる

①工作自体は 薄いステンレス板を切ってバリとるだけなので簡単だった。

②手持ちのソロクッカーに収納できるかがポイントだった

ちなみに↓↓ こいつら

・スノーピーク トレック1400

・プリムス ライテック ケトル&パン

・エスビット 985クックセット

 (結果的に全部OKだった)  

③燃焼の予測

火入れ前なので「なんとも言えない…」が、経験的に穴の数を増やしたほうがいいような気がする。特に上のほう

 

 

それでは

メイキングはYouTubeみてね~~

燃焼実験はいつものように外に出かけて料理するので、ちょっとまっててね~!

  

 

| | コメント (0)

2014年1月30日 (木曜日)

2014年1月 野宿してきた

 

 

久しぶりの野宿だったな…(遠い目)

 

楽しかった

病み上がりだったがやってよかったわ

 

つーことでクソ寒いなか、カブママの目を盗み カブママに許可をもらい野宿をしてきたo(*^▽^*)o

 

今でこそ 家族がいるからトイレや水場の利便を考慮して「ふつーのキャンプ場」を利用しているが、独りモンの時は ほとんど野宿だった。  

最大の理由は

「金がなかった」のも あるが……(ホンネ)  

 

やっぱり 整った環境でするキャンプは苦手だなあ 

「電源付きサイト」?  `;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!!

キャンプと名のつくことやってて電気毛布つかうのか?  

 

※ いえね 別にいいんですよ。

 

キャンプ道具の披露会のようなサイトも 分譲住宅地のようなオートキャンプも それはそれで・・・ 個人の好みですからね

 

自然のなかでも人と群れたいんだね~     

 

 

個人の好みでいえば

澄み切った空とキレイな空気があれば トイレも水場も必要ない

そんな場所で独りになると 不便が楽しくなってくる

ボーイスカウトで森に学んだ経験が生きてくる

 

特に冬やる野宿は最高!

油断してると自然が牙むくからね こっちもマジにならざるを得ない

そんなとき装備を見直す。本当に必要な道具はなんなのか。

 

(余談だが いまだかつて新聞紙を超えるアウトドア道具をみたことがない)

 

まあ 能書きはこれくらいにして

 

(野宿の1シーン)

 

焚火が終わって漆黒の闇に戻った

ふと気づくと21時        

テントのなかで野宿の大先輩の本を読んだ  

Bp

↑ボーイスカウト創始者 ベーデン・パウエル卿著

Sf

「スカウティング フォア ボーイズ」

 

Terasan11212

もうひとり 野宿のカリスマ寺崎勉さんの「ナチュラルツーリング」

 

キャンドルランタンの仄かな灯りの下で 、マグカップの芋焼酎をペロペロなめながら、オラのアウトドアライフに大きな影響を与えてくれたお二人の本を読んだ。まもなく眠くなった。

-------------------------------------------------

・期 日  2014年1月25~26日

・場 所  そんなの言えっかよ!

・参加者  オラ

・移動手段 トランポ

・備考   忘れ物多数

-------------------------------------------------

サイトの様子

Nojuimg_3120

↑ テントのキャノピーを立てタープ代わりにした  

 

Nojuimg_3124

 ↑ 焚火で沸かしたお湯で一杯

 炎はずっと見ていても飽きない

 

 

それでは 例によって例のごとく

YouTubeにアップしたので よかったら視てね~

 

野宿してみた(4-1) 昼メシ&薪割り編

 

 

野宿してみた(4-2) 晩酌編

 

 

野宿してみた(4-3) 焚火編

 

 

野宿してみた(4-4) 凍りついた朝編

つーことで!

 

つぎはどこでやろーかな~~

 

 

 

| | コメント (6)

2014年1月27日 (月曜日)

野宿速報

 

 

 

え~ 昨日の午前中

 

無事 野宿より帰還した 

(**´ >ω<)゙;`;:゙; ヘックション,

  

病み上がりだったんだけどね 

  

Nojuimg_3120

    

ウッドガスストーブの検証もしてきた

    

YouTubeの編集してる

こうご期待

    

 

   

| | コメント (2)