林道ツーリング

2014年1月17日 (金曜日)

KSR110で峠を攻めるビデオ

 

 

去年の暮れあたりから、以前撮り溜めたビデオをYouTubeにアップしている。

ネタはキャンプツーリングや林道アタックの動画が多い。

それでも予備のSDカードを整理してみると、年甲斐もなく峠をマジ走りしたものもいくつかあった。

 

そのなかで昨年の夏、Kawasakiのミニモト KSR110で、滝ヶ原峠 ― 日光清滝 ― 足尾 ― 粕尾峠 ― 古峰ヶ原と走った動画を編集してみた。(1/17 YouTubeアップ済)

 

-----------------------------------------

「2013年9月26日 KSR110で峠を攻めた」

タイトルはカッコよく「攻める」なんて書いたけど

正直言って「攻め」てないね、気持ちよく流してるだけ

 ※26分あります 長いッス 眠くなります(笑)

 

(あとがき)

あのね~動画編集してて思ったんだけど

 

ゆるく走ってるわりには

「 オサーン死ぬなよ~∑(=゚ω゚=;)! 」

「 ああヾ(.;.;゚Д゚)ノ 危ね~! 」

「 マジかよ おめ (;-ω-)ノ 」

なんて場面が多かった。

 

今さらながらよく事故んなかったと思ってる。。

これも「カメ カメ カメ」と唱えたおかげなのか…

残念ながら 

ガードレールへのライダーキックは出来なかった(笑)

それでも

「バリ伝」世代の48歳オヤジにしちゃ まあまあかなっと。

 

(写真)

10202

↑おなじみ 滝ヶ原峠にて smoking

 

10232  

↑足尾でお昼 ばくだんオニギリが美味かった

 

10252  

↑粕尾峠にてsmoking

 

10272

↑前日光牧場にてsmoking

 

 

でわでわ( ^ω^ )/

 

| | コメント (0)

2013年12月19日 (木曜日)

鬼怒川ツーリングトライアル

 

 

最近TouTubeに動画アップするのがマイブームとなってるオラです。。

先日の「東古屋キャンプ」の編集も終わっていません。。

けっこう長いもんで苦労してます

 

 

 

つなぎに過去に撮り溜めた動画をアップしようと思う。

 

以前からバイクで出かけては車載動画を撮ってたんだけど、あくまでも記録用としてDVDに保管して終わりというパターンだったのだが、もったいないのでこれから順次ブログで記事にしようと思う。

 

--------------------------------------------------

2013年8月18日に実施した

鬼怒川ツーリングトライアルの動画。

 

宇都宮の気温が33℃を超えるクソ暑い夏の日だったが、さすがに鬼怒川には涼しい風が吹いていた。 ご存じのとおり上河内の鬼怒川河川敷はジャングル状態。林道と連絡道が無数に入り組み迷宮状態なのだ。

トトロの森、もののけ姫の舞台になりそーなトコロ

旧日本兵が発見されてもおかしくない場所である

 

 

そんなヤバい地帯をオラのおもちゃ

トライアルバイク「スコルパTY125 4T」で探検してきた。

----------------------------------------------------

 

Photo

↑ トランポから降車、出発準備を整える

 

タイヤ空気圧は 前0.5 後0.4 の不整地最大公約数仕様。

ガソリンはハイオク:レギの50/50 予備含め5ℓ

全身プロテクターで完全武装

川口浩探検隊並みの本気仕様でツートラした

 

では動画でもご覧ください

 

まずは

 

トランポから河原をくだり「秘密練習場」で遊ぶオラを撮った前編である。

<鬼怒川ツーリングトライアル 前編>

 

 

そして後編は「偶然」にも県道62号線喪失区間(未成部分)の入り口に辿り着いたところから始まる後編である。

 

<鬼怒川ツーリングトライアル 後編>

 

まあ… 無事で帰れたからこうしてブログ書いてるわけだが、47歳のオヤジにはさすがにこのツートラはきつ過ぎたようだ。

怪我しないうちに卒業しないと。。。。。

 

 

| | コメント (2)

2013年12月12日 (木曜日)

YouTubeにアップした動画のご紹介

 

 

まぁだいたいね

オラの記事って画像と語りが中心だけど

実をいうと出かけるたびに結構な数の動画を録っている。今までは記録用としてDVDに保存して終わりだったけど、試しにYouTubeにアップしたら結構面白かったので(完全な自己マンだけど)ブログで紹介しようと思う。

 

 

2013年9月7~8日にかけて実施した

キャンプツーリングin那須高原2013 台風上等!

動画をYouTubeにアップした。

いやーこのキャンプツーリングは、悪天候を承知で出かけたが結局すっと雨に降られていた。詳しくはブログみてください。。

↑ ハヤブサとセロー ちくはぐな組み合わせだが

なんかさ~オラとカブママの性格の違いがよく表れてる。。

続いて

 

河原小屋三の宿林道ラーツー (2回目)の動画

オラの流暢な栃木弁?でくだらないこと語りながら、チャーシュー麺と親子丼をつくるという前代未聞の問題作だ。。。(なぜか自虐モード)

 

 

 

 

オラ達夫婦はバイクもキャンプも大好きだから、結局こういうカタチになっちゃうんだよね~

 

まあ暇つぶしに観ておくんなまし。。。

 

 

| | コメント (2)

2013年12月 2日 (月曜日)

河原小屋三の宿林道ラーツー (2回目)

またまた というか やっぱり というか

未走破林道の探索もかねてラーツーを決行してきた

  

場所は 11月20日の記事

河原小屋三の宿林道ラーツー

でも紹介した林道からちょっとそれた某地

だいぶ前から気になっていた場所だが、林道から近いことと渓地のため野宿したことは無かったが、広く平坦なためココでメシを作ることにした。 

今回は クッキング(と呼べるかどうかは解釈しだい)の様子を動画に収めた。

オラの貴重な肉声も入ってる… (・_・)エッ....?

 

バリバリの栃木訛りでお聞き苦しいところもあると思うが…………(;´▽`A``

暇だったら観ておくんなまし

-----------------------------------------------

2013年11月29日(金) 

天気:晴れ  気温:15℃(宇都宮)

出発:10時10分 帰宅15時30分

バイク:KSR110

※今回は「ビデオ撮影」するのでPanaのHS-300を携行した

------------------------------------------------

それでは 最初にビデオで観せちゃいます(笑)

手抜き。。。

しかしよー ホントにオラ 訛ってるなぁ。。。

2013年11月29日河原小屋三の宿林道ラーツー(その1)

↑親子丼の具とご飯が茹で上がったところまで

  

2013年11月29日河原小屋三の宿林道ラーツー(その2)

↑ご飯食べ終わってクッカーを拭いてるところまで

  

2013年11月29日河原小屋三の宿林道ラーツー(その3)

↑コーヒー飲んで、それから林道終点まで

 

ちなみにお昼は

001_2 

↑ こーいうの作った。

チャーシューメンと親子丼(レトルトだけど)

あのね 美味かったよ 最高!(≧∇≦) 詳しくは動画みてね

 

003

↑食後のコーヒー

この一杯が美味いんだよなぁ。。。

  

メシ食ったあとは近くにある未走破の林道調査

004

↑蕗平林道入り口  

河原小屋三の宿林道にはいくつかの支線がある。そのほとんどは実際に林業関連で使われているのでむやみに入ってはいけない。。

オラは"たまたま"←ココ重要 迷い込んだことにしよー

案内板には3.8㎞と書いてある。どーやらピストン林道のようだ。

006

↑ちょうど中間あたり。

路面にはしっかりタイヤの踏跡がついており杉葉も粉砕されているので、頻繁に林業関係者が出入りしていると思われる。

路面は全体的にフラットでガレも無いのでKSRの純正タイヤでも問題なく走れる。

 

007

↑林道終点

この写真の右手が渓谷になっており川音が聞こえてくる。

先に見える林業関係のクルマには誰も乗っていなかったので、山で作業していると思われる。

 

それでは本線(河原小屋三の宿林道)に戻って日光方面を目指す。

大滝を超えて少し走ると左手に橋(大滝橋)が現れる。

日光沢と大芦川の合流地点だ。

008

↑大滝橋を渡ってみる。 初

  

100mほどで建物発見

010

↑ 大芦渓谷ヒュッテだって。。。

つーか 誰もいねーよ 扉開けっ放しだし(笑)

無人の小屋を覗くと 土間と小上がりの40㎡ほどの広さ。

落ち葉が入り込んでいるからしばらく使われてないらしい。

高山で見かける「避難小屋」のような感じかな。

 

河原に降りてみると先人の焚火のあとがあった。 野宿ポイントとして悪くない。

調査も済んだので本線に戻る。

 

途中で「オラのメシ場」に立ち寄りビデオ撮影

11月20日には まだ華やかに色付いていた山肌もすっかり葉も落ちて、冬山の様相に変化していた。

Photo

↑メシ場  雲がキレーだった。相変わらず風が強い。

一服して林道終点を目指す。

 

約10分後 終点到着

Photo_2

↑オラのブログではおなじみの場所

滝ヶ原峠

小来川―清滝―草久の三叉路である。 

日光―宇都宮間の渋滞時の抜け道として通るクルマも多い。

013_2 

↑終点の看板 

実は普段はあまり注意して見ないのだが、今日はじっくり観てみる。

なるほどー!! こーなってんのね。。たしかにこの辺りは林道の宝庫だ(変な表現だな)

 

014

↑この7線が「前日光林道」を構成する基幹林道。

河原小屋三の宿林道もその一部にすぎない。

 

今回は初の”ビデオ撮影付”ラーツーとなったわけだが、けっこう面白かった(*^-^)

道具の紹介って結構難しいんだな。口がまわんねーや。

帰宅してカブママに動画観せたら「面白い」つーからまた撮ることにしよー!!!

   

 

| | コメント (2)

2013年11月27日 (水曜日)

アルスト五徳を自作してみた(100均自作)

   

     

先日の記事

深秋の戦場ヶ原トレッキング2013で思いのほか活躍した自作アルコールストーブ。

011_2

標高1400m 気温6~7℃ 気圧1018hPa 風強しの中でもじゅうぶん活躍してくれた(o^-^o)

まだ炊飯には挑戦してないが、湯沸しや追熱で使用するには十分な火力を持っている。

本来ならトランギア・エスビットなどの既製品を買えば済むことだが、ネット情報をみると案外簡単に出来そうなので自作してみた(お金がなかったことは内緒)

中身を飲みながらテキトーに作ったわりには予想以上の力強い炎をあげていた。

 

予想を超えた活躍

    

その活躍を陰で支えたのは五徳風防 

あたかも中日の二遊間 荒木・井端のような地味で献身的な働きがなければアルストの活躍には繋がらなかったと言っても過言ではない。。。。(オーゲサだがそのとーり)

     

今回はその五徳についての記事

  

ついでに紹介しとくが今回使ったアルコールストーブ

発泡酒500ml缶で作った副室加圧式のシンプルなもの

039

↑写真の缶内注入したアルコールが黄色いのは ウコンのチカラを燃料タンクにしてるから。。。

よく洗えよ!!爆

   

それでは五徳の話に戻る。。。

  

材料は100均で買ったまな板スタンド 

もちろん100円( ^ω^ )

041_100_2

↑ステンレス製で丈夫 使えそうな脚がちょうど3本付いてる

  

0527

↑切り離した脚を針金で固定

要は2本の脚を1ミリ針金でくるくる巻くわけだ。

かなりキツめに巻かないと抜け落ちてしまう。

  

0553

↑ 折り畳み収納を考えて2脚を固定(1脚は解放)

 この状態でもじゅうぶん五徳としての機能を果たす 積載物の重みで脚が開くことはない。

  

0563

↑コレは広げたところ

メスティンや径が大きいクッカーなどは脚広げたほうが安定した。

  

シンプルだけに壊れるところがない。

収納はメスティン内にポン!

アルコールストーブ本体と一緒にギリギリ入るサイズなのもミニマムパッキンには嬉しいつくり。

※ポイントは 脚を連結するさい「かなり強めに」ワイヤーを巻くこと。

 ここが緩いと全体の強度が落ち、一気に不安定になる。

  

  

   

| | コメント (0)

2013年11月20日 (水曜日)

河原小屋三の宿林道ラーツー

最近 いろいろ悩ましい問題もあり頭もテンパっていたので、気分転換にラーツー(ラーメンツーリング)してきた。

バイク:KSR110 (2013年)

Img_2639

↑ 前記事 「ミニマムキャンプに必要なもん」でKSRでどこまで積んでけるかを書いたわけだが、まだキャリアが届いてないので今日は、タンクバッグとデイパックに積んでみた。

----------------------------------------------------------

2013年11月20日(水)  会社は代休

出発:AM9時   戻り:13時

天気: まさに晴天 最高の天気

行先: 河原小屋三の宿林道の 某所  

目的; ラーツー & 積載テスト

---------------------------------------------------------

Map_61

↑と まあ 緑のラインが「河原小屋三の宿林道」だよ。

10年前に全線舗装路となり、オフローダーには物足りないかもしれないが、KSRには最高の道だ。 台風の後は必ずと言っていいほど崩落するし、12月~3月は凍結路となるので一年を通じて全線を気持ちよく走れる期間は6か月ほど。

カブママと何度か走ったことがあるが、舗装はされているものの落石・倒木・サル・クマ・イノシシが登場し走るものを飽きさせない(笑)

参考までに過去記事

●2012年1月22日

オフでドリドリ4 雪はヤバイよ… 河原小屋三の宿林道

●2012年3月18日

マイナスイオン浴びる^^

そんなにフレンドリーな林道というわけでもない(笑)

オラは大好きなんだけど

それでは出発(´▽`)/

Img_2640

↑宇都宮から鹿沼方面(小来川)を見る。

改姓 快晴!!!

太陽の下で食えばなんでも美味いよね!

楽しみ 楽しみ (n‘∀‘)η゚

いつものツーリングコースを走る

Img_2645

↑ 休憩 カブ家の定番休憩所 smoking  黒川の上流

Img_2642

↑ シートに無理やり括り付けた テーブルとイス

今日は キャプテンスタッグのローテーブルとドッペンなんとかの折りたたみチェアを携帯してみた。

軽くてコンパクトなので、ゴムチューブで結わえただけ。

  
   

Img_2641

↑ ノジマのマフラー  うるさい。。。 変えなきゃよかった

燃費は 43k/ℓ  満タンで約300㎞  

買って3か月目だがまだ1回しか給油してないや。。

Img_2648

↑峠を超え 大芦川の橋の上(正面左は 古峰神社一の鳥居)

 この橋を川の手前で右折(北上)する。 川を左にみて10分ほど走ると河原小屋三の宿林道に入っていく。

Img_2653

↑まだまだ紅葉がキレーだ(o^-^o)

この先道が狭くなるので対向車に注意して走る。

出会うのは 釣りのオッサンと 時期外れに紅葉散策に来ちゃった他県ナンバーの乗用車のみ。 

オラものんびりトロトロはしる。

Img_2654

↑15分後 大滝に到着 ゲンを担いでココで一服smoking

標高が上がってきた。冷気が痛い。

Img_2658

↑勾配が急になるにつれて九十九折のカーブの連続

写真のカーブだが 12月~2月までは凍結しておりバイクじゃ無理。去年の冬は左の崖にタントが落ちていた。 ココ 特に冬は危険だから来ないほーがいいよ。

Img_2663

↑峠のてっぺん付近。 青い空がまた一段と青く感じる。

目的地まであと10分程度

Img_2664

↑着いた(*゚▽゚)ノ   オラのメシ場だ

そーだな。。 クルマ10台は置けるくらいのスペースはある。

時間は11時30分 早くも腹がへってきたので

メシの支度をする。

Img_2668

↑今日の豪華昼飯(笑)

途中のコンビニで仕入れた チキンラーメン・おにぎり2個 さんま蒲焼

ジュニアバーナーを取り出し湯を沸かす。

晴天のため峠の天辺でも気温が8度あった。

フツーのボンベで大丈夫だった。

Img_2670

↑まずは チキンラーメン  水450ccで1分煮るだけ 

(玉子とネギ忘れ……)

Img_2674

↑ さんま蒲焼(98円)  こうして火を通すと美味さが倍増する。

Img_2669

↑ 全部そろったところで

Itadaki

ウメー ウメー ウマ杉る( ^ω^)

青い空と澄んだ空気 それに最高のロケーションのなか ゆっくりよく噛んで喰った。

食後は

Img_2683

↑カブママが買ってきたコーヒー

家や会社ではインスタントでも何も感じないが、こーいう所にくると「なぜか」本物飲みたくなるのが不思議だ。

Img_2685


↑ 食後のコーヒー&タバコ  どーもタバコは止められないな。。

会社じゃわずか数人を残してみんな禁煙したが、オラはそんな軟な意思を持ち合わせていないので止めるつもりはない。(1箱1000円になったらさすがに考えるが……)  

腹も膨れたので峠を下りる。

林道終点まであとわずか

Img_2687

↑ 5分後 終点 

ちなみにKSRの積載についてだが、見てのとーりリヤキャリアがついてなきゃラーツーが精一杯。 

キャンプするには今日の装備に加えること テント、シェラフ、マット、ランタン、水2ℓ、設営道具、etc...........  あるわあるわ(゚0゚)

だがこの車体に無理繰り積んでも、KSRの軽快な動きを妨げつまんない走りになるのも考え物だなあ……。

| | コメント (2)

2012年5月 6日 (日曜日)

GWはオフで満喫!

スコルパ TY125 4Tとセローで林道ツーに行ってきた

連休唯一の晴れだった5月5日のこどもの日

行先は「西前高原林道」

詳しくはカブママ子のブログでどーぞ

「西前高原林道探検」

秘密の練習場で

↑でかいステアケースなんかないけど、オヤジにはこれで十分

あ~面白かった;:゙;`(゚∀゚)`;:゙

しかし…今年のGWは雨ばかり。。

各地では水害起きてるし  やだね~まったく(・A・)   

そして今日6日 連休最後

一日かけてマシンのお手入れ

カブママ子のセロー様もメンテする。

オラのスコルパ  酷使してるのでガタガタ∑(=゚ω゚=;)

チェーン張り、ピボットグリスアップ

ケーブルオイル注入……

それと 前から気になっていたプラグ交換

1

 ↑いいね~単気筒って(*^-^) 1本で済むし

3

 ↑ いい焼け具合

2

 ↑ NGKイリジウムに交換(7HIX)

 
 

4

 ↑ 定番のスレッドコンパウンド

5

 ↑ はまりました。

番手は#10なんだけど 結構奥まってるから

ちょっと長いプラグレンチじゃないと締らなかった。

そんでエンジンのかかりは?

バッチシでした~~o(*^▽^*)o

キック1発

音も違うね!
 

雨に祟られたけど なかなか面白い連休だった(*゚▽゚)

Photo


 

つーことで( ^ω^ )

|

2012年5月 1日 (火曜日)

祝! 初ダート カブママ子セローさん

  

【最初に報告】  

え~~なんだかんだ言っても 無事に帰宅できてこそ「遊び」で 

そーいう意味では カブママ子

ダート初挑戦にして無事帰れてよかった。。(;゚∇゚)/

----------------------------------------------------

(2012年 4月30日 Mon)

 

朝は恒例のカブ散歩

森林公園で時期遅れのサクラが咲いていた。

朝露で全身びっちょりのカブちゃん。。

ついでに泥だらけ

(結局カブ家全員 泥んこが大好きみたい…)

   

昼前に出発

トランポにバイク2台積み込む

下道で1時間 

お馴染みの「東古屋湖」に到着

さっそくデポ地(基地)を設営

  

012

 ↑ タイダウンでがっちり固定 2台積みだとさすがに重い。

  

013

↑ハイルーフだからオフ車もラクラク (ミラーは外すよ)

  こーして見ると オラのトラ車 結構腰高だね

  

014

 ↑ラダーでおろす バイクが軽いから楽ちん(o^-^o)

 

015_2 

 ↑さっそく昼メシ

02

↑これから入林するので ガッチリ食わないとね。。

 

03

↑食い終わった。 ミラー装着、空気圧調整して出発

(・セロー F: 1.0  R: 1.0      ・TY125  F: 0.8    R:0.7     )

 さあ~ 行くぞ! 「西荒川林道」に突入o(*^▽^*)o

04

 ↑ダートをしばらく走ると 恒例の「クマ注意」 

いまだに出会ったことはない。

05

↑その先は「大滝」だ。 やっぱここは押えとかないとね

   

マイナスイオンを浴びに滝壺に降りてみる。

06

↑急な坂(ほぼガケ) この頃はまだ余裕ぶっこきのカブママ子

マイナスイオンが飛んでるのがわかる。 

ん? わかんねえ? 

 

 

07

↑ 前回(4/10)よりも水量は少ないみたいだけど

  それでも轟々とした瀑音をたてている。

いいねココ  でもね雨上がりは怖いよ

無数の山ビルが落ちてくるからね~(lll゚Д゚)  

そーいえば「大滝」 の看板近くに1台の「KLX」が停まってた。

 

滝の落ち口に1人のオフローダーが休憩してるのが見える

ココで「同業者」を見かけたのは初めて。 

  

出発する。

第一支線を通過し、第二支線の分岐で休憩

08

↑支線分岐  左に行くと「第二支線」  右は「本線」 

   

後方から「快音」が…  1台のオフ車がやってきた

挨拶すると快くとまってくれた。 お互いに自己紹介する。

地元のオフローダー「G-yuu」さん。

09

↑同業者は気軽に話せる。 すごく感じのイイ方です。

 

一緒に第二支線を走る。

「G-yuu」さん 

カブママ子の落としたツーリングバッグを拾っていただいた。

ありがとうございます(._.)

10

↑ 遊び場  写真じゃわからないが この辺は丘陵で

トラ遊びには最適。 しばし3人でオフ車談義(o^-^o) 

ちなみに 

「G-yuu」さんのページ

↑ 遊び場ってこんなところ   だめだよ 良い子は入ってきちゃ

  

その後「G-yuu」さんと別れ 

オラとカブママは林道出口に向かう。

豊月平牧場を右手に 一気に県道63号まで突っ走る。

  

オラはトラ車だから速くないけど それでも60キロは出てる

カブママ子も転ばないよう頑張ってついてくる

きっとメットの中は (。>0<。) だったに違いない。。 ヒデー

  

無事 終点の県道63号との分岐到着

「八王子」ナンバーのオフ車が数台 たむろってた。 

こんな田舎までご苦労なこった`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!!   

折り返す。 また同じ道を戻る。

カブママ子も 少しは慣れたのかだいぶ乗れてきた。

 

転ばず基地に到着

  

14

↑ よく頑張った。  セローは凄いね

足付き トルク 軽さ バランスがいい!

少しのらせてもらったが、林道をマイペースで走るには最高!

初心者からベテランまで人気があるはずだね~  

  

15

↑ TY125 4T   この気まぐれフランス娘 

途中でサイドスタンドのボルトが外れてブラブラしてた。。。

それにチェーンテンショナーのスプリングも外れてた。

   

山の神(女性)がイジワルしたのか。。。 カブママが走ったから?

  

Photo

↑ 上地図の黄色のラインが 今回走ったルート

次は……川俣方面行こうかな~(*^m^)

 

 

|

2012年4月17日 (火曜日)

謎の林道 矢白(三)線

   

(4月15日 Sun 晴れ)  

林道矢白(三)線

栃木県宇都宮市篠井  国道293号線の北に位置する。

聞き慣れない名前だが、yahoo、google等で検索しても何の情報も得られない。

だがその規模は”林道”というよりも”入線”といった方が相応しい。

  

おおまかな場所は 宇都宮射撃場の北側。

射撃場に向かう農道を北にそれる。

道なりにクネクネ走ると林道入口を示す杭がひっそりと立っている。

   

2

 ↑ デポ地設営   画面で見るよりも斜度があるので

  バイクの積み下ろしが大変。。

  

1

 ↑  白い林道標識が建っている

 いや正確には、根元が腐って道の端っこに倒れていたので

 杉に立てかけてみる。

  

それではスタート

  ・空気圧( F: 0.6  R:0.4 )

  ・その他セッティングはデフォ

 

3

↑ 道幅は約3メートル  

 しばらく走ると両端が側溝のように掘れている

 側溝でも埋め込もうとした跡なのか?

 

4

↑ 踏み固められた路面  左は小川

 

5_2

 ↑ (一応)つきあたり。

 ジムニー程度だったら楽にUターン可能

 以前は伐採積み降ろしに使われていた感じ。 

  

バイクを降り周囲を調査してみると 矢印の先に

道らしきものが見えるupwardright

   

迷わず突っ込んでみる

たしかに「道らしい」が 

同業者(組合関係者)以外 道路とは呼ばないだろう。

6

↑堆積した杉葉の下は土でなく、薄く砕石が敷かれていた。

以前は軽トラ程度であれば通行可能だったと思う。

 

トコトコ斜面を登るにつれ枝が張り出してきた

今日のヘルメットはSHOEIのTR-3

シールド無しなので枝が顔にビシバシ当たる(||li`ω゚∞)

目はグラサンで保護できるからいいが

頬っぺたは無防備なので痛い。

あ~やっぱりフルフェイスにしとけばよかった。

   

斜面を登りきり 稜線から下りに入る

なんとなくタイヤに違和感を感じた。

トラブル発生ヾ(.;.;゚Д゚)ノ。。  

7

↑ ちょうど太めの倒木まで押して ストッパー代わりにする

  

ここは下り斜面 

しかも足場がガレており簡易スタンドでの自立は困難

しかたなく 倒木を切って緊急サイドスタンドを作る。

8

↑ さらにエンジン下に突っ込んで車体を安定させる

 のこぎりでギーコギーコ  ちょうどいい太さだ(○゚ε゚○)

  

↑ こんなところで日曜大工するとは思わなかった

 ノコギリ入れといてよかった。。 遭難してたかも 

  

シャフト緩めて…… 以下めんどくさいので書かないけど

パッチ貼って15分放置  再装着   いい汗かいた。

(感想) テックのビードクリーム最強! 

     やっぱり業務用は違うね (何でオマエが持ってんの?)

  

再始動

斜面を等高線にそって走ってみると 伐採地に出た。

木に巻き付けられた作業指示板には

「平成19年 ●●林業組合一斉・・・・・・」と書いてある

約4年前かあ……

9

 ↑ 杉葉の堆積は20センチほど

 羽毛布団みたいで気持ちいい

 ただ時たま 下に隠れた丸太を踏むとコケそうになる。

  

杉林を伐採道に沿って下ると

県道を見下ろせる高台に出る 

11

↑ 休憩  

 広葉樹の森に出た 落ち葉でフカフカ

 周囲には放置された間伐材が積んである

 朽ち果てた作業用ヘルメットも放置されていた

 以前は木材の集積に使われていたようだ。

   

10

↑リュックを下ろしていると バサッ!(;´Д`A ```

足元が掘れてしまい倒れてしまった。。

地面が柔らかいのとバイクが軽いのでダメージ無し!

   

ペットボトルのお茶を飲み休憩する。 

県道沿いにデポ地まで戻る。

12

↑ 泥濘地には弱いが 抜群の悪路走破性だった。

 欲を言えばビードストッパーをあと一つ増設し

 常時0.3でトライしたい。 

   

 今回の「林道矢白(三)線」 

宇都宮の中心部から30分程度で行けるにも関わらず

どの林道(廃道ふくむ)好きのHPにも登場していないことから

よっぽどつまらないか、魅力無いか、行くに値しないか。

 

オラも別の用事でここら辺を訪れたときに

”たまたま”発見しただけである。

 

突き当り広場から先は既に今日の時点で「廃道」なので

近い将来 通行不能になる見込み大

   

林道建設には多大な工費が必要になってくることから「住民の生活道路確保」、「水資源整備」などの大義名分が必要となる、さらに開通後も維持予算が計上され常に改修整備の手が入るため、かえってこの林道のような「ほったらかし状態」にはなりにくい。

  

 ↓ツーマプに登場する林道はたいていこんなマーク

Rimg0601

栃木の一般的な林道標識

 

1_3

 ↑今回の標識   全然違うよね~

   

たぶん 完全なる私道なのかもしれない。

だが、一見してわからないだけで

「道らしいよ」 「道かもしれない」「道だったらいいね」

の類はいっぱい見受けられた。

4月中はまだ葉っぱが少なく藪探検しやすい時期なので

近日中に再アタックを実施する予定である

  

 

|

2012年4月11日 (水曜日)

西荒川林道を完走!

 

 

先週(4月1日)はカブママ子と 釈迦ヶ岳のふもと「豊月平牧場」で

インスタントラーメンを作って食った。 美味しかったo(*^▽^*)o

 

今週はだいぶ暖かくなってきたので 

2月14日 雪で大転倒した西荒川林道を遊び尽くすため

WR250Xモタードに変わるNEWマシーンを投入した。

   

Photo

 ↑ 今回走った3林道 

  【 西荒川林道 】 【 山ノ神林道 】 【ドボチョン林道】

-------------------------------------------------

 

(4月10日 Tue )  晴れ

 

朝8時出発 お馴染みの西荒川ダム(東古屋湖)に向かう。

9時到着 平日朝だというのに湖畔の駐車場は釣り客で満杯

湖面にも釣り船が、そーだなあ 15艘は出てる。

  

そこに現れた一台のキャラバン (借りもの…)

見慣れないバイクを積んでいる。

 

Img_0509

 ↑タイダウンでガッチガチ。 

 じっとデビューを待つフランス娘wink

 

Img_0512

 ↑ ラダーを下ろす。 車重が軽いから積み下ろしがラク

 

Img_0513

 ↑ デビューです。

 SCORPA  TY125 4T (スコルパのトライアル車)

 見た通り 完全なトライアル車  (シートは取り外し可能)

 一応、林道は公道扱いなので ナンバー登録してあるが

 ライトやウィンカー取っちゃえば競技にも使えるよ。

※スプロケは競技用の為 5速でも50㎞/h出ない。

 そのかわり極端なハナシで4速発進も可能。

 

 トラ車投入の目的は ただ林道流すだけじゃなくて…

 トラで遊べる場所に行くためでもある。

  

Img_0515

 ↑ 西荒川林道 突入!

  

WR250Xだとかっ飛ばせるダートも

トラ車だと5速40キロが目いっぱい。。トコトコ走る( ^ω^ )

そのかわりガレた場所では面白いように路面を捕える

(タイヤはビーラバー製 F : 2.75x21    R : 4.00x18 )

Img_0520

 ↑ お気に入りの場所 天気は最高sun! 

  ガケは怖いけど…縁に腰かけてお茶を飲む

 

Img_0521

 ↑ お馴染みの「大滝」

 

 下りてみる

Img_0522

 ↑ 雪解け水の影響で 水量マックスだね~w(゚o゚)w

  

滝音を背中に聞きながらトコトコ走る。 

ここからフラットな道が続く。 基本はスタンディング。

シートは付いてるけど 保安基準用パス用だから

すわり心地は問題外。   ケツが痛い  爆

  

Img_0524

 ↑ やっと分岐点

 前回(2月)は行かなかったけど 今回第一支線(左)に突入

  

Img_0525

 ↑ 緩やかなダートが続く

 

Img_0526

 ↑伐採車が通るせいで踏み固められた道

 

Img_0527

 ↑ 終点(行き止まり)

Img_0528

 ↑ あれっ? たった630mなのね。。

 トラ車だと ゆっくりだから長く感じるわ。。

 

本線に戻る。 川沿いをトコトコ進む

Img_0529

 ↑ そしてまた分岐  第二支線(左)に向かう

  

↓↓ たった2か月前はこんな感じだったよ~ ∑(=゚ω゚=;)

Photo_2

今思えば よくモタードで突っ込んだよなあ…

 

Img_0531

 ↑ こちらもわりかしフラットな路面

 クルマが通らないのか、わだちにも落ち葉が積もっていた。

 なだらかな勾配を登ると行き止まり。

Img_0533

 ↑ 写真じゃ つまんない広場に見えるが ココ(周辺)で

 目いっぱいトラ遊びをする 

     

疲れたので本線に戻る。 ここら辺から勾配がキツくなる。

わざと歩く速さ(時速4キロ程度)で走らせてみる。

Img_0535_3

 ↑そうそう この辺りはかつて………( ̄Д ̄;;

  

Photo_3

↑ 転倒したところだった(u_u。) (写真は2月のもの)

  

さらに本線を進むと 

Img_0536

 分岐点  本線は右だが ←左折してみる

Img_0537

 ↑河原に出た。 冷たい水で顔を洗う(o^-^o)

 

また本線に戻り先を急ぐ 

Img_0538

↑また分岐点

本線(左)を進む (山ノ神林道は この後…)

 

Img_0539

↑北斜面はまだ雪が残ってるねえ。

ダート、ガレ場では抜群のグリップを誇っていたトラタイヤ

雪だとほとんど効かない。 特に横方向。

  

トラタイヤのグリップの全てである

低内圧でのエンベローピングパワー(路面の凸凹を包み込む現象)

が発揮できないためである。

   

トコトコ走ると目の前が開け 「豊月平牧場」の脇を通る

Img_0540

 ↑ いいね~ 風がキモチいい(*^-^)

 

Img_0542

 ↑ さらに進むと ついに終点 県道63号とのT字路

 

Img_0545

 ↑ 豊月平牧場で一休み。  

 ココ つい1週間前にカブママと「野外ラーメン」やったところだよ

   

再び西荒川林道に突入

さっきパスした「山ノ神林道」を調査するため

Img_0538_2

 ↑ 事前のネット情報によると起伏に富んだコースらしい

 特にトラ車で「遊べるポイント多し」ということで楽しみ(o^-^o)

 

Img_0547

 ↑ 埋もれた標識  ここから一気に上りとなる

  

Img_0549

 ↑ 期待通りのガレかた しばらく通りが無かった感じ

  

Img_0550

↑ しばらく走ると「通行禁止」の標識

たしかに今まで落石がハンパなかったので

念のため歩いて調査しに行く……すると

  

カーブの向こうは…

Img_0551_2

↑ 見事な崩落  キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

 でもこれじゃヤバいよ\(;゚∇゚)/

 行く奴もいるかもしれないが 今回は1人だしやめとく。。

  

仕方なく引き返す。

今度はさっき通り過ぎた支線を調査

Img_0552

 

坂上から見下ろす。。 

下り坂っていうより 「地すべり」のあとって感じ。

 (石ころ蹴飛ばすと 止まらないまま転がっていく)

Img_0553

トラ車の性能と オラの腕を信じて下ってみる

 

Img_0554

 ↑ 谷側にえぐれた路面に気をつけながら下る

 

Img_0555

↑ 行き止まりは 見事な風景だったヽ(´▽`)/

伐採跡地だったが しばらく使われてない様子。

 

緊張の連続だったので ペットボトル飲み休憩

 

 ↑高原山系の南側が一望できる

 

 

しかし、強力だな~トラタイヤ 食うよ!

 

こんな山の中で空気圧を調整してみる。

下りは前後0.9Kだったが なにせあの坂登るので

F 0.5   R 0.3にセット。

Img_0557

 ↑ 車重の軽さ(80㎏)と強力な低速トルク

 (オラは重いけど……) マシンはまったく不満はないよ。

ただ……一つだけ不満といえば

タンク容量が2.7Lだってこと

もとが競技車だから 1リットルはいれば十分なんだけど

こーしてツートラ(ツーリングトライアル)やる場合は

多い方がいいに決まってる。

だから背中のリュックには 工具とガソリンボトル背負ったよ。

  

その後一気にスタート地点の東古屋まで戻る。

ブーツを脱いで一服smoking 美味い!

Img_0562

↑ しばらくボーとしてた。。疲れた 46のオヤジには( ̄◆ ̄;)

 

湖畔の食堂へ  空いてたよ 昼時なのに客はオラ独り

Img_0560

 ↑ こないだカブママと来たときはやってなかったんだよね。

 

Img_0559

 ↑ ラーメン(500円) 味はフツー  

 でも腹減ってたので 汁まで飲んだ

  

午後は 気になっていた林道調査

Img_0566

 ↑オラが勝手に命名した「ドボチョン林道」 

  その名の通り泥だらけなんだよね(;´д`)

Photo_5

 ↑3か月前はこーだった。。

  

キレイな川

Img_0567

 ↑ 水の流れる音が心地よい

 

Img_0571

 ↑ 雪解けで現れた川 ここら辺より 

 だんだん「凶暴さ」を増してくる

 

  

Img_0572

↑ だんだん道とはいえなくなってくる

 

Img_0574

↑ 急斜面を登りきると 落ちたら死にそうな道

こんな道が延々続く

 

そしてだんだん 走行不可能に……

Img_0575

 ↑ いわゆる V字のガレ

 写真じゃ伝わりづらいが 最大斜度は20度超えてるな。

こーなると いったん止めると再スタートが難しい

1速(超超スーパーロー)で足漕ぎしながら 一歩一歩進む(笑)

   

   

この長い坂   疲れたよ。。。 はあ   

 

この先………  事情によってお見せできません

あとで記事かきます。

  

SCORPA TY125 4T  期待通りすごいマシンだった。

最初は 125ccの4ストだからナメていたが

やっぱり正真正銘のトライアル車だった。

      

目的地まで自走できないから トランポが必要となってくるので

さすがに毎週は乗れないけど 

野山を探検する相棒ができてよかった;:゙;`(゚∀゚)`;:゙

  

|