RC42

2011年11月14日 (月曜日)

さよなら~ ホンダ最後の空冷4発キャブ車

    

 

しかしアレですな。。 

先週は平日ツーリングで塩原行ってきたけど、とにかく空いててよかった(*^-^)。

人気の地元グルメ店も空き空き。 もちろん道路も

走ってるクルマはほとんど地元ナンバーだから、ペースも早いし(゚ー゚)

  

毎年のことはいえ 今年も11~12月は平日ツーになりそーダスなcoldsweats01

   

   

つーかいきなりだけど コレ ↓

Cb7502  

↑ いろは坂(明智平)をガンガンdash走ってた頃  rain雨降ってきたんでカッパ着てる

  

Cb7501

 ↑ 秘密の練習場にて   (某こんにゃくライン付近)

   タイヤはリムラインぎりぎりまで使ってるねえ… 

   (ちなみにBT-023ツーリング)

  

  4月にスプロケ替えてから なんとなく自分好みになってきた。

  それに SP忠男のコンバットマフラー  これがイイ音すんだよ!!

   

まあ CBに関しちゃいろいろあるけどココらで思い出話は終わり。。

  

とりあえず このCB750売って 新しいのを買ってしまった。

(ローライダーは売ってないよ いくらなんでも)

  

なんとなく寂しい気はするけどね…

さよなら~ さよなら~ さよなら~~ああ  もうすぐ~そこは白~い冬~♪

時期もオフコースの歌詞にぴったりだわ。。 

   

そんで NEWマシン

Moto  

 ↑ こーいうやつ

  

  ↑ MOTO1            (音出ます♪)

 

  納車は来週あたりかな?

  楽しみ楽しみ(*^m^)  ケケケケ

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2011年10月21日 (金曜日)

たまにはひとりで

  

最近ローライダーばかり乗ってたけど CBも可愛がってるよhappy01

通勤、買い物に大活躍のCB750(RC42)の ゴンザレスちゃん

  

なんつったって「運転しやすい」って大事だよね~ この歳になると

 

このCBも気に入ってるので地味にカスタムしてるんだよね~

外装とかはそのままだけど、吸排気系をいじった 効果のほどは?

  

走らないとわかんないから近場をグルっとまわってきた

【ルート】  

俺んち → 文挟 → 小来川 → 今市 →R121 →文挟 →帰宅

120㎞のプチ走り  でも効果の確認するには充分

Rimg0301

  ↑ 小来川沿いの広い路肩    「ごみ捨て禁止」の看板あるけど…

  別に CB捨てにいったわけじゃないから……coldsweats02

  

Rimg0302_2

 ↑ 先週 ●●●を ちょっといじった。 

   乗った感じ、2000~2300ppmあたりで トルクぶっとくなった^^ 

  

Rimg0303

 ↑ ゴミ処理場前で一服smoking  

  ここら辺、チョット前は熊が出そーな山だったんだよね~。。

  でもおかげで バイク乗るには最高の道!

 

Rimg0306

 ↑この先 国道121号 いわゆる「日光例幣使街道」 

 バイクで走るには最悪の道、 狭いし 両側は杉並木だからいっつも暗い、

 それに年中「杉の葉」が落ちている(固まってたりする)ので下手すりゃスリップpout

 地元のライダーは慣れてるから ヤバイポイント知ってるけど

 事故って 杉に突っ込んでるのは他県ナンバーが多い。。 わかるよ

 まあ、ここでちゃんと走れりゃ どこ行っても通用するわなぁ。。

Rimg0307_2 pisces

 ↑日光例幣使街道の 杉並木

 街道の外側からみると こーいう感じ  こーいうのが延々と続くんだよね

 まるでトンネル。

  

 いい歳こいても こんな道で練習してる。 

 バイクは乗らないことには上手くならないからね~coldsweats01  

  

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年9月28日 (水曜日)

CBのメンテ(バッテリー)

  

普段、通勤&ジムカーナ練習でつかってる CB750の「つとむ君」

 

ローライダーが入院中は カブママとのツーに使用したり、大活躍だったのでメンテすることにした。

【バッテリー】

よく走ってるわりには最近かかりが悪いので、バッテリーチェックをしてみた。

CB750(RC42)はいまどき珍しい開放型のバッテリー積んでるため、特にバッテリー液(レベル)のチェックは重要。

1 

 ↑まずシートを外す。

  写真のとーり シート下の収納スペースは ほとんど無いに等しい

  ちゃちい積載工具とロックくらいしか入らない。

   

6

 ↑ 次はサイドカバーを外す

 バッテリー位置は車体の右側 フレームの下にもぐりこんでる。

 

4

2_2

 ↑ シート、 サイドカバーを外すとこんな感じ。

   このフォルム 結構カッコイイんだよね 

  アンコ抜きのシートでも自作しちゃおうかな。

5

 ↑ マイナス、プラスの順で端子を外す。

   気をつけて外さないと すぐなめてしまう

 

Photo

 ↑バッテリー液(ただの蒸留水)

 意外だけど バイク用品店に置いてないんだよね。 某バイク7とか

 仕方ないからイエローハットで買ってきた 1本100円

 

3

 ↑  端子を外し、取り付けステーも外し 手前引っ張りだすと

   バッテリーが現れる。 奥の黄色いキャップから補水

   液量をロアーとアッパーの中間にあわせる。

 

ひとまず これで完了

 

そして しばらくエンジンかけたままにしとく

 

(写真ないけど) その後 比重計で測ってOKレベル(浮きの位置が)なら終了。

 

ハーレーや最近の国産バイクはすべて密封型(いわゆるメンテフリー)

だから手間がかからない。 (完全に上がっちゃったらダメだけどね)

 

CB750は 手間はかかるし めんどくさい。 (古い設計だからなぁ…)

でもそんなところが バイクいじりが好きなオヤジには たまんない!!

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年6月20日 (月曜日)

秘境 幻のそばを求めて

ここんとこ 休日は決まって雨rain

ツーの予定も 当日雨rainでお流れなんてことが続きますなぁ。。シクシクcrying

 

ここんとこ パッとしない天気だったので「マスツー」の予定は立てなかったんだけど

今朝はなんとか持ちそうな天気だったので

「急きょ」 噂に聞いてた蕎麦屋に行くことにしました。

一人で行くのもなんなんで、

以前この蕎麦屋に行ったことがあるという元ジャニーズのUテンチョを

「なかば強引に」誘って案内役に。。(ちょっとオーバー)

 

つっても 場所が場所。。

Map

 ↑ Uテンチョのはなしだと 赤丸あたりだって言うんだよなぁ。。 ウソクセーな。

 

以前行ったときは、と戦って片道5日はかかった とのこと。。 (マジかよ)

ただし今回は時間がないので はスルーして行くってさ (敵っていったい…)

 

まとにかく、西に西に… GOGO!! WEST ですな(笑)

ニンニキ ニキニキ♪

 

とりあえず出発dash

まずは大谷街道を鹿沼方面に。。

さらに宇都宮森林公園を西に行くと 大妖怪牛魔王が住んでるという

火焔山という山があり なんとか火を消して通ることができた。。(詳細は別途)

 

文挟駅の先にある 金角・銀角の住むという蓮花洞を過ぎると

小来川(おころがわ)っていう川沿いに出る。

細くてくねくねした道をひたすら日光方面に。

なんとなく 木々が鬱蒼と茂ってきて だんだん見たこともない植物だらけ

あ~コレが有名な「腐海」かぁ!!  たしかに へんなトンボも飛んでら(笑)

とりあえず 「風がやんだので」深呼吸しないように気を付けて走る。 

 

途中でオウムの子供を捕まえた。

Oumu

↑このとき捕まえてきた幼虫 (子オウム) 

しばらく走ってると 後ろからドドドドドとオウムの大群が追ってきたのでcoldsweats01

せっかく捕えた幼虫を放す。。   あ~怖かったcrying

Oumu2

 ↑そんときの写真

 

延々と山道は続く。 とにかく しばらくクルマ1台すれ違えないよーな道幅。 

マジ「このまま進んでいいんだろーか?」と不安になっちゃうくらい山奥へ。。。

 

道端には「巨神兵」のガラクタが放置されてた。。(つーか立ってた)

Photo_2

巨神兵の周りには 小鳥がピーチク パーチク。 

こんなとこに不法投棄すんなよな!(怒)

 

(途中省略)

 

とにかく たどり着いた(笑)

  Kai

 ↑山家(やまが)

つらい旅でございました。  オウムってホントにいるんだね。 勉強になったhappy02

 

Photo

 ↑山家(やまが) 正面から。

開店前だったみたいで まだおばちゃんが入り口の掃除してました

 

さっそくお蕎麦を頼む オレはセット  Uテンチョは天ザル

Kai_2

 ↑なんとかセットhappy01  打ち立てソバと山菜の天ぷら、炊き込みゴハン 他

待ちきれなくて 手づかみで食ってる。。。(爆)

Kai_3

 ↑ Uテンチョは天ざる

 しかし美味いね!!!

ほんとの山奥だけに 材料のほとんどは地元産らしく

天ぷらの具なんか 今朝とってきた野菜だって言ってた。

隠れた人気メニューは たまご焼き。 玉子はそこらでコケコッコー鳴いてる

ニワトリが生んだやつだけど 基本的にそこらでコケコッコーだから

野生に近く 元気いっぱい! 焼いても新鮮さが伝わってきましたhappy01

Kai_4

 ↑ Uテンチョのゼファー1100

  

Cbkai_2

 ↑オイラのCB750

 

腹もふくれたところで この先にある川を支配しているという河童の妖怪

名は「沙悟浄」とかいうらしー

コイツを退治して子分にする予定だったけど

Uテンチョ 午後は戻んなくちゃなんね~ということで (笑)

このまま まっすぐ行って 日光清滝までの峠越えルートへGO-!!dash

 

この峠越え  はっきし言っていろは坂なんか問題じゃないくらいキツイコースですね。

道幅はタイトなうえ高低差があり、しかも怖いのはところどころ落ち葉がたまって

トラップになってるし。

途中で 3台のハーレーとすれ違ったけど、

オレだったら ローライダーであの峠は行かね~な。。マジ

 

やっと下界におりた

Kai_5

 ↑ 日光市内の7-11   缶コーヒーで一服。。

二人で無事を祝うscissors。   おバカな中年オヤジ

 

とりあえず無事に帰宅できた。  またこんなツーしてみたいです。 

今度はソバだけね。。 虫はこりごりweep(爆)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年6月15日 (水曜日)

マンガ整理してみた

  

古いマンガですが。。

バリバリ伝説 

Photo

  ↑久しぶりに一気読み。  

歯抜けになってた部分(23~27巻)を買い足したけど 29~38巻まで無し。。 

 (だれかください )

ちなみに、買い足した”なんとなく新しい表紙”の23~27巻には

レーシングカードが同梱↓

Photo_2

 ↑まあ 当たり前っちゃそーなんだけど、’84~’92あたりのネタが中心

 

Photo_3

 ↑ 特に好きな一枚 

   (90年の鈴鹿8耐 平(タイラ)とローソンが組んだときの)

   TECH21のツナギが渋いよね(笑)

今のってるCB750は グン(主人公)のCB750Fとは違うんだけど、やっぱりバイクはナナハンだな。。

現在はリッターオーバーが当たりまえの時代だけど、オレぐらいのオヤジライダーにとってナナハンは特別な響き。

 

たまに年配の方にきかれるけど

「でかいバイクだけどそれ何cc?」という質問

ローライダーのとき 「1600ccです」と答えると、一瞬ひかれる。。(苦笑)

CBのときだと 「750cc ナナハンです」とか答えると

 おーナナハンね! とこうくる。 

いいよね。。 

でも正直いうと CBR1000RR欲しいけど(爆)   

 

読んでて思い出した

そーいえば確か 俺とグン はタメだった、、(苦笑)

グンが全日本制してコンチネンタル・サーカス(世界で転戦)する前、ヒロインの歩惟(アイ)ちゃんと婚約しちゃうんだよね。。そのころ歩惟ちゃん大学生だよ。。

なんか憧れたよねぇぇ…(遠い目) いろんな意味で。

 

オレも当時(19歳頃)、

グンと同じく身長190センチちかくあって 目もキレ長

Photo_4

 その後 大ケガしたり……要は紆余曲折あって 

 身長は175センチに縮んじゃった。。。

 顔もケガのせいで "もこみち"風になっちゃった。。。

 

あっ! もしかして主人公の「グン」は

オレをモデルにしたのかな??  ……… (自爆)

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年6月13日 (月曜日)

いやな天気

予定では

11日(土)朝 7時30分 大晃内のローソン集合。

そっから鬼怒川通って田島、大内宿までのツーを予定してたわけど、

朝6時の時点でジャバジャバrain雨降ってるしよぉぉぉcrying

仕方ないのでリーダーのイケメンK社長に

”雨 ヤバイっすね 今日は アウトですかね!?” とmailメール

すかさず  ”うん 今日はナシ 今度にしよ” とのご返事

 

まことに残念でございました。

この日のために10年前から楽しみにしてきたのにぃぃ(ウソつき)coldsweats01

特に、U店長なんか”この日のために”シンプソンのジャケット新調したし

オレだってタイヤ新品にしたしよぉ。。

 

そーそー タイヤといえば 金曜の夕方 早めに会社あがって 

作業予約してあったバイク用品店で交換してきました。

ココ 近くにあるからよく行くんだけど、ダメだねタイヤについては。。

だってよ、普段BS在庫してないんだよねココ。

  

水曜日 会社帰りに立ち寄った時のハナシ。

現物置いてないと分かったので タイヤ発注&作業予約だけでもしようと思い

カタログ見せてもらおうと思ったら 「カタログ置いてない」…だってよ。。(唖然)

ま 結局レジの脇っちょにあったんだけど。。

在庫ないから発注ということになったんだけど 

問屋が東京で 入荷時期すら「わかんね~」ときた。。

 重要保安部品だよ タイヤって。

 問屋が東京だろうが 大阪だろうが 電話1本でわかるじゃん。

 今時。。。  すげ~対応。

 

 ↓↓↓ なんだかんだ言って 結局このお店で交換したんだけどね。

Img_battlax_25

 Img_battlax_26

 ( フロント 120/70ZR17   リア 150/70ZR17 )

 リアが150(笑)  

RC42だからしかたないけど。。 たしかゼファー750も一緒だったよーな

それにしても今時のSSは180だ190だ エレ~ぶっといの履いてますね。

イケメン社長のR1はたしか 190/55ZR17 クルマ並みだよね。

 

まあ正直、今まではダンロップのヘンなの履いてたけど、

いつまでもDUじゃので今回はBTー023にしました。

   

結局土曜日は 9時過ぎに雨あがったけど、ツーは中止になっちゃったので

タイヤのむき&ヒゲ剃り」に小来川~例幣使街道コース流してきました。

 

タイヤに関すること いろいろ書くとキリがないから かなりテキトーに書くけど 

ネイキッドでかなり寝かしてもピタっと吸い付くよーにグリップします。 それにセンターだけでなく両端もムダなくお使いいただけます。

詳しくは勝手にググってねhappy01

 

3時間後 おヒゲが剃れました(笑)

さあ~~ どこ行こうかなぁ!!!

happy01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年6月 6日 (月曜日)

NEWメット

諸般の事情により平日のお休みを頂きました。

(別にクビになったわけじゃネ~です)

そんでもって

さっそく走り行ってくっかな!ってことで いろは坂dash

  

その前に……

そーいや 新しーメット買ったんだった。

オレの場合、ローライダー乗るときはスモールジェット(メーカー不問)なんだけど、ネイキッドの場合は絶対「BELL」って決めてんだよね。

もう四捨五入すりゃ50歳の立派なオヤジだから安全第一!

それに

「いい歳こいてバイクで死んだらバカ」……と某Uテンチョに言われてるし。。

 

なんとか規格や対安全性とかでは ARAIとかSHOEIがいいだろうけど、

かぶり心地ってのは結構重要なファクター。

特に親譲りの変な頭蓋骨してるオレは、自分オンリーのフィッティングじゃないと30分もかぶってっと痛くなんだよね。。マジ

BELLにしてる理由ってのも 内装(チークパッドとか)を自分好みでチョイスできる点

Photo

 ↑内装パーツ。 こんだけありゃ大抵はOK。(画像はお借りしました)

 

ちなみに 今までかぶってたのがM3J

M3j

↑ いいよなぁ~ なんかさ ロバーツやローソン時代を彷彿とさせるシルエットで、オレみたいなリアル「バリ伝」世代にとっちゃたまんない一品。

 

M3j_2

 ↑でも ノスタルジックなのは外観だけで 内装はBELL得意のベストフィッティングパーツの組み合わせ可能。

このM3J買ったときも かなりいろいろ試して今のセッティングにしたんだよね。

それに 赤色の内装って、なんかフェラーリっぽいし。

コレはコレで気に入ってるんだけど、新し~メット買いました。

 

Photo_2

 ↑なんかさ立派な箱で ちょっと捨てられないな。。

Photo_3

 ↑専用のカバーとバッグ

Mxj

 ↑BELL M5XJ

 M3J(赤白のやつ)とは違い現代風のヘル

高剛性、ハイスペック機能を搭載するBELLヘルメット日本仕様のハイエンドモデル。

時速200km/h以上の高次元スピード域で、ライダーの視界を確保するために

設計、開発されたFRPシェルとシールドを組合わせたモデル。

だってよ。。 完全コピペ(爆)

まあ要はスゲーわけだ。 

つっても時速200キロで走ることは今後絶対ありえないんだけど

頭打って死ぬよりはマシかと。。

M5xj

 ↑ 内装  もちろん 自分ベストのフィッティングを組みました。

 

某バイク用品店のテンチョ~と あ~じゃね こ~じゃね 言って 

結局落ち着いたのがこのカタチ。

特にセンターとチークパッドは ちょっとでも合わないと「苦痛のツーリング」に

なっちゃうのでとっかえひっかえして組上げた感じ。

どっちみ使ってナンボだから

 M5XJインプレがてら いろは坂へGO!!

ちなみに 大型タンクバッグに新ヘルメット積んで(笑)

 

平日なので 通勤渋滞を避け 午前8時30分出発。

宇都宮出た頃はカンカン照りsunで暑くて堪んなかったから

メッシュジャケット着て出発。

でも馬返しあたりから曇ってきて気温はドンドン下がるは

小雨ちらつくはで しゃ~ね~ので 積んできたレインウェアを着ることに。

Rimg0992_2

 ↑明智平の駐車場。 

このあたり気温は10度切ってんじゃね~かな。。

ロープウェイ乗り場で順番待ってた団体さんが「寒いよ。。」って震えてた。

 

坂のぼりきって中禅寺湖までくると うっすら日差しが戻り気温は上昇。

平日っつ~こともあってガラガラ状態。 

でもいいよね~日光はいつきても。

空気が違う。 宇都宮とは。 タバコで汚れた肺がすこし浄化される気がする。

(だったら吸うなよ。。爆)

竜頭の滝超えたあたりで雲も切れ 

だんだん気温が上がってきて結構暑くなってきた。

  

Rimg0984

 ↑光徳牧場で牛乳。 定番

 ホントは絞りたての冷たい牛乳飲みたいんだけど、幼少の頃より

慢性の「冷たい牛乳飲むとお腹痛くなる症候群」にかかっており、

ツーリング中は特にキケンなのでホット。

 週末ともなるとゲロ混みの牧場も、今日はドヒマなようで お客はオレ含め4組。

 たぶん思ってんだろな~ 

 「平日に暇なヤツだな~」 

 「会社リストラされて ヤケになってバイク乗ってんのかな」とか …(笑)

売店前のベンチでしばし休憩sleepy

 

その後中善寺湖までもどる。

Rimg09872kai

 ↑am10時30分頃 happy02

 朝から男体山にかかっていた雲も だんだん晴れてきた。

中禅寺湖畔は初夏を楽しむ観光客で混んできた。

 

 とりあえず腹減ったので 下界におりる。

 

『インプレ』

(M3Jに比べ)エアダクトが増えてるので

うああキロ/h」以上で走るととってもキモチいいです。

でも街中チンタラ走ってるとたいして変わんないかな。。

帽体自体は若干大きくなってるけど重さは変わんない。

片道100キロ程度のツーだったら肩こりはしなさそう。

肝心のフィット感は 最高!!

 

M3Jで気になっていた「風切音」

これは大して変わらず。

BELLもそーだけど 輸入品ってうるさい。

つーか 外人って「風切音」を気にしないのかな。。

 

まあとにかく 

オレの為に作った特注ヘルメットみたいです。

 

今週末、イケメン社長元ヤン店長たちとツー予定だけど、

バッチシ活躍してくれそーなメットでしたhappy01

そーいやこのデザイン

ローライダーでかぶったら結構イケるかもねshine

同じアメリカのブランドだしね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年5月31日 (火曜日)

ナナハンのツーリング仕様

え~通勤快速のカブ750ccですが、ここ数日は台風の影響で出番なし。

ローライダーに至っては3週間エンジンかけてませんね。。

やだね 雨ってgawk 

 

ちなみに 雨rain降ってるときは長男のパジェロ借ります。雨ん中バイク乗るなんて…そんなそんな。。

はっきり言ってそこまで根性ありましぇんから。。。(泣)crying

 

そーいえば先日ツーリングのお誘いをいただき、6月の2週目あたり出かける予定。

候補は「大内宿」 「日立」 「渋川」あたり

久しぶりの遠乗りになる予定。 雨降んなきゃいいけどねhappy01

 

そーいえばバイク乗るよーになって ちょこちょこ走り行ってるんだけど、殆どがソロツーということもあって、ただ走って走りまくるだけ。

それにメシ食ったりする時間がもったいないし、写真撮るにしても「カメラ持ってくのおっくう」だから記事アップしなかったけど、今度はマスツーなので旅の記念にバシバシ撮ろうと思います。

 

参加予定者は 

 ヤマハ YZF-R1を駆るイケメン社長

  いや~まいったな。。 R1だってよ R1   

  R1つったら 800馬力で最高速600キロ/hだよ  (実はよく知らない) 

  両手広げれば 離陸しちゃうんだからさ          (飛行機かよ。。)

 

 ゼファー1100を転がす 元ヤンのU店長

 いや~まいったな。。 セファーだってよゼファー

 ゼファーつったら硬派の代名詞 まさにオトコのバイクだよね

 女性が乗ると勝手にエンジン吹けて 一気にレッドゾーン。直後昇天します (18禁)

 

 ③バイク不明  そもそも来るか来ないか不明

  U店長からの情報によると たぶん来るんじゃね~かと… 

 

 ④ホンダ CB750 オレ

 最初はローライダーで参加とも思ったんだけど、

 なにせR1とかゼファーと一緒に行くので。。(うわぁ㎞/h以上出ないとヤバイ旅)

 そーいうことで 通勤快速をツーリン快足に変更

  

 とりあえず 手ごろなシールド装着 (雨の日曜日 ガレージにて装着)

2_2

 ↑ライトのカバー外して ライトケースと車体をとめてるボルト緩めて……

   なんかキモいね 目ん玉落っこちちゃったみたいでさ(苦笑)

    ……めんどくさいので途中省略……

   最後に 光軸調整しておわり  ねっ!簡単でしょ (全然わかんね) 

Photo_2

 ↑ デイトナ ブラス トバリアー 

  テキトーに写真撮ったからイマイチはっきりしないけど 

  要は大きなメーターバイザーのこと なんちゃってカウルだね

Photo_3

 ↑ 乗る側から見るとこんな風

 

 コレ付けたことで”ネイキッドらしい”スタイルではなくなるけど、それよりもツーリング中の風の抵抗を「少しでも」減らし疲れないことが大事。

 ちなみにローライダーじゃカウルなんか付いてないから、高速で「1●●㎞/h」以上になると直接空気のカベがぶつかってきてカラダが吹っ飛びそーになる。

 コレはCBでも同じこと けどまだローライダーよりかマシだろうなぁ

 

ゴタク並べてないでとりあえず乗ってみた。

            ― インプレ ―

 今朝の出勤  まだ低気圧に影響で東風ピューピューdash

 広い幹線道路 50ロで走る  効果はあまり感じないので

 左手のグローブ脱いで 風の抵抗を確かめた

 さすがにブラストバリアの内側(メーター前)と外側(グリップ)じゃ全然違うけど

 といっても 内側でも「扇風機を強で回してる程度」の風圧はある。

 あれっ? 「案外大したことね~な」と思いつつ

 

 自動車専用道路を100キロで走る  かなりの効果あり

 ブラストバリアーの最上部から逃げてきた風は肩の付け根あたりに当る。 ちゃんと上に逃げてるってことだよね。

 大げさに言えば 首から下は”ほぼ無風”に感じるほど。

 スピードが上がるにつれバリアーの内側と外側の体感差が開いてく。

 「空気のカベ」 

 確かにカベはあるんだろうけど、バリアーがカベをぶっ壊していく感覚。 

特にサイド(グリップ付近)はその差が開く。

 

 効果の体感域は(たぶん)70~120㎞/hあたりかな

 つまり 通常の街乗りじゃ あんまし意味ないかもしんね~ね(笑)

実はこないだ「フルカウルのSS」試乗したけど、そんときは50~60キロでカウルの恩恵味わえた。

 ネイキッドでここまで風避けできたら合格かも。しかも安いし(笑)

  

さぁ明日は早起きして 小来川でも流してきます。

 

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2011年5月12日 (木曜日)

スタビ装着

スタバcafeじゃね~よ スタビだおhappy01

  

つーわけで 通勤快速に必要な部品ということでスタビ付けました。

コンバットマフラー付ける数日前ですけど(笑)

 

ハトヤさんの通販でアクティブ製のめっけました

Photo

 ↑RC42 (~08’)  体感!コーナリング  だって

 

Photo_2  

 ↑「怪我しないでください」というご案内状と軍手

   エレ~親切ッスねwink 

Photo_3

 ↑箱から取り出し 分解してみます。

  組み立てはすべてヘキサゴンレンチ(六角ボルト) ネジなめることはありません

[外観]

Photo_4

 ↑装着前

Photo_5

 ↑装着後 

見た目が”なんとなく強そう”になり 走りも期待できる感

 

2

 ↑取り付ける際の注意点  ○の中

Fフォークとフェンダー固定穴に「ブレーキホースステー」が共締されてますけど、スタビ装着の際は写真のよーに一旦ネジ外して向き(取付角度)変えないとダメ。

メンドくさいけど両側やりました。

 

[インプレ]

テストコースとして使ってる「往復70キロのコース」で試してみました。

 

ネットじゃ 

「フロントのフワフワ感が無くなった」 「剛性感がアップした」

「ワダチに足取られなくなった」とか 「○○○感」がアップと書いてあるけど

 実際のトコロ そこまで感じなかった。

つーか どこらへんの条件でテストするかによって

フィーリングも変わってくると思うけど 

クルマでも同じだけど

スタビって ネジレてからその反発で矯正するものだから

チンタラ走って ゆっくりコーナー曲がる程度じゃ

ぜんぜん ネジレないんだよね。。。。(爆)

  

「フワフワ感」はともかく 「剛性感」のアップを感じるくらいだと

サーキットでも行かね~と ムリだわな(笑)

 

今度 コース予約して 試してきますわ。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年5月10日 (火曜日)

マフラー交換&山までひとっ走り! 

いや~ それにしてもイイ季節になってきましたhappy01sun

日中は暑くて半袖OKだもんねsun

そーいや最近 ローライダーの出番は月2だなぁ。。

そのぶん通勤でも使ってるCBはほぼ毎日だし。 

あっという間に走行距離が逆転しちゃいましたね。。。。

  

[本題]

うちから西にすっと行った先に「古峰ヶ原」ってトコあんですが、そこにデケー天狗のお面が殿中にかかってる由緒ある古峰神社があります。

土日ともなると新緑・紅葉のシーズンには観光バスでドっとご年配の方が押し寄せます。(いったい何のご利益があるんだろーか?)

 

だいたい片道35キロ程度。

この距離 バイクをいじった後、調子をみるにはちょうどイイ距離。

特にマフラー交換の後は、しばらく「へんな臭いとか白煙」が出ちゃうからとにかく走らなくちゃダメなんだよね。。

この往復70キロってのはちょうどイイcoldsweats01

それに適度なアップダウンあるし、ちょっと山道入れば「プチいろは坂」もあり。

早朝だったら ほとんど通行車両がないのでご迷惑かけない範囲でイロイロ試せます。

 

突然ですが「通勤&コンビニ用」にと手に入れたCB750ですが、「SP忠男」のコンバットマフラーに交換してみました。

オンラインストア限定の「取付サービス」を利用して。

Sp

 ↑ウチまで来てくれました(東京から…) 

  ホームページでおなじみの木川さん。 やたら好印象のかたで

  作業中ずっとバイクの話してました。(バイク好きなんだなぁ~)

Photo

 ↑いわゆるトランポですな (中はプロ御用達のツールがいっぱい) 

Photo_2

 ↑この箱にマフラー一式入ってる

Photo_3

 ↑純正マフラー取り外し作業

  この日はあいにく悪天候で 小雨がずっと降ってる状態。

  キャンプ用の簡易タープ立ててその下で作業してもらいました。

  さすがにプロらしく、純正マフラー取り外し作業前に

  傷付けちゃいけない部分をガムテでマスキング。

  とても丁寧に扱ってくれます。

Photo_5

 ↑完成!  SUPER COMBAT PURESPORT S チタンブルー

  作業時間 約90分 悪天候にも関わらずありがとうございました。

  ついでにお願いして「メインスタンド」も取り外してもらいました。

  

 <インプレ>

 ①音♪  アイドリングからして純正とは全然違うズ太い音、

        でも全然近所迷惑じゃないレベル。

        「住宅地でも安心して暖気運転できます」 マジ

        全体的に「低音」になったというか 特に2500~4500回転あたりは

        リッターバイクと間違うほど。

 ②トルク  5速2000回転からもグイグイ加速

        一方街乗りは 渋滞20km/hでノロノロ運転でもずっと5速で

        いけちゃうほど(マジ スクーターかとおもた)

 ③見た目 好みはあるけど「いかにも!」って感じで気に入ってます。

 

    古峰ヶ原までの「緩やかで長い傾斜」はバイクの性能試すのに最適ですが

    すべての回転域で純正を超えたレベル。

    満足。 うん。 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧