小旅行

2014年10月20日 (月曜日)

【紅葉2014】桧枝岐の裁ちソバ食ってきた

         

え~10月も半ばを過ぎ、各地で紅葉真っ盛りニュースが伝えられる今日この頃。

昨年に引き続き桧枝岐方面に行ってきた。

 

昨年は駒止湿原探索と只見の山六食堂での鴨ソバ。

-------------2013年の旅---------------------

秋空と蕎麦と湿原の旅(南会津)

--------------------------------------------

  

ことしは桧枝岐紅葉見物と

「名物 裁ちそば」を食うこと ←こっちが本命

  

宇都宮から約140㎞ 下道をゆく

今市→鬼怒川→三依を通り桧枝岐方面に。

三依の男鹿川沿いの紅葉は見事だったが、まだ7分程度

 

三依を過ぎ国352号を桧枝岐方面に左折 人気のスキー場を通り過ぎさらに山奥へ。

道沿いの里山は確実に紅葉していた。

014

  

目的地の「桧枝岐」だが

場所的に駒ケ岳と、燧ケ岳、帝釈山に囲まれ、それらの間を通る檜枝岐川と沿線の国道352号沿いに位置する。

特に燧ケ岳 (2,356m) は、東北地方で最も標高が高い山である。

オラは若いころオフロードバイクで林道を通り川俣湖から帝釈山の麓を抜け燧ケ岳まで走破したことがある。

村役場に隣接した集落の他は、村の面積のうち約98%を林野が占めている。

福島県内で人口が最も少ない市町村であり、日本一人口密度の低い市町村 となっている。

 

まさにそんな感じで、所さんの「ダーツの旅」に出てくるレベル。

たしかにオラが会った「第一村人」はカカシだったよ まじ

   

とりあえず紅葉見物は後回し。そば屋に急ぐ

Photo

↑ やまびこ山荘のそば屋

 旅館「やまびこ山荘」の1階でやってるそば屋で、蕎麦のガイドブックでは常に1位か2位にランクされる有名店。

すげー混んでたよ。。 まあ座れたけど蕎麦出てくるまで40分かかったけどな。

【お知らせ】 

来月で「お蕎麦屋さんは閉店」するらしい。  

の美味い蕎麦は旅館宿泊客だけにしか出さないみたいだ。

マジ 泊まってでも食いたい蕎麦だ   

    

人気メニューをチョイス

Photo_2

 ↑裁ちそばセット(ざるそば・はっとう) 1,150円

あのね、基本蕎麦は好きだからオラ的な評価は「ウマイ!」か「スゲーウマイ!」どっちかしかないんだけど、

コレは

「スゲースゲー美味い!!」(*゚▽゚)ノ

細かいことは書かないから食ってね。

※注意点 ソバの量多いです

   

ソバを堪能したので紅葉狩に(ついで感が・・・)

Photo_3

 ↑ご存じ 奇景「屏風岩」

川沿いの絶壁と紅葉。これも見事だった。だいたい7分だな。

来週あたりが最盛期っぽいね。

     

来週ね~  悩むね~

中禅寺湖で湖上から紅葉みるか、鬼怒川渓谷でハイキングするか。。

この時期は悩みが多すぎるわ(笑)

| | コメント (2)

2014年7月25日 (金曜日)

犬山城見学 弾丸ツアー!

  

まあ 結論から言うと無事帰ってこれたんでブログ書いてるわけだが、

オラとしてはよく事故んなかったな。。。

つーのが正直な感想Σ(;・∀・)

  

タイトルどーり

40年来の幼なじみW君と犬山城見学をしてきた。

W君とは小学校は違ったが、4年生か5年生の頃、そろばん塾で知り合い公園であそぶ仲になり、その後偶然同じ中学に進学した。

中学3年間同じクラス。

 

彼は勉強がよくできて秀才タイプ。

性格は穏やか 現在は内科医

   

オラは・・・お察しのとーり勉強は苦手でサッカーばかり。

性格は粗野でいい加減。。(今もかわんねーな…)

どこにでもいるサラリーマン(´Д⊂  

     

それが、なぜか気が合い今に至ってるわけだ。不思議だ!とよく言われる。。

オラも不思議だ(=゜ω゜)

   

そのW君と以前から「城を見にいくべ!」と話していたのが今回の弾丸ツアーだ。

  

ところが一概に城と言っても、栃木県は城跡はあるものの、立派な天守閣を持った城郭はないので、近いところで松本城行こうと話していたんだが、議論の末に犬山城になった。

それはそれでいいのだが     

問題はその距離で

片道500㎞もある。   

Map

↑しかも日帰りだし。。。 

な!わらえるだろ(笑) 笑えよ。シクシク

1日で1000キロだよ

直距離トッラク並みだな    

行けなくもないが、二人合わせて96歳だし。。下手すりゃ死ぬし。。

 

まあそんなところで見学のお話にする 

--------------------------------------

1、期 日 7月20日(日) 早朝出発

2、天 気 奇跡的な快晴

3、移 動 黒のセダン

東北道を上り、北関東道を高崎方面へ

ジャンクションから上信越道に合流

その後更埴で長野道→中央道

 

犬山で降りて20分ほどでお城に着いた。

だいたい200㎞で運転交代。

ヤバい時間帯もあったが、話し相手が側にいるので眠くはなかった。

  

やっとのことで犬山城城下町に駐車

登城口からゆったりとした石畳を登って行く

121inu 

↑この時点で体力半分。。 ここまで無事で来れたのが奇跡に近い。

   

おバカ話しながらダラダラ登る。

  

122inu

↑ やっとついたわ。。

案外こじんまりとした城だ。飾り気ないかわりに歴史の重さを感じる。

   

Photo

↑日本最古の(木造)天守閣

この城の前でいくつもの合戦が繰り広げられたはず。

そー思うと感慨深いものがある。

 

ここで簡単に【犬山城の歴史】

1537年(天文6年)に織田信康(信長の叔父)により建てられた。
日本最古の木造天守閣を持つ。

尾張(愛知県)と美濃(岐阜県)の国境に位置し、戦国時代は主要な合戦場であり、城主もその都度変わった。

つい最近まで個人所有の城としても有名だった。
 

小牧・長久手の合戦(1584年)の際は、秀吉が12万の大軍を率いてこの犬山城に入城。

小牧山城に陣取る徳川家康と戦った。

  

【犬山城の構造】

3層4階地下2階 木造天守閣をもつ

 
各階には、高欄・破風・武具・書院造など多くの部屋(間)がある。

武骨な梁や柱などに歴史の重みを感じる。

 
天守最上階には回廊があり、目下を流れる木曽川や北に岐阜城、南は肥沃な濃尾平野を眺めることができる。

天下の要衝に位置する日本の歴史を見続けた城

    

500キロも運転したあとなのでヘロヘロになって城見学をした。

得るものがたくさんあった。充分感動した。

   

そろそろ12時 猛烈に腹が減ってきた

029

↑城下町のお蕎麦屋さん

W君は10割蕎麦 オラは2:8の天ぷら付蕎麦

空腹の為か無言でペロっと食ってしまった。

   

その後木曽川の反対側(岐阜県)に渡り川面に映る犬山城を撮影

124inu

↑齋藤道三はこんな感じで織田領を見ていたはずだ。

   

帰路は行きと同じ道を辿って戻ってきた。

  

帰りの車中で「次はどこ行こうかねえ…」

「彦根城がいいんじゃね?」

「そーだね~」

「でも今度は泊りだね~」

  

そんな他愛もない会話が続いた。

   

そーだよね。。

あといくつか行きたいよねえ

還暦前に!

 

 

 

| | コメント (6)

2013年12月14日 (土曜日)

東古屋キャンプ速報1

えー現地から速報です。
   
東古屋のカブパパさ〜ん。
 
はいオラです

こっちは雪ふってます
映像おくります


Image
   
はー酔っぱらった。。。
おやすみなさい

 

 

その2へ続く

 

| | コメント (0)

2013年10月 2日 (水曜日)

秋空と蕎麦と湿原の旅(南会津)

蕎麦の旬といえば秋

収穫されたばかりの蕎麦粉で打つ南会津の蕎麦は 

まことに美味であるな。 のう サル  (織田信長)

戦国の世も蕎麦は秋の風物詩だったようである。(ウソウソ(;゚∇゚)) 

「食欲の秋」という言葉を聞くと やたら腹が減るカブママ

そのような現象を「パブロフの●」というのだが

もちろんオラもこの季節だけはやたら腹が減る

今週は忙しかったし(もちろん仕事) リフレッシュも必要

sun秋晴れとなった日曜日 美味しいものを食いにいった。

最近バイクで出歩いてばかりなので 今回はクルマで!

会津方面に出かけてみた。

2013年9月29日(日)

コンビニで ジャガリコとチョコ、そして飴玉を買い込み

いつものように宇都宮ICから東北自動車道路ビューrvcardash

西那須野IC降りて400号を塩原方面へ

三依を過ぎると秋の風になってきた。

さらに分岐を左折左折右折と 2時間半

不安になるくらいの山奥を走る

着いたところが ふくすま県(現地読みだよ) 只見町

Photo

 ↑ こーしてみるともうちょっとで新潟県だね

 地図で見ると遠くへ行った感じがするね

この只見 本州有数の豪雪地帯で冬は通行止めとなることが多い

以前は(交通機関が)会津若松からの列車だけだったらしい(冬)

ちなみに只見線

Photo_2

↑会津若松(福島)から小出(新潟県)

 よくこんなとこ列車走れるよな~~と感心するほどの田舎

TVで「日本全国ダーツの旅」ってあるけど

まさにそんな風景が続く

ちなみに第一村人は 乳母車押してたお婆ちゃんだった。

-------------------------------------------------

【 南会津の蕎麦 】

011  

↑ 山六食堂 

前回来たときは大地震の前だった。ご無事でなにより(*^-^)  

007

↑ これが目的の 鴨ソバ

 量は大食いのオラでも普通盛りで充分

お新香の鉢が付く

009

↑鴨肉のいい風味が食欲をそそる

 蕎麦の香りも素晴らしいが ここでは鴨の勝ち!

 つけ汁にも鴨の油が溶けて この上ない芳醇な香りを漂わす

食堂に来る客の”おそらく”8割は注文してんじゃないかな。。

とにかく名物  絶対美味い! 

実は ザビエルが大海原を超えて戦国の日本にたどり着いたのも

キリスト教の布教なんかじゃなくて

この鴨ソバが目当てだという説もある。

なぜなら 店前の農協のおじちゃんの頭が

ザビエルそっくり! 子孫か?

実は他にソースかつ丼食った

(カブママが どーしても食いたい!っていうから…) 

満腹になった(o^-^o) 美味しかった 来てよかった

帰りは来た道を戻るけど

少し運動してカロリー消費しようということで

湿原を散歩することにした

------------------------------------------------ 

【 高層湿原へ 】

田島から約20分

駒止(こまど)湿原に到着

南会津町と昭和村にまたがる標高1100mにある湿原

018

↑ 尾瀬ヶ原の縮小版って感じだが

 植物の種類は駒止湿原のほうが多い

もちろん入場無料だが、靴底についた汚れを落として入山

012_2

↑ココの入り口からは想像できない景色が広がる

 カブママは初めて 天気もいいので軽装で入る

012

↑最近多いんだよね。  馬鹿カメラマン。。

狭い道に三脚広げて 他の通行者のことなど考えていない。そりゃなかにはマナーいいのもいるが、オラ的に見てそんなのわずかだね。 

話はそれるが 沼原湿原でも木道目いっぱい三脚広げて踏ん反り、足の不自由な方の杖歩行を妨害していた。

たまりかねたオラが注意すると

「なんだバカやろー ココはオメエの土地か? オメーに指図される覚えはね~わ!」と言いやがった。 あっ地元っぽいコトバ(爆)

でも「オメーの土地でもねーべよ」 (苦笑)

そのときはオラ含め大勢で抗議したこともあり 基地外オヤジ達は渋々どいたが、オラの背中にぶつぶつなにか言っていた。

あっちなみに帰りに駐車場でそいつらに会った、悔しかったんだか生意気にこっちにガンくれてたが"あるもの"見せたらだまってビビッてた(笑)

だいたい50~60代に多いね そーいう基地外オヤジ

(カメラマン = エライ=特権 )とでも思ってるのか?

迷惑である………  あとはわかるな。

今回は そーいうバカいなかったのでキモチよく歩けた(*^-^)

013

↑そろそろ色がついていた 

014

↑草紅葉も始まってきたね

015

↑最高の天気!! 日差しは強いが 風が涼しく気持ちいい

 オラ達以外には2~3組しか出会わなかった。

016

↑ ススキの原っぱに生える1本の白樺 感傷的だったので撮ってみた

蕎麦も美味かったし 景色も最高のドライブだった

そしてもうすぐ栃木にも 本格的な秋が訪れる

| | コメント (2)

2011年9月16日 (金曜日)

誕生日は博多でラーメン

しかし。。 9月にはいっても暑いね~catface

去年も暑かったけど、例年だとオレの誕生日あたりは涼しいんだけどね。

 

以前は誕生日が祭日ってことで休めたけど ここ数年祭日じゃなくなっちゃった。。

 

まあそんなことは政治家が勝手に決めてるんで しょ~がない

気を取り直して

今年の誕生日は博多でなんか食おう! 

ということで行ってきた

 注) 今回はバイクじゃないよ いくらなんでもcoldsweats01good

12  

 ↑モノレールで羽田まで 

  個人的に言うと この浜松町から羽田第2までの時間がけっこう好き。

 ほとんど水辺を走ることもあって 大好きな船が見れるから

 

10

 ↑ 行きはANAでバビューン!airplane

 

11

 ↑ココ数年 フライト前には絶対食う「そらべん」

  

9

↑ 奥さんには「こーいうの あまり食うなよ!」と言われてるけど

  ついつい食っちゃうんだよね 縁起かつぎの意味もあるし

 

約90分飛んで福岡空港。 その後タクシーで博多まで

 

ホテルで夕飯テキトーに食って 夜の街の繰り出す

博多駅前からテクテク歩く  祇園のパチンコ屋を左折して

中洲方面へ

8

 ↑ 中洲は明るいよねぇ。。 この時間(20時ごろ)宇都宮はまっくらだもんね。。

7

 ↑ 日本一桃太郎

 まあ説明する必要ないですな。 伝統的な大人の遊び場だすbleah

 でもね、詳しくは書かないよ あんま覚えてねーし(爆)

2

 ↑テレビで見る光景  川沿いは屋台だらけ

  さ~どこ入ろうかな

5

 ↑ けっきょく「白ちゃんラーメン」

 4

 ↑  トンコツ これが うんめ~んだよ

    あのね~ 麺もスープもGOOOOD!だんだけど

    実はちょこっと入ってるチャーシューがいい味出してんだよ。。

     

    他にも有名な屋台ラーメンあるんだけど、まあ味に好みがあるからね

  

3

 ↑ 典型的な 細麺 若干硬ゆで   結局替え玉追加した

 

 ちょーどこの写真撮ったとき アイフォンの時計が午前零時を示した。

 あっオレ 46歳になっちまった。。

 いろいろ旅してるけど

旅先での誕生日は初めてだった(笑)

 しかも屋台のらーメン いい思い出になった。

  

そーいえば お隣の県(海峡の向こうだけど)で国体に参加している

JUNの兄貴。

一緒に飲めなくて残念でした。  こんどは仙台に飲みに行きますヨロシコ。

 

  

1

 ↑帰りの便  JALカウンター脇の軽食コーナーで

 楽しい旅でしたwink

 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010年9月27日 (月曜日)

天女山に行こう!

 

ぁ~あああああぁ~note (北の国から風)

 

あんだけ兇暴だった夏の日差しも いったいどこ行っちゃったのか…

最近では 昼間こそ暑いときもあるけど

特に朝晩なんか涼しくなってきましたねcoldsweats01

Photo_2

 こんな風景が野山に見られるよーになってきました。。

 

そろそろ写真の季節かな。

今年のお題は『高原の草花』 とくに標高1000㍍超え限定。

 

ちなみに 今回は長野:山梨方面がメインとなる予定で

1月にも8月にも行った「八ヶ岳」方面

 

8月の記事

「高原へいらっしゃいました!」

Dennpa

 ↑野辺山の電波天文台 (ぱっと見 どー考えても特撮にしか見えない)

 

この野辺山から清里のかけての高原は、高原植物の宝庫で

とくに八ヶ岳倶楽部の先 「天女山」付近にはマツムシソウが咲きます。

287eace0c93bd1018a3d1024

 ↑可憐! (CHIKAさんより借用)

高原っていえば下界と大きく違う点で

夏と秋の草花が ほぼ同時に咲くってとこで、

タイミングさえ合えば スペシャルラッキーsign01ですが

ちょっとでもタイミング遅れると あっという間にただの原っぱに(泣)

 

同じ可憐て意味では ミヤマウイキョウあたりがいいですね

セリ科の中では葉の切れ込みが細かく、高山でよくみられる花としてはとても人気が高いですね。

 

まっいろいろゴタク並べてても、とにかく早く行かないことには すぐ冬になっちゃうから来週あたり行ってこようと思います。

ついでに八ヶ岳倶楽部のフルーツティでも飲んでwink

 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010年8月17日 (火曜日)

丸沼と光徳

みなさんhappy01 お盆はどーお過ごしでしたかnote

 

実は 数年前に5億で買った

スペインのマジョルカ島にある別荘に行こうと思ったんですが

P6593

自家用飛行機airplaneの調子が悪くてannoy。。。 

(オメー嘘つくなよsign01

 

しょーがないのでweep 気分を変えて 

奄美大島の別荘に行こうと思ったら

Image09041302

まだ建築途中だって。。。。 

(コレも めちゃくちゃウソくさい)

 

しょーがないですよね。。。

つーことで 今年は家でじっとしてようかなと思ってた矢先 

家族が 

やっぱり どっか連れてけsign03 とるさいので

近場にドライブ行きましたhappy02

(やっとホンネscissors

  

せっかく行くなら まだ行ったことない場所ということで

金精峠の先 『丸沼』です    (かなりのランク落ち)

 場所はググってねbleah

 

行き方を詳しく書くと

日光道路のって いろは坂のぼって 峠を越えて

そのまま道なりに。。。。。。。rvcardash

(詳しくネーよ。。。)

Rimg0710_2                             

 ↑スイスのレマン湖  丸沼湖畔にて

お盆もちょっと過ぎちゃったせいか 人もまばらで伸び伸び遊べました。

ここの湖畔にはカタチの変わった枯れ木が点在してます。

Photo_2

 ↑立ち枯れしたまま 中身が腐っちゃった (おそらく松系?)

  写真奥にも同種のものが写ってます、この丸沼が霧に包まれるとこの立ち枯れが『オバケ』のように見えて結構コワイですcrying

ココは秋になると 紅葉の名所で

湖面に映った紅葉を撮りに カメラマンが押し寄せます

  

けっこう遊んだので 日光方面に戻りました

お昼になって なんか飲もうということで

戦場ヶ原の端っこ 光徳牧場 

Rimg0712

 ↑牛乳を飲みまくる 家族の皆様。。。

 

牧場併設の売店では

『新鮮な牛乳』『ソフトクリーム』を味わうことができます

 今日は『牛乳』だけをいただきましたが、相変わらずクリーミーで濃いsign03

そのあと 牧場を柵沿いにクルっと回って光徳沼まで歩きました。

 

灼熱地獄の下界とはうって変わって「さすが高原sign03

さすがに日差しは暑いsunsunですが、

木陰にはいると さわやかな高原の乾いた風がhappy01

エオリア~~~♪ エオリア~~♪

なんとなく徳永の唄が聞こえてきそーですnote

 (病気だよ。。) 

帰り道で気づいた風景

大きな湖(中●寺湖)のそばにある売店の看板

Rimg0719

 ↑なにげなく見てたんですが、よく見ると 「新潟産コシヒカリ」と書いてある。。。。

coldsweats02あのよ~   ココ栃木県だべよ。。

しかもよ 世界的に有名な観光地だべpout 

いわばよ 栃木の誇りだっぺよ。。 あ~んannoy

 

オメ~よ ソコは

「地元栃木県産のコシヒカリ使用」とか

書くんじゃね~の ふつー。。。

せっかく 存在感の無い知事のかわりに

U字工事が頑張って

 「栃木」 「北関東ナンバーワン」

宣伝してくれてんのにさ。。

   

まあ 高原の涼しさを味わったり

ふざけた売店にムカついたりの ドライブでしたsign03

 

最後に 

8月でありながら 秋の訪れを感じた一枚

Rimg0718

 ↑トンボ    (赤トンボじゃなかったです)

半月山の駐車場で長男が捕まえました

あと半月もすれば ここ日光は

葉が落ち、色をつける木もでてくるんですねえhappy01

 

いい避暑の旅となりましたsign03

 

明日はこのブログのタイトルにもなってる

「八ヶ岳」にいってきますよおおお~~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月24日 (土曜日)

南会津 とんでもラーメンツアー

いや~久々の更新だね。

 

なんだか仕事が忙しくて(ウソウソ)

 

まっどーでもいいけど

久しぶりに小旅行っていうか 軽くドライブしてきました

 

行先はふくすま県 下郷町

塔のへつり

阿賀川が長年侵食と風化を繰り返した結果できた奇跡の景観です

Photo

 そこで名物おばちゃんの美味い味噌汁食って

 しっかりお土産に味噌買いました。

 

その後 会津若松方面に車を走らせ

【牛乳屋】食堂でラーメン食おうと思ったんですが

ゲロ混みで 諦め。。

 

仕方ないので田島の街中でラーメン屋さがすことに

 

駅前のとある食堂

 

どーにも腹減ってたので飛び込みました

店の前には「会津ラーメン」ののぼり旗

 

期待に胸ふくらませ(腹はへこませ)飛び込んだとたんに注文

「会津ラーメン」ちょうだい! おばちゃん

Photo_2

 メニューには 「味自慢」

いわゆるご当地ラーメンですね。

栃木にも結構有名な「佐野ラーメン」てありますが

「会津ラーメン」って 正直言って初めて聞いたな。。

 

待つこと15分

さっそく食ってみることに

Aizuramen_2

ほぼメニューと同じ見た目

 

さっそくスープ

ん? ぬるい。。 

味 しょうゆ薄めただけのような あっさり味

つーか ダシ(スープ)控えめ??

 

麺 ちじれの普通の麺

具 山菜と錦糸卵

 

ん~ なんとも(^-^;

はっきり言って

山菜の出汁の味!

チャーシューは

ビーフジャーキー並みの硬度

ずいぶんかわったラーメンですね。

 

南会津の食べ物は どれ食べても

美味しいものばかりで 

一番の楽しみは「食事タイム」だったんですけどね。

 

これで いいんでしょうか?

値段は1000円近い。

 

 

これが会津ラーメンね。。。

よ~く覚えとこう

 

Photo_3

この胡椒の缶 いったいいつから使ってるんだろね。

フタもね~し。。

ラー油の瓶なんか ベトベトでキモイし。

嫁さんが頼んだ「冷やし中華」

 

店はどことは言わないけど

はっきり言って

ガックリきました。。。crying

 

家帰って 自分でつくった

スープ焼きそばの方が美味かったなhappy01

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)