« アウトドア道具紹介 ナイフ・ノコギリ・ナタ | トップページ | 戦闘飯盒2型でラーメン作ってみた »

2014年6月28日 (土曜日)

戦闘飯盒2型でご飯炊いた

(;;;´Д`)あ~ん

今日は土曜日だっつーのに仕事してるオラ。。

エアコンは「28度の冷房」という、いまいち理解しがたい設定。

エコの時代だし、さらに女子社員がスゲー寒がりなのはわかるけど、いくらなんでもよ、6月も終わりのジメジメした季節に28度っちゃねーべよな。。

つーことで軽くボヤいてみたわけだが……

さて本題

道具紹介シリーズも 一応今回で一区切り

ライターに始まってナイフまで9本の動画をYouTubeにアップした。

少しだけど反響もあり、「どこで売ってる?」とか「大きさ重さは?」とかの質問から、「こうすればもっと燃えるよ」とかの、実におせっかいなコメントまで。。(爆)

とりわけ「クッカー編」

アップして7日間で1000再生を超えたことは関心の高さを物語っている。

確かにオラもクッカーたくさん持ってるもんな~~

とにかくこのシリーズは作っていて面白かった。

雨で外出できないから「道具の整理でもしてみよう」という軽いキッカケから始まったわけだが、ここまで自分がハマるとは思ってもみなかった。  

それでは今回ご紹介するのはコレ↓

2

実は飯盒買うのは27年ぶり

なんで今更って感じだが、オラくらいの歳になるとアウトドア遊びの基本が飯盒から始まっているので、郷愁感じてしまうものである。

それにミリもの(軍用品)には不思議な魅力があるのも事実。

この戦闘飯盒2型だが

れっきとした陸上自衛隊の装備品である 

しかし、もちろん官品ではなくレプリカもの

設計図はPDFで公開されているので複製品を作るのはたやすい。

実際複数の会社がレプリカを製造している。

飯盒とは言っても、隊員が実際に焚火で炊飯するわけではない。

このことは各国の軍隊も同様で、メスキットと称されているものの殆どは煮炊きに用いない。   

レーションと呼ばれる戦時食を温めたり、皿代わりに使っているのが現状。

どっちかといえば、煮炊きに使っているにはアウトドア愛好家だけ(笑)

能書きはいいから……実物を見てみよう

構成はこんな感じ

上蓋

中子

本体

Hango3

日本古来の兵式飯盒と比較して

上蓋、中子の容量が大きい

それに比較して本体に高さが無い

    

(中略) 手抜き

  

まあ結果的に美味しいご飯が炊けた!

Img_3665

↑炊き立て+おコゲの最強コンビ

ソースハムカツの卵とじで完食してしまった。   

      

 

それではいつものごとく 動画にしてみたのでご覧ください。

【ご飯炊いてみた】

これはね、

はっきり言って

クセになるよ

素直にいいもの買ったと思った。

【後述】

スウェーデン軍メスキットのマネをして、アルコールストーブと燃料ボトルを仕込んでみたが、肝心の五徳兼風防がない。

こんど自作してみようと思う。  

|

« アウトドア道具紹介 ナイフ・ノコギリ・ナタ | トップページ | 戦闘飯盒2型でラーメン作ってみた »

アウトドア道具」カテゴリの記事

コメント

こんにちは(゚▽゚*) また動画みさせていただきました。こちらにもおいで頂きありがとうございます。登録もしていただき感謝してます。私は飯盒炊飯すらしたことがないのですがとても美味しそうに出来たようですね。ご飯がおいしいとおかずはなんでもアリですね。お腹減ってきました(o^-^o)

投稿: mtg0421 | 2014年6月30日 (月曜日) 19:28

mmtg0421さん(*^-^)
またまたすみませんね~つまんねー動画ですがありがとうございます。
やっぱり
ご飯さえ上手く炊ければおかずは塩だけでじゅうぶん

またよろしくお願いしますm(_ _)m

投稿: カブパパ | 2014年7月 9日 (水曜日) 08:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アウトドア道具紹介 ナイフ・ノコギリ・ナタ | トップページ | 戦闘飯盒2型でラーメン作ってみた »