« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

2014年5月27日 (火曜日)

ファイアーボックス火入れ式でラーメン作ってみた

 

先日買ったファイアーボックス

5月23日「ファイアボックスをポチった

 

いても立ってもいられず さっそく河原で火入れ式をおこなった

Img_35452

----------------------------------------------

2014年5月25日

・天 気 曇り

・場 所 鬼怒川のいつものところ

↑まーねー とにかくよく燃えるわ

正直 高かったがいっぺんで元とれた気がするくらいよく燃えてくれたわ。

 

よかった点

① 着火が確実

② 見た目より煙突効果がある

③ 鍋サイズにかかわらず載せられる

 

 

よくない点

① 重い

② 高い(価格)

③  洗いにくい

 

でもまあ 完全合格だ

オススメです。

 

 

| | コメント (4)

ファイアボックスをポチった

 

 

え~ 全国5000万人の 自作ストーブファンのみなさんこんにちわ~

 

 

 

いままでいろんなストーブを自作してきたが

620145

 ↑ 1~6号機まで (2014年5月時点)

 

 

木質燃焼系ストーブの既製品って買ったことがなかった。

それは あまりにも高いから。。。。

 

でもまあ ここまで自作してきたんだから

たまには既製品でも使ってみたいという自分勝手な願望を抑えきれず、amazonでポチってしまった。

先天性ポチり症候群

 

--------------------------------------------

2014年5月23日

カブパパ邸 秘密の小部屋にて

 

酔っぱらってますが気にしないでね

オヤジだし

 

とりあえず開封動画を作ったのでみてください

 

アメリカ製  

収納サイズ 190×137×10㎜

重量約1キロ

とにかく・・・ 重い

 

言い換えれば 熱で歪むこともないだろう

 

手持ちのクッカー いずれも使用可能だから

いろんな場面で活躍してくれそう

 

早く火入れしてみたいもんだわ

 

 

| | コメント (2)

3月23日 MSRストアウェイポット燃焼実験

こんんちは 全国2000万人 3人くらいのMSRファンの皆様  

 

先日作ったMSRアルパインストアウェイポットにすっぽり収納できる「専用ストーブ」だが

さっそく河原で実験してみた。

MSRストアウェイポット専用ストーブを作った(6号機)

 

 

Msr

↑実験の様子

 

結果は上々! 

問題点、課題も残ったが次号機作成の糧としよう

では動画をご覧ください

 

 

これ 製品にして売り出したいくらいの出来!

 

 

 

| | コメント (0)

2014年5月17日 (土曜日)

新緑の小太郎ヶ淵で草だんご

    

わんばんこ 流浪のブログ

八ヶ岳移住計画でございます

   

  

いいね~ この時期

オラは1年を通じて新緑の季節が一番スキ

特に木々から芽が出だし なんともいえない青臭さが心地よい

     

そーいうことで

今回は高原山系の一つ「釈迦ヶ岳」を登るために高原山に向け出発した。

途中でちょっとしたハプニングがあり、登山道を引き返し 結果的に塩原で団子食ってきた。

登山できなかったのは残念だったけど

これはこれで、非常にいい思い出になった

---------------------------------------------------

2014年5月4日(日) 天気は最高sun

早朝7時に出発し一路高原山に向かう

Img_kusa3515_2

↑ 典型的なモンベラー。。。

この頃は 余裕ぶっこきまくりのオラだったが 、このあと地獄が待ってるとは。。。

        

出発後、大間々駐車場から剣ヶ峰分岐まで快調に歩く

Img_kusa3511

↑今日は八海山神社経由で釈迦ヶ岳山頂を目指す

    

Img_kusa3514

↑相変わらず絶好調のカブママさん

分岐からずっとこんな登山路を歩いてゆく。

険坂ではないが、ペースよく歩けば決して難しいコースではない。

   

  

だけどね。。。

オラね。。

なんか具合悪くなっちゃったのよ( ´;ω;`)

普段なら全然問題ないコースなんだけどね

運動不足なのか それとも衰えか?

軽い湯あたり症状っていうのか 目まいが……

   

こーいうときは パっと切り替え即下山する。

残念ながら今日は登れない。

まあこーいうことも あるわな   

   

でね~

せっかくここまで来たんだから塩原行こう!ということで山中の険道をクネクネ。

11時ごろ小太郎ヶ淵に着いた。

   

Img_kusa3516

↑ ココは 3月9日にも

小太郎ヶ淵 雪中トレッキング

で訪れた そん時はまだ雪だった

Img_3349

Img_3346

↑ 3月9日はこんな感じ 茶屋も閉まっていた

  

  

今回は 

前回あきらめた「あるもの」を食うのが目的

Img_kusa3518

↑ テレビでもおなじみ

 淵の左岸にへばり付くように建つ茶屋  

 

さっそく名物「草ダンゴ」を注文する

とにかく これを食いたかったんだよ

Img_kusa3520

↑ ジャーン!!!

草だんご と おでん サービスのワサビ葉の漬物

 

言葉でうまく説明できないので みてね   

Img_kusa3521

↑ ひと口大の草だんごと 甘さ控え目のアンコ

 それに香りがよいきな粉

  

そのバランスが絶妙だ!

Img_kusa3523

↑ いや~ 美味そうだろ!  

うまく説明できないよ~(*^ω^*)ノ彡

     

Img_kusa3524

↑ ごちそうを前に満足げのカブママ

 バクバク食ってたわ(笑)

  

 写真のバックに写る淵が「小太郎ヶ淵」

    

こんな最高のロケーションのなかで食えば

なんだって美味いよね~~

  

でもココの草だんごは別格

わざわざ来たかいがあった!

 

  

| | コメント (2)

2014年5月14日 (水曜日)

両親と軽井沢で三笠カレーくった

 

流浪のブログ 八ヶ岳移住計画でごわす。。

(なんじゃそれ(lll゚Д゚) 芸風変えたか?)    

     

ひさしぶりに オヤジ&かーちゃん カブママ&オラの4人で行楽してきた。

場所はオラが学生の頃2年間バイトしてた旧軽井沢

(夏休み中だったが、午前中アクセサリー屋の店番 午後は見晴らしまでジュース運び )

ええ時代やったぁ。。          

       

連休中の激混みを避けて行ったが、やっぱり混んでいた。さすが日本一のステータスを誇る軽井沢。 関東・関西・中部・北陸と 日本全国のナンバーを付けた車が列をなす。

アウトレットがオープンして以来、季節を問わず混んでる印象がある。    

        

そんなメジャーな観光地だが、両親連れてココ来たのは初めて。

今でこそ 北関東道路ができたので パッと行けるようになったが、それまでは栃木からのアクセスは最悪で片道6時間なんてのはザラだった。。  

   

母の日ってこともあったけど

親がすこしでも喜んでくれればイイナと思った。

    

--------------------------------------------------

2014年5月10日(土)

宇都宮 9時出発

ひたすら高速を飛ばす

東北道―北関東道―関越道―上信越道 分岐ばかりでめんどくさいよ( ̄Д ̄;;

休憩一回こっきりで約2時間で着いた

         

いつもの町営駐車場に停める

ココは全体的に敷地が斜めってるので ドアの開閉に注意が必要。

  

それでは旧軽銀座でもブラブラすっかぁ~! 

Kalimg_3528_2 

↑観光客らしく 焼き立て煎餅食いながら歩く

オヤジ かーちゃんは初めてらしい

宇都宮じゃありえない人ごみに ちょっと引く

        

「買わないけど」あっちこっちお店に立ち寄る。 テレビでよく出てるお店が立ち並ぶ。この通りの特徴として「流行に左右されないお店」が多いことがあげられる。

長年 おなじ商品で勝負できるって素晴らしい。

   

まあ正直言って ハチミツ屋さんが多いけどね

     

「あっこの店 テレビで観た~~」なんて言いながらのんびり歩くのも悪くない

     

  

見晴らし台行きバス停あたり (つるや旅館の前)で折り返す

   

今度は通りの反対側をブラブラ

生成りの生地屋さん 革製品の店でお土産を買う

        

それと今回は、是非両親に見せたいところがあったので

観光会館を左折し アンティーク通り(カブパパ命名)を進む

Kalimg_3529

↑ジャーン! 軽井沢会テニスコート

   

News128633_pho01  

↑古いひとなら知ってると思うが、ここが1957年(昭和32年)8月 避暑で訪れた皇太子殿下(現天皇陛下)がテニストーナメントで正田美智子さん(現皇后陛下)と出会った場所。

ひと言で言えば「ロイヤルテニスコート」

クラブハウスからして歴史がある(ボロいと言ってはいけない)

ひと言でいうなら「すんばらしぃ!」     

     

坂口医院の前を通り旧軽銀座にもどる

医院のつつじが満開でキレーだった

  

時は正午  ハラ減った

 

昼飯は以前何回か訪れたことのあるカフェレストラン

  

カフェレストラン パオム 

〒389-0102
長野県北佐久郡軽井沢町大字
軽井沢806-1
TEL.0267-42-8061

Paomugaikan   

↑今回は店内が混んでいたのでテラス席(2F)

Kalimg_3533

↑ お目当てはコレ 三笠ホテルカレー

明治の政財界の要人が愛したこのカレー  レシピを再現してある(らしい)

パオムで頂けるカレーはトロトロに煮込まれたチキンとコクの深いルー

コースには 前菜のサラダ コンソメ野菜スープが付く

   

なんともまあ 「美味しいわ!」

別に牛肉をひたすらワインで煮こんだバージョンがあるらしいが、今度はそれを食ってみよう  

Kalimg_3536_2 

↑2階テラス席 この日は風が強く寒かった。。。

でも銀座通りを下に見ながら食えるレストランは限られているので、雰囲気は最高だった。

   

このあと

かーちゃん カブママのリクエストで アウトレットでお買いもの。

時間の都合で1時間程度だった。

オヤジはEDWINでジーンズ3本買った。

出来上がりはたった10分 アウトレットならではのサービス

 

オラはGショックの安物探してたが、品揃えが少なく諦めた      

    

帰りに沢屋ジャム直営店で買い物 (軽井沢来たときは絶対寄る)

Kalimg_3537

↑ 季節限定「せとか」のジャムを買う

 女性陣 手当り次第「美味しそうなジャム」をレジに運ぶ。女ってホントに食いもんすきだな。。

    

帰りの高速 横川で休憩 定番のお土産を買う

Kalimg_3539

↑ 峠の釜めし

説明不要の 元祖人気駅弁 今さ1000円すんだよね。。

 

オヤジのおごりだった 帰宅して食った。

 

 

 

久しぶりに両親とお出かけして楽しかった。

そーいえば

親子4人 全員老眼 こんな日がくるなんてね(笑)   

   

さー 次はどこ行くかな。。。。。

 

    

| | コメント (0)

2014年5月 2日 (金曜日)

火熾し道具

   

  

あ~世間じゃ ゴールデンウィーク12連休とか言ってるけどさ~。。

オラの会社は暦どおり。仕方ないとは思っていてもなんか悔しいキモチ。

     

やっとこさ明日から連休なので

キャンプ(野宿)道具を点検してみた。

    

写真撮ったので ちょと紹介

 

--------------------------------------------- 

火熾し道具 (ひおこしどうぐ)

別名ファイアースターターとかフレイムメーカーとか

呼び方いろいろ

 

オラは 単に「火打ち石」と呼んでる

ちなみに

13歳で参加した日本ジャンボリー(朝霧高原)でつくった「火打ち石」セットは

黒曜石+焼き入れした板バネ+ガマの穂だった。 

  

  

こっちは最近野遊びで使っている 基本セット

001df

↑フェルトの巾着に入れてる(カブママ製) 

ちょうどタバコ箱くらいの大きさ

    

002df

↑中身はこんな

ファイアースチール

右端がご存じライトマイファイアーのファイアースチール スカウト2.0

3代目になるが 常に安定した着火性能を誇る

※ちなみにストライカーが笛(ホイッスル)になっている。 たぶん使う機会なんか無いだろうな。。

  

・ワセリンを浸した脱脂綿 

 これをほぐして直径4センチくらいの円にする。

そこにファイアースチールでスパークさせた火花を移す

火持がよく10秒くらい燃えてくれる。

※雨中でも使用可能

    

麻ひも 

3本によってあるので逆に捻じってほぐす

これも ファイアースチールから直接炎を熾すことが可能

※亜麻仁油に浸した麻ひもは、木枝に巻き付けてトーチ代わりに使うこともできる。

    

杉の皮

  滅多に使わないが、焼きスルメを裂くように細くして直接点火する。

※油脂が含まれておりよく燃える 実際は杉皮だけで湯沸も可能  

まあ 大体これらがあればなんとかなる

    

003df

↑こっちは 予備のファイアースターター

左のやつは アマゾンで @175円

正直 まだ使ったこと無いが マグネシウム棒が細くて100~200回位で折れそうな感じ。。あまり期待してないが気休め

右のは ボーカーのブッシュクラフトナイフに付属のファイアースチール

総金属製でずっしり重い。

 

004df

↑ ボーカーのをバラしてみた

マグネシウム棒だが直径8ミリはある。

三文判くらいの太さと言ったほうがわかりやすいか。

ちなみに画像上部に写っている金属カバーには コンパスが埋め込まれており「サバイバルっぽい」雰囲気を醸し出してる。

正直 重いので持ち歩いていないが、

スゲー気に入ってる逸品です!!

    

まあこんなところだ。

これ以上あっても使わない(使えない)し こーいう基本的な道具はよく使い込むことでその性能が引き出される。

   

 

最近YouTubeの関連動画みてて思ったんだが

フェザースティック作るの(使うの)流行ってるの??

  

あれって たしかにナイフの正しい使い方学ぶにはいいのだが、なんかさ~コンベックスだのマイクロベベルだのスカンジだの どこで聴いたのかやたら専門用語使って得意げに説明する奴がいたなあ。

縦目の通りに木端出しで削るだけだろ 要は火を着きやすくするだけだし   

  

そんなに難しく考えなくてもいいんだよね

はっきり言って… オルファの厚刃カッターで作るのが一番カンタンでキレイにできるから(笑)

笑えるわ

    

 

| | コメント (4)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »