« 小太郎ヶ淵 雪中トレッキング | トップページ | 2014年4月11日 残雪の奥日光トレッキング »

2014年3月18日 (火曜日)

「孤高の人」を読み返す

 

 

Amazonから なんか来た~ヽ(´▽`)/

    

 

そうそう ポチしてたんだよね~

Img_3375kindle

↑Kindle paperwhiteと専用カバー

 

さっそく開けてみる(*^m^)ワクワク

Img_3376kindle

↑ お(゚д゚) 思ったより小さい それに軽い(206g)

   

付属品はどこだ? と探した

Img_3377kindle   

↑箱底に電源ケーブル(USB-microUSB)

Amazonでは専用アダプターが売られているが、そんなん買わなくてもPCやiPhoneの充電器につなげば充電できる。

   

Img_3378kindle

↑スイッチ類はすべて底面 USBスロットと電源ボタンのみ

iPhoneもそうだけど外国製品てシンプルだよね~~

       

   

さっそく 本を買って読んでみる。

なんでも…キャンペーン中で2000円くらいのボーナスがついてきた 

Img_3379

↑ 画面フォントは ゴシック体に変更

文字サイズも大きくした。(老眼だし…)

部屋なのでバックライト(輝度)も多少暗くした

こんなことができるの電子ブックのいいところ!

   

   

Photo

↑ ちなみに買った本はコレ

   

冬登山好きにはバイブル的存在の 

「孤高の人」 新田次郎著

   

 

知らない人に説明するのは面倒臭いが、ざっと紹介すると

1963年(昭和38年)発表された新田次郎の代表作。

実在の登山家 加藤文太郎の生涯を題材とした山岳小説。

加藤の登山記録「単独行」をもとにつくられている。

   

ネタバレしちゃうので詳しく書かないが、オラ的にはクラシックな登山スタイル(大正から昭和にかけて)に郷愁を感じてしまう。  

    

 

そもそも  

なんでKindle 第一号が新田次郎なのか……

せっかくなら 最近流行の小説でいいじゃない?との声も聞こえてきそうなもんだが、

  

実は最初に新田作品に出合ったのは、小説ではなくて映画であった。

1977年「八甲田山」を観た。

「冬山といえばスキー」しか思いつかなかった純な中学生だったオラは、世界山岳遭難史上 最大ともいえる犠牲者を出した青森県八甲田山で起きた山岳事故をリアルに描いた作品に大いなる衝撃をうけた。

映画館からの帰路 さっそく原作の「八甲田山死の彷徨」を買った。

詳しくは…もう忘れてしまったが上下巻を一気読みしたと思う。    

過去記事でも前述したが

オラは山登りが好きだ。

2~3歳の頃から 登山好きのオヤジに連れられて尾瀬や日光連山を歩き回っていた。

記憶は殆ど残っていないが 麦わら帽子を深く被ったあどけない顔のオラとオヤジの登山仲間の写真が多数残されている。

記憶に残っているのは小3の男体山(2,486m)登山から。

頂上から真下に見える中禅寺湖の湖面がキラキラして眩しかった、右手奥に見える白根山の頂上にはまだ白いものが残っていた。

   

小5の時ボーイスカウトで野遊びを覚えてからも山登りは続けていた。

   

その頃、自分の気持ちをうまく他人に表現できなかったオラにとって、登山は誰とも話さずとも目的が達成できる唯一の手段であった。

中学、高校と部活(サッカー)で山の時間が減ってしまったが、大学の頃はラグビー部に所属しながらも時間を作っては山のぼりを続けていた。

    

茨城のアパートにはいつも 新田次郎の山岳小説があった。

  

その後 就職・結婚・引っ越し等いろいろあってカビ臭い本は捨てられたり処分したりで、買い直すことはなくなった。

      

最近 再び山に復帰したことで 新田作品を読み返すことにした。

若いころは 文字が小さくとも暗くとも全然問題なかったが、さすがにこの歳では辛くなってきたこともあり電子ブックにした。

これがKindleにした理由。

    

久しぶりに「孤高の人」を読んだ。

1頁の初行から新田独特の細かい描写に引き込まれていく。

神戸の街並み、六甲の山々、北アルプス。

すべて写真を観ているかのごとく脳裏に浮かんでくる。

   

また 風景描写のみならず気象学をベースとしたリアルな現場考証も新田の得意とするところで、小説「武田信玄」内の川中島の戦いについては当時の天候といった考察を試みている。(新田は元気象庁職員だった)

    

 

 

孤高の人を読み終えた。

また 西穂に登りたくなった

   

 

|

« 小太郎ヶ淵 雪中トレッキング | トップページ | 2014年4月11日 残雪の奥日光トレッキング »

トレッキング・山行」カテゴリの記事

コメント

西穂高岳、標高2,909m
ルートは、西穂高口からですか?上高地からですか?
ワクワクしますね!!

投稿: アムロ レイ | 2014年3月18日 (火曜日) 20:02

アムロレイ様

カツカレーは美味しかったですね〜(笑)

西穂高までは

新穂高ロープウェイで西穂独標まで行き(日帰りの場合)
急斜面の岩下りを経て西穂高頂上までのルート

そーねー。。。
夏で4時間 冬で7時間てとこでしょうかね

上高地から行くルートも眺めよくていいのですが、なにせ標高差900mだから体力との勝負 途中で西穂高山荘で1泊もありです。

一緒に登ってみる?


投稿: カブパパ | 2014年3月18日 (火曜日) 20:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 小太郎ヶ淵 雪中トレッキング | トップページ | 2014年4月11日 残雪の奥日光トレッキング »