« きこりのロウソク作り(1) | トップページ | 焚火で雑炊 »

2014年3月 5日 (水曜日)

ウッドガスストーブ考査

   

   

なんかすっかり……「ウッドガスストーブ」のブログになってしまった感がある八ヶ岳移住計画だが、実際に1日あたり200~300アクセスがウッドガスストーブ記事に関することだから仕方ない。。

35_2

↑3月5日時点のブログ内「人気記事ランキング」 の結果は1号機から5号機まで順番にランクされている。

つーか。。 

他の記事はいったいΣ(;・∀・)

 

       

  

思い起こせば2010年の1月

ブログを立ち上げたときのネタは丸太小屋のセカンドハウス(別荘)に関することだった。(過去記事みてね)

そして丸太小屋につきものの薪ストーブも多数記事にした。

木を燃やして暖を取る、調理する、灯りにするといったことは、ブログ立ち上げ当初からの基本テーマだった。

つーことは

結果的に

「原点」に立ち戻ったわけだな。。

(ダーウィンの結果論)

 

ちなみに~

2014年2月時点で5号機まで作ったなかで   

数多くのメール(プロフィール内)でご質問やお問い合わせを頂いた。

YouTubeのカブパパチャンネル

KABUPAPA VIDEOs でも多くの質問をいただいた。

ありがとうございますm(_ _)m

ウッドガスストーブでここまで盛り上がると思ってもいなかったです。正直

       

なかでも「一番」多かった質問が、

   

「 ほんとに燃えるんでしょうか? 」

 

 

(;´д`) 

  

「ええ、とりあえず……(苦笑) 」

「あのね 質問する前に燃焼実験の記事やキャンプ(野宿)の記事読んでくださいね 」

と 答えるようにしている。

   

  

<作品をリストにしてみた>

1号機 

ネットで情報集めして、ダメモトで作ってみた。火力・燃費ともに実用的だがデカすぎて携行性の低さから冬の東古屋キャンプで活躍後引退。現在はウッドガスストーブ博物館(カブパパ邸内)に展示中。(別名:キングストーブ)

1gouki  

ウッドガスストーブを自作した(1号機)  

   

--------------------------------------------- 

2号機

1号機の燃費性能を維持しつつコンパクト化に成功した。 鬼怒川上平の野外クッキングにおいてビーフシチューつくりに活躍。木質ペレットとの相性がよく全シリーズ中最高のコスパを誇る。現在でもカブパパ邸で催される「お茶会」では主ストーブを務める。(別名:茶道頭)

2gouki  

ウッドガスストーブを自作した(2号機)

  

------------------------------------------------  

3号機

きっかけは「炭熾し器」「チャコスタ」をみて疑問を持ったから。

「せっかく炭熾したなら そのまま肉焼いちゃえばいいじゃん」という単純な発想から、BBQコンロ兼ネイチャーストーブを作ろうと思った。 1月の厳寒野宿において、炭熾しからのキノコ鍋→モツ焼きの連続技もラクラクこなし浅田真央ちゃん並みの高得点をゲット。

現在は庭の落ち葉・枯枝の処理に活躍中。(別名:おひとり様BBQ)

3gouki

ネイチャーストーブを自作した(3号機)

   

--------------------------------------------     

4号機

簡易ロケットストーブ  あえて「簡易」と表現したのはあまりにもコンパクトでシンプル過ぎるため、重くてデカいロケットストーブ愛好家に不快感を与えないため配慮した結果である。(ホントは全然気にしてない…)

庭でしか検証できなかったため燃料は小枝数本しか燃やせなかったが、吸い込みやヒートライザーの燃焼温度の結果、基本的構造は問題なかったと思いたい。

近日中に河原で本実験を行う予定。

4gouki

ロケットストーブを作った(4号機)

  

-----------------------------------------------  

5号機

2~4号機までは本質的な燃焼性能よりも「ギミック性」に重点をおいていたため、加工に手間がかかり手入れも大変だった。 ここで原点にたち戻り「燃やしてなんぼ」のシンプルストーブを作成した。だからといって「トマト缶」に穴開けただけというのは味気ないのでニトリのカトラリー立てを使用。 

4号機を同じく 近日中に燃焼実験を行う予定

5gouki

ホボーストーブを作った(5号機)

   

6号機 (予定)

「きこりのローソク」をつくるために雪中切りだしてきた杉材。 一部では焚火に針葉樹の使用を嫌う向きがあるが、手軽に入手でき燃焼温度も高い杉材を使わない手はない。写真のサイズでは半年も乾燥させれば充分。晩夏から初秋の焚火が楽しみである。

後日十字切れ込みを入れる予定

6gouki

きこりのロウソク作り(1)

  

  

こーして並べてみると

いろんなストーブ作ってるね。 ヒマだね(爆)

   

残すは……ダルマストーブだけか(笑)

Daumasutobu_2   

 

|

« きこりのロウソク作り(1) | トップページ | 焚火で雑炊 »

アウトドア道具」カテゴリの記事

コメント

ダルマストープsign02
は!Σ(゚д゚;)
もしや 既に製作を開始しているのでは?
「ダイソー式ダルマストーブ」smile

投稿: カン吉 | 2014年3月 7日 (金曜日) 08:58

>もしや 既に製作を開始しているのでは?


ヾ(.;.;゚Д゚)ノなんでバレた。。。。

投稿: カブパパ | 2014年3月11日 (火曜日) 17:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« きこりのロウソク作り(1) | トップページ | 焚火で雑炊 »