« 2014年1月 野宿してきた | トップページ | ホボーストーブを作った(5号機) »

2014年2月 3日 (月曜日)

ロケットストーブを作った(4号機)

流浪のブログ 「八ヶ岳移住計画です」(;д;)

なんか…

最近はすっかりウッドストーブ屋さんになってしまった感のオラ。

昨年は2機 今年はすでに1機

合計3機も作ってしまった。

------- ストーブ自作過去ログ ---------

ウッドガスストーブを自作した(1号機)

  ・初のネイチャー系ストーブ

  ・火力/燃費とも申し分ない

  ・もっぱら暖房用で調理経験無し

  ・枝・薪・ペレットなんでもOK

  ・デカくて重い

ウッドガスストーブを自作した(2号機)

  ・コンパクト性を追及(径11㎝ 縦13㎝)

  ・燃費がよく煮込み料理に最適

  ・スタック性アップ(ギミック趣味には最高) 

  ・ペレットがつまりやすい 

ネイチャーストーブを自作した(3号機)

  ・3号機 煮炊/焼き物もこなす万能品

  ・木枝/炭/ペレット なんでもよく燃える

  ・安定性が高く大径鍋もOK

  ・手軽に分解 手入れがラク

※1~3号機の燃焼の様子はキャンプ/野宿の記事を参照ください。  

-------------------------------------   

そして4機目となる今回は

徹底的に「火力」を追及したストーブを作ってみた 

作ってる途中のことだけど カブママが

「あれっ また作ってるの?」 って声かけてきた

「へえ さいでやす…」      

まあ 作れる環境があるってことも大切なポイント

(マンション住まいじゃこうはいかない)

ポイントをあげてみると

・金がない  

(あれば既製品ソロストーブとか買ってるよ。。)

・ヒマはそこそこある 

(どっちかといえば構想時間のほうが長い  製作時間はあっという間)

・燃やせる庭がある 

(これは大切!  実験の為にいちいち河原に出かけるのは手間。 もちろん隣家との距離も必要)

ストーブの保管庫がある 

(基本押入れで済むが、汚れが気になるなら屋外倉庫とか必要)

・家族の理解 

(これが一番大事!! 2012年国勢調査の結果で判明したことだが 「ウッドガスストーブ自作」に関連した要因により、全国で200万組が離婚した。。オラんちの場合はまだカブママが面白がってるからいいけどね) 

まあそんなところがポイントか…

(後半 かなり嘘くさいけど。。)

それでは前置きが長くなったが 

4号機となる「ロケットストーブ」の」

製作過程と燃焼の様子です。 どーぞ!

--------------------------------------------

ロケットストーブを作ってみた

・期 日  2014年2月2日(日)午後は晴れた

・場 所  カブパパ邸のお庭

・材料費  T字管      1,050円

       ボルト類     210円

       ステントレー   105円

       スチールウール 105円

       あとは手持ちのガラクタ利用

001123

↑ まずは材料 あいかわらず100均とホムセンの見切り品

002123  

 ↑工具  これも半分は100均

  ※ドリルと金切鋏は高額なモノおすすめ

   (100均はやめとけよ……まじ)

018123

↑今回のポイント

 ロケットストーブの「最大の特徴」にして「心臓部」ともいえる ヒートライザーを内側に収めるため(つまり小型化)、外管内管のスキマにスチールウールを埋め込み「断熱材」とした。

これにより煙突部分の燃焼温度が上がり効率よく燃焼することができる。

Photo 

↑ 特徴は 「煙突全部を覆う」方式から「煙突内に熱隔壁を設ける」方式に変えたこと。

これによりコンパクトにまとまった。

(そのぶん燃焼温度は思ったほど上がらないかも)

まあなんだかんだで できた!!

026123

↑  完成 こんな感じ

すこしスチールウールがはみ出てる。。

034123

↑ 燃焼実験

暗くなるのを待ち燃やしてみた。

ルーモスthunder

空気・木端が乾燥していたことも手伝って、新聞紙着火と同時に炎が上がった。

焚口の煙も煙突内に吸い込まれていく。

炎も同様で煙突方向にむかって「横走り」する。

約40分後 熾火になった。

完全消化は開始から1時間半後   

ロケットストーブの特徴である「完全に近い燃焼」 には程遠いものの、ほんのわずかな灰が底に残っただけ。

残念ながら「完全燃焼」ではない

実際は素人がつくったストーブごときで「完全消化」なんてしない…… 自治体の焼却炉でさえ完全燃焼なんてしねえだろ。

ロケットストーブ関連のブログや動画視てると「完全燃焼した!!」なんて書いてあるのがあるが、それ 違うからね。(オラも以前はそう言ってたことが……爆) 

それでは(´▽`)/

詳しくは

YouTubeにアップしたので視てください

<ロケットストーブを作ってみた>

今日の実験では、時間がなかったこともあり 焚き木数本だけの燃焼実験で終わった。

次回は鍋かケトルで湯沸し実験をしてもようと思う。

前作(1~3号機)との性能の違いが明らかになるはずだ。

ではでは

|

« 2014年1月 野宿してきた | トップページ | ホボーストーブを作った(5号機) »

アウトドア道具」カテゴリの記事

コメント

ついに4機目ですね~( ^ω^ )
カブパパさんはいったいどこまで行くのでしょうか?
4機目ってもしかしたら煙突の部品なのかな?

投稿: トモ松 | 2014年2月 5日 (水曜日) 16:36

こちらでは初めましてwoodでございます
イロイロお作りになっているのですね∑(゚Д゚)
個人的には3号機がツボでしたー

投稿: wood7nine | 2014年2月 9日 (日曜日) 09:36

 
トモさん
さすがお目が高い! モロ煙突の部品です(゚ー゚; ホムセンで埃かぶってました。。
最近 お茶に目がありません。
もちろん中身ではなくて「缶 」ですけど(爆)

投稿: カブパパ | 2014年2月13日 (木曜日) 16:06

wood7nine さん(o^-^o)
どもーーー!!!

ついに来ちゃいましたね~八ヶ岳に

YouTubeの世界は奥が深いですね~

これからいろいろ教えてください

投稿: カブパパ | 2014年2月13日 (木曜日) 16:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2014年1月 野宿してきた | トップページ | ホボーストーブを作った(5号機) »