« ウッドガスストーブ2号機の燃焼実験 | トップページ | 野宿速報 »

2014年1月24日 (金曜日)

ネイチャーストーブを自作した(3号機)

 

流浪のブログ 八ヶ岳移住計画です。。

 

 

 (>д<)、;´. ヘックション 

 

 

なんかね~ 風邪ひいちゃったみたいで。。 

 

 

寒くて外行けないから 以前作った「3機目」となるウッドストーブのご紹介をしてみる。

 

 

ウッドガスストーブ自作

メリットは多々あるが なんたって

他のアウトドア道具と比べ相対的に安くできるし、失敗してもすぐ修正がきく。

慢性金欠サラリーマンには いい暇つぶしになる。

 

それにボケ防止になるし。。。爺爆

 

 

そーいえば おかげさまで

「ウッドガスストーブ自作シリーズ」  

1号機と2号機合わせて 累計20,000アクセスをいただいた。

ありがとうございますm(_ _)m

 

正直こんなにアクセスあるなんて予想してなかったよ

ヤフーで

[ ウッドガスストーブ 自作 ]で検索するとトップにでるわ

 

以外に みんな ヒマ 関心あったのね

 

 

(過去記事のご紹介)

ウッドガスストーブを自作した(1号機)

・オラが初めて作ったウッドストーブ

 ネットで情報をかき集め、100均で材料をかき集め、ダメもとでテキトーに作ったわりには強火力でキャンプで大活躍してくれた。(ただし暖房器具として…)

 

 本体が暖まると底面から「シュー」とか「ピュー」と吸気音が聞こえてくる。どこかで笛みたいな構造になっているに違いない(偶然の産物)

 燃費は悪い。。 つーか なにせ1号機だけに他と比べたわけではないのだが、約30分で200グラムのペレットが灰になる。

 

性能はイイが大きさが仇となり仕様機会が激減。

現在は「ウッドガスストーブ資料館」に展示中。

 

続いて  

ウッドガスストーブを自作した(2号機)  

・2機目は、バイク積載可能(サイドバッグに)サイズにまとめた小型機。

 コンパクト故の性能低下が予想されたが、実際野外でシチューや湯沸しに活躍してくれた。

 

こちらが 河原での燃焼実験の様子

ウッドガスストーブ2号機の燃焼実験

 ・1号機ほどのパワー出なかったがバツグンに燃費がいい。 木質ペレットとの相性は抜群だった。

 欠点としては「火が着きづらいこと」 ペレットの場合どうしても目が詰まりやすいのでチムニー効果が起きづらい。 (外殻を炙ることで解消した)

 

 

そして今回

3機目となるストーブ

「汎用ネイチャーストーブ」と命名

 

 

特徴は 3通りの使い方ができること

① 普通のネイチャーストーブ

② チャコスタ

③ 炭火コンロ

(理屈では)  

 

書くと長くなるので 動画で視てね

 

燃焼実験おたのしみに~~

 

 

 

 

|

« ウッドガスストーブ2号機の燃焼実験 | トップページ | 野宿速報 »

アウトドアクッキング」カテゴリの記事

アウトドア道具」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ウッドガスストーブ2号機の燃焼実験 | トップページ | 野宿速報 »