« ウッドガスストーブを自作した(1号機) | トップページ | アルスト五徳を自作してみた(100均自作) »

2013年11月26日 (火曜日)

深秋の戦場ヶ原トレッキング2013

    

またまた日光を歩いてきた。

  

    

Photo_2 

。。

。。。。     

ええ・・・・・ 好きッス

(本文とはカンケーありません。。)

  

   

前回(11月4日) 晩秋の奥日光トレッキング2013 で小田代ヶ原中心に歩いたときはまだまだ紅葉も見れて観光客で賑わっていた。

その3週間後となった11月24日(日)

すっかり葉も落ち間もなく訪れる厳冬期を前に、静かな佇まいを見せる戦場ヶ原散策を楽しんできた。

    

例によって寝坊気味のカブ家 (;´▽`A` テヘ

9時40分自宅出発 この時期R119は空いているので下道で日光へ向かう。

Img_2712

↑日光市内 男体山方面はバッチリ晴れている(゚▽゚*)

普通の観光地なら閑散とするこの時期でも、町中を多くの他県ナンバー車と外人が闊歩する光景はさすが日光である。

特に神橋付近は恰好の撮影スポットだけにひと昔前のオリオン通り並み(ミヤっ子しかわかんない例え…)

  

-------------------------------------------------------

2013年11月24日(日) 晴天 戦場ヶ原で一時雪

・自宅出発 9時40分

・スタート ゴール 赤沼駐車場 11:05~14:30(休憩込)

・ざっとコースを説明すると  

 赤沼→赤沼分岐→自然研究路→青木橋→泉門池

 →小田代橋→戦場ヶ原一望ポイント→三本松を巡る

Img_2788_3

↑ 山と高原地図アプリの記録より。

 距離8.2㎞ 休憩込3時間30分のトレッキングだった。

-------------------------------------------------    

  

ではルートを振り返ってみる。

11:05 赤沼駐車場からスタート

暖房ガンガンの車を降りるとひんやりとした空気が気持ちいい。

トレッキングシューズの靴ひもを緩くしめてコースへ向かう。  

停留所では発車時間を待つ低公害バスが待機中。

     

赤沼のトイレ脇からコースイン

Img_2715

↑最初の分岐まで5分足らず。

霜柱が溶けたあとはぬかるんでいたが、全体的に歩きやすい路面だった。

  

分岐を右 戦場ヶ原自然研究路を進む。

Img_2718

↑コースには立派な木道が敷設されている。 擦れ違いも容易。所々に戦場ヶ原を一望する展望台が用意されベンチで休むハイカーが多い。

 

Img_2734_2

↑男体山一望ポイント (赤沼から25分)で休憩

 (60/40パーカーがキツそうに見えるのは気のせいだ)

Img_2737

↑林間に入るとまもなく青木橋

赤沼から向かった場合、青木橋を渡るまでは湯川は歩道の西を流れ、渡り終えると歩道の東を流れる。 

 遊歩道脇にテントがあったので不思議に思ったが、どうやら木道修復の工事関係者の事務所代わりらしい。 フツーならここではテントNGだもんね(^-^;

  

Img_2741_2 

↑出発から1時間 泉門池(いずみやどいけ)着

 外山の嶺の最東端にあり、池の水源は湧水である。

池の周囲は木道とベンチで整備されている。 この場所は小田代方面、湯滝方面との分岐路に近いためそれぞれの方面から歩いてきた人の絶好の休憩所となる。

   

オラたちは湯滝方面に向かう。

Img_2743

↑ まもなく小田代橋 澄み切った湯川の流れが美しい。 

湯滝が近いこともあり、この周辺の標高は戦場ヶ原で一番高い。

気温も一気にさがる。汗ばんだ体が冷えないように歩き続ける。

まもなく 湯滝⇔光徳方面の分岐にさしかかる

   

青木橋からずっと林間だったが、ここから再び展望が開ける。  

Img_2749

戦場ヶ原を一望するポイント

冬は悪いことばかりではない。 落葉することで地形がハッキリわかる。 ここから見る風景はまさに典型的な高層湿原そのもの。

オラ的にはこのポイントから見渡す戦場ヶ原は世界一美しい風景だと思う。

 

Img_2752

↑ 北へ向かうとシラカンバ林に入る。美しい

木道下の湿地には薄氷が張っている。その下には水

腐らず堆積した植物遺骸は多くの生物を育む床となっている。5月あたりに訪れると動植物の活発な活動をみることができる。

2005年ラムサール条約登録湿地としての170haは、まさに生命の宝庫であり世界に誇れる財産だと感じた。

80年前 ヨーロッパにこの場所を紹介したイギリス人外交官の紀行文に書かれている「日本で一番美しい場所」。まさにその地を歩いている。

 

シラカンバ林から森を抜け15分も歩くとR120に出る。

歩道を300m歩きこんどは光徳方面に左折。

  

Img_2757

↑ここまま光徳まで行きたかったんだけど、腹ペコで早いとこ飯食いたかったから三本松方面に右折。

Img_2759

↑裏男体林道の分岐を過ぎる。 

この林道やたら「クマに注意」 「クマ危険」 の看板だらけ。 以前なにかあったのかもしれないね。

腹ペコで遭難しそうになりながらも・・・ 15分後三本松園地に出る。

     

Img_2762

↑やっと昼メシ(゚▽゚*) 

木造ベンチが16基ほど設置されている。多くの観光客で賑わうこの場所も冬は人気ないらしい。 ここで昼飯食っていたのはオラ達含め2組だけ。

 

それに、空からは白いものがチラチラ降ってきた。

Img_27941

↑ 寒いわけだよ。。。6.5℃ (アプリ)

  

ではでは 楽しみのメシにしよう(≧∇≦)

Img_2763

↑こんなのを背負って歩いていたんだね~(;´▽`A``

奥左から CB缶 ジュニアバーナー メスティン、クッカーセット

手前左から 網 風防

(メーカーとかめんどくさいから書かない わかるよな?)

  

Img_2765

↑まずはコメを炊く

無洗米は大嫌いなので 家で1合洗米してプラボトルに入れてきた。

 

Img_2769

↑ カブママキッチンin三本松(o^-^o)

  

Img_2771

↑ メスティンから噴きこぼれ やがていい香りがして火を止めた

タオルで保温し蒸らす。

  

Img_2772

↑ レトルトカレーを温める。

 自作のアルコールストーブを使う。

燃料40ccで約6分で沸騰  この気温と風のなかで割と優秀だ(笑)

   

Img_2775

↑おなじみ ラーメン

ジュニアバーナーで一気に作ってしまう

 

Img_2776

↑炊き上がったコメ  ふっくらしていい香りだ(*^-^)

上手く炊けたよヽ(*≧ε≦*)φ

Img_2778

↑ はい 完成!  

 カレーライスと サッポロ一番醤油ラーメン

  

ウマー*・゜(n‘∀‘)η゚・*:。..:*・゜゚・*!!!

最高~~~~~!!!!

味がどうこうよりも、達成感と満腹感で幸せになる。

(もちろん美味かったよ)

      

それでは食後のコーヒーでもいただきますか

Img_2781

↑湯沸かすだけなので アルコールストーブを使う

アルコール50ccで約7分 風が強くて時間かかってしまったが、写真のように力強く沸騰しはじめた。

  

Img_2782

↑お茶タイム  コーヒー&チョコクッキー

甘いものは別腹だな!!全部食ってしまった。。(威張るな)

    

男体山の麓 三本松で1時間近くまったりこいてしまった。

気温は下がるばかりなので早めに撤収し出発地に戻る。

  

Img_2787_120

↑R120沿いから男体山を写す。

写真のように素晴らしい天気に恵まれた。 

あと2週間もすると山も白くなりはじめる。

    

今度は雪の日光でスノトレで遊びたいな(*゚▽゚)ノ

  

   

|

« ウッドガスストーブを自作した(1号機) | トップページ | アルスト五徳を自作してみた(100均自作) »

アウトドアクッキング」カテゴリの記事

アウトドア道具」カテゴリの記事

トレッキング・山行」カテゴリの記事

地元の紹介(文化歴史)」カテゴリの記事

コメント

またまた奥様と日光行かれたのですね~ 私は11~12月に日光へ行ったことはありません。雪だらけのイメージだったのですがブログを見るとまだまだ歩けるのですね。(o^-^o)
カレーとラーメン 歩いたあとだから味も格別ですね~

投稿: トモ松 | 2013年11月27日 (水曜日) 11:35

メシの時だけ合流したいですhappy01

投稿: カン吉 | 2013年11月27日 (水曜日) 18:45

トモさん(*^-^)
11月中なら降っても積もらないですねー
寒いことは寒いですがヽ(;´Д`ヽ)
晴れてればまだまだ秋装備でいけちゃいますよ
カレーはともかくラーメンは本当に身体が温まります。
一袋をカブママと半分こして食べるんですが、最近はそれでも満腹になっちゃいます(笑)

投稿: カブパパ | 2013年11月28日 (木曜日) 13:50

缶きち

割り勘のときだけ合流しなさい。。。

投稿: カブパパ | 2013年11月28日 (木曜日) 13:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ウッドガスストーブを自作した(1号機) | トップページ | アルスト五徳を自作してみた(100均自作) »