« 杉並木に汽車が走る(下野電気鉄道) | トップページ | 塩原自然研究路を歩く(ヨシ沼~大沼) »

2013年10月14日 (月曜日)

(=゜ω゜)ノ チョーヨカッタです(古賀志山)

太ももが痛い……つーか 全身がぁぁ(ノω・、)

あれ?Σ(・ω・ノ)ノ! こんなところに筋肉あったの? 

そー思えるくらい全身つかったんだよね~ 今思えば

お約束の前置きはこのくらいにして 山登ったのでご報告。

Img_2234_2

古賀志山

栃木県宇都宮市の北西に在る標高582.8mの低山。

最も高い古賀志山(582.8m)のほか、御岳(標高546m)、赤岩岳(標高536m)が一体の山塊を成して見えるため、これらをまとめて『古賀志山』と呼ぶ。

オラは宇都宮生まれの宇都宮育ち 古賀志山は子供のころから遠足や遊びで訪れていた。なんとなく高いな~とは思っていたが583mあったのね。。

Img_2235

↑このマップは宇都宮市の森林公園HPより

上の(青い)北コースから登りはじめて古賀志山山頂、南コース(ピンク)で降りる予定で出発した。

--------------------------------------------------------

2013年10月12日(土) 11時15分 

天気:晴れ 気温:汗ばむ程度 

Img_2165
↑森林公園駐車場  (初)山登りにはしゃぐカブママ

この日のためにトレッキング&山登り装備を「大人買い」した。。

最近 世間じゃ「山ガール」だなんだかんだ ファッションの一部となりつつあるがこの森林公園にも「そんな感じの」山ガールが多かった。

なんでも人気がでるのはいいことだね。そのうち用品も安く買えるよーになるしね(*^m^)

ちなみにオラだけど、

小3から始めたボーイスカウト訓練のおかげで山は得意中の得意。とはいえもうすぐ50歳。カラダと同様に山装備もくたびれてきた。 あ~新しいトレッキングシューズほっすぃ~

まあ そんなことを考えながら北登山口に向かって坂をのぼっていく。

ちなみに うちのカブちゃん(ワンちゃん)のお散歩で毎週のようにこの森林公園にきている。ダムのまわりを巡ったり駆けっこして遊んでる。 でもいつも目に入っていたとはいえ古賀志山に登ることは想像していなかったけどね。 

Img_2168

↑北コース登山口  しばらく川を左に見ながら杉林を歩くと細野ダムとの分岐にぶつかる。

Img_2169

↑細野ダム分岐を左

 橋を渡る このあたりはさほどガレてなく登りやすい。 まだ余裕で会話しながら歩いている。

Img_2173

↑ところどころガレているが、たいした斜度ではないのでテンポよく登れる。さっそくカブママの「高い」トレッキングシューズの威力発揮

Img_2175

↑このあたりはまだ余裕だね(゚ー゚;

 しかしオラの格好。。 ダセーな(゚ー゚; 年季入りまくり

そーいえば韓国の山登ったときもこんな格好していたな。。

Img_2176

↑水場 (細野ダム分岐から約10分) 冷たくて気持ちイイ

Img_2177

↑水場を過ぎ だんだん傾斜がきつくなってくる。

 自分の体重を呪う時間帯が始まる。。www

Img_2179

↑ 広場到着 (水場から10分)富士見峠まで20分。。。  

このあたりで黒いカブパパの

「ヒヒヒこんな辛いことやめて 帰ってビール飲もうよ~~ヘ(゚∀゚ヘ) 」

というささやきが聞こえてきた。

Img_2180

↑ とにかく休憩 へばった 

お水が美味い! つい飲みすぎてしまう。

すこし休むと回復する。まだ”ちょっとは”若いかな?

ここからは準登山って感じのコース

Img_2183

↑ 正直 足が上がんねーよ。。 「フ~」とか「ハァ~」とかカブママも苦労してるみたいだ

Img_2184

↑ 余裕かましやがって…… 

このあと巨大な岩の塊をよじ登り階段が現れる。富士見峠まであとわずかだ。 すれ違う登山客に「あとちょっとだよ」と励まされる。

「あとちょっと」の言葉を信じて重い足を引き上げる。

Img_2187

↑ 富士見峠 (広場から15分 登山口から50分) ふ~  

初山登りのカブママ 魂抜けかかってる。。呼吸も荒い

ココではオラ達より年配の方が休んでいたが平気な顔してた。いかに普段の生活でカラダ動かしてないかを思い知る。

もうちょっと休みたかったがスズメバチが飛んでたので休憩もそこそこに古賀志山頂へ向かう。

実はオラ的にはココからの登りが一番キツクて、登山道脇のロープを手になんとか這い上った感じ。

坂を登りきったところが分岐

Img_2189

↑ 東稜見晴台と古賀志山頂の分岐

 山頂で早くメシ食いたかったので見晴台はパス 山頂へ向かう

ついに古賀志山頂へ到達 (n‘∀‘)

Img_2193

古賀志山頂 583m 

o(*^▽^*)oやっとたどりついた!(北登山口から1時間20分)

 思ったより眺めはイイ こっちは鹿沼方面かな?

 日差しは暑いが風がヒンヤリして気持ちいいよ。

Img_2191

Img_2192

↑オラ 見るからに苦しそうだね(笑)

Img_2190

↑二等三角点 山頂にはアンテナが建っている ほかにも丸太のベンチが設置されている。オラ達のほかにも15人ほどいた。

おまちかね メシの時間

Img_2197

ヽ(´▽`)/ マジウマ~

お昼はカブママのおにぎりとから揚げ なんでこんなに美味しいんだろね~ 気分的には10個は食える勢いだったが2個しかないのであきらめる(アホ)

苦労して登ってきたかいがあったよ( ^ω^)

しばし休憩後 13時20分 降りることにする。

実はこっち(南コース)は降りたことなかったのでちょっとドキドキ。

踏み跡を追って下っていく

ところが……

Img_2207

↑なんか… 岩場続き。クサリ持たないとキツイ場所ばかり

あれ?こんなに険しいの? 南コースは でも岩に矢印ペイントあるしコースとしては間違ってないはず。

とにかく慎重に下山する。

Img_2208

↑ 途中の岩場から。 目下に森林公園(赤川ダム)が見える。 あそこから登ってきたんだね~ 宇都宮市内も見えてるね ちょっと嬉しくなる。

ふたたび。。 岩場の連続  

大袈裟だが滑落に気をつけて慎重に

Img_2213

↑ ストックなど役にたたない。

両手両足で地面の感触を確かめながらケツで降りていく感じ(笑)

Img_2214

↑やっと別の登山道に出た。

Img_2215

↑足元の立札をみると………

Img_2235_2

(lll゚Д゚)あちゃ~~    知らぬ間に「登山コース」降りてたのね。。道理で……まあいいや…とにかく無事だったし

一気にラクになった(気も体も)

やっと まともな登山道を歩く

Img_2218

↑ 南コースを森林公園方面へ

Img_2219

↑ 30分歩くと「古賀志林道」に出る ココを左折

Img_2221

↑しばらくアスファルト路を歩く

ずっと悪路を歩いてきたので 変に歩きにくい。。

Img_2222

↑10分後 サイクリング路が見えてきた。

Img_2223

↑ココは「矢印方面」に入る 再び林のなか

Img_2225

↑なんとなく先が見えてきたので余裕が出てきた(゚ー゚)。

このあたりは以前 カブママと歩いたことがあるから気はラク。でも膝はガクガクだ

あと少しだ頑張ろう!

Img_2228

↑見覚えがある遊歩道

ある地図には「ヲオケラガイリ遊歩道」って書いてあった。

「ヲ」だよ  重いオ  なんか歴史ありそう。

歴史といえばオラの得意分野 あとで調査だ~( ̄ー ̄)ニヤリ

森林公園見晴台から

Img_2230

↑ここまで降りてきた。 ダムで遊んでる子供の声も聞こえてきた。

Img_2231

↑管理棟前の公園

 15時10分 無事下山したよ~~ ヽ(´▽`)/

Img_2233

↑ 古賀志山を振り返る。 たった1時間20分前にはあそこの頂上いたと思うと不思議だ。とにかく怪我しなくてよかった(*^-^) それに天気も最高だった。

カブママの「山ガール」デビューはイキナリ登山となった。

まさに山の神に感謝の一日だった(*゚▽゚)ノ

|

« 杉並木に汽車が走る(下野電気鉄道) | トップページ | 塩原自然研究路を歩く(ヨシ沼~大沼) »

アウトドア道具」カテゴリの記事

トレッキング・山行」カテゴリの記事

コメント

古賀志山登頂 お疲れ様ですhappy02
以前勤めていた会社の研修で
私も古賀志山に登りましたcoldsweats02
しかも鹿沼の工業団地から歩きで!
当時はイヤイヤでしたがsweat01
今思えば山に登らせ給料を払う
粋な会社でしたnote
登山・・ハイキング最高up

投稿: カン吉 | 2013年10月15日 (火曜日) 00:41

カン
そだね~いい会社だよね~ オラの会社もそーしてくれると退職者いなくなるんだけどね(笑)

投稿: カブパパ | 2013年10月15日 (火曜日) 18:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 杉並木に汽車が走る(下野電気鉄道) | トップページ | 塩原自然研究路を歩く(ヨシ沼~大沼) »