« 塩原自然研究路を歩く(ヨシ沼~大沼) | トップページ | 山座同定 »

2013年10月15日 (火曜日)

ミツモチ山でラートレしたぞ

   

連休最後の10月14日は 台風が近づいているのがウソのようないい天気であった。 10月の連休は天気に恵まれてよかったよね (9月は雨ばっかしだったけど)

  

今日はミツモチ山に登ってきた

※ミツモチ山 (標高1248m  高原山系の低山 つつじの群生地がありメジャーなハイキングコースとして年齢問わず人気の山である)

写真撮りのブログでは「つつじ」の写真でよく紹介されている山である。

----------------------------------------------------

2013年10月14日(月)

天気:晴れ時々くもり  気温:肌寒い

装備:全身ゴアテックスのアウター・ガスストーブ&クッカー・水2リットルその他

---------------------------------------------------- 

12時10分 大間々駐車場からスタート 

Img_2287

↑今日も元気なカブママ 

12日古賀志山 13日塩原自然研究路 そして今日ミツモチと トレッキング3連荘をモノともせず絶好調な4●歳。

 

Img_2286_2

↑ コースは  行き:やしおコース  帰り:青空コース

 Nonさん記事による事前情報だと、この2つのコースはそれぞれ見どころがあり初心者も楽しめるということなので期待して歩いてみる。

※ Nonさんのサイト  

  北関東の山歩き ~トレッキング&ハイキング~

  いつも参考にさせていただいております(._.)

  勝手にリンクしてしまいました。。。

  

大間々駐車場のトイレ横からコースは始まる。

Img_2288
↑やしおコース入り口   わりかし緩やかな下り路のようだ。

 

Img_2291

↑出発から10分 気のせいかずっと下っているように感じる。 つーか実際下っていてこのままでは下界まで降りちゃうんじゃないかと不安になる。

いくつかの沢を渡りきると、出発から下った分を取り戻すかのようにずっと登りになる。さほどキツイわけではないが、「こんな疲れる道作りやがって……」と内心思ってしまう。

  

Img_2295

↑左に斜面をみながら5分ほど歩くと平坦な地形になった。

 つつじが生えているのがわかる。5月~6月初めが見頃?そんなこと書いてあったな… 来年行ってみよ。

  

歩いている最中気付いたことは、 ここはやたら火山性の岩が多いこと。解りやすくいえば玄武岩質安山岩・安山岩・デイサイトなどが頻繁に地表に現れている。草木はその火山岩にへばり付くように自生しているパターン。 

廃道酷道ファンのオラの資料では

高原山系は50万年前に火山活動が開始され10万年前に終息。わりと最近では6500年前に噴火があり北側で割れ目噴火があり、昨日歩いた塩原自然研究路のあたりが形成され富士山(新湯富士)や爆裂火口もその時に生まれた。

ちなみに富士山(新湯富士)は水蒸気爆発と降灰によりドーム型に形成された。だから同様の成型過程を経た「世界遺産の富士山」と同じ姿をしている。

前回噴火時の中央火口は前黒山・明神岳の南部および釈迦ヶ岳、西平岳といった円錐火山(釈迦火山)からなり、これらが巨大な「高原火山群」を形成しており、このミツモチ山自体もその時形成された噴円錐型地形であることは間違いないと思われる。

つまり大きな岩山の上を歩いてるわけだオラ達は。。
 

そんなことを想いながら(ホントは腹減ってフラフラだった)歩いていると低木に覆われた平地に出た。周辺見まわしてもココより高いところは見当たらないので頂上付近のようだ。

 

2分も歩くと

Img_2300
着いたよ~~o(*^▽^*)o  

 メシ食えるよ~~~(ハエ~ヨ)
  

Img_2302

↑山頂の見晴らし台に登ってみる

Img_2304
↑ ワオ!!  多少ガスってるけどスゲー展望 

 13時5分に着いた (大間々駐車場から2.6㎞  55分) 

 

今日はこの風景を拝むこと以外にもう一つ目的がある。

それは

Img_2310

↑ えへへ( ̄▽ ̄)  ラーメン

 

Img_2312

↑ おにぎりとミソラーメン (もちろんサッポロ一番だよ)

 風の強い山頂で体が冷えてきた頃出来上がったラーメンは格別の味だった。

 

Img_2313

↑ 無心で食うオラ 

食え~ 食え~ 食うんだ~ジョー 

 (古いな、、歳がばれる…) 

Img_2314

↑ 1248mで食うラーメン。美味いに決まってるヽ(´▽`)/

 なんかこのパターン 癖になりそーだなヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ

 トレッキングでラーメン つまり「ラートレ」か?

 今後オラの定番にしよう(笑)

 

Img_2315

↑ 実は高所恐怖症のオラだが、誰か隣にいると不思議と怖く感じないんだな、コレが。この日はあまり風が無かったのでよかった。

山頂から下界に別れを告げ帰ることにする。

  

Img_2316


↑帰りは青空コース(左の2.9kmコース)だね

  

Img_2318

↑見晴らし台下の休憩広場では3組のハイカーが昼食してた。靴ひもを締め直し出発

  

青空コースというだけに 頭上を覆う木が無く明るい空の下を歩く。

この写真では曇っているが 台風の影響か雲のスピードが速く大間々到着時では晴れ間も出てきた。

Img_2321

↑西方に釈迦ヶ岳、中岳が見えてきた。この先から若干上り坂 でも高低差はあまり感じない。周りに木が無い分風がダイレクトに当たる。

 

Img_2322

↑やしおコースへの連絡路  行きの「やしおコース」と違って正直ラクである。  

   

Img_2329

↑ミツモチ山から1.7km地点 轍の跡がのこる路面 スタートからずっと両側は笹

このような平坦な道をテクテクあるく。

 

Img_2331

↑見晴コースとの分岐 八海山神社を通り剣ヶ峰までのコース

 今日は 腹がいっぱい 疲れ気味なのでまた今度(笑)

 

Img_2333

↑やっとゴールの大間々駐車場が見えてきた

 これなら子供連れでも安心して歩けるね。

Img_2334

↑ 大間々到着 14時35分 (ミツモチ山から2.9㎞ 約60分)

 なんとか無事歩けた。  相変わらず駐車場は満車

 空は一部雲が晴れて太陽が見えている。

  

車に戻り一服( ゚Д゚)y─┛~~ しながら歩いたルートを確認してみた。

 

下の画面はオラのiPhoneに入ってる

マップルの「山と高原地図」というアプリなんだけど

歩行記録付けてるときに気付いた。。

Img_2335

↑出発地:大間々の標高が   1278m

目的地:ミツモチ山の標高が 1248m

その差30メートル ミツモチが低い ( ゚д゚)ポカーン

 

確かにマップを追うと(やしおコースの場合) 

出発から一気にくだり、今度は一気に登り、その後ダラダラって道程。

つーことは…… 「ミツモチ山に登った」というよりも

「ミツモチ山に降りた」って表現の方が適切なのでは?

  

まあいいか…… 楽しかったからね(v^ー゜)ヤッタ!!

天気に恵まれた3連休だった。

この三日間 古賀志山 塩原 ミツモチ よく歩いたな。。

普段バイクばかり乗ってると歩く楽しさを忘れてしまう。 

歩くと普段目に入らないモノまで見えてくる。

  

いいね トレッキング

|

« 塩原自然研究路を歩く(ヨシ沼~大沼) | トップページ | 山座同定 »

アウトドアクッキング」カテゴリの記事

アウトドア道具」カテゴリの記事

トレッキング・山行」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりですね。ブログ復活されたようでなによりですhappy01連休では私も軽いトレッキングしてきました。大間々は紅葉時期は綺麗ですね。お握りもおいしそうです

投稿: トモ松 | 2013年10月20日 (日曜日) 07:54

トモさん(o^-^o)ご無沙汰です。山歩きするとは初耳でした。是非紅葉の時期には歩いてみたいですね。派生コースに八海山行きがあるので次回はチャレンジしたいと思います

投稿: カブパパ | 2013年10月21日 (月曜日) 22:41

I realize that is genuinely unexciting and you're merely skipping to the following comment, even so i just desired to toss a sizable many many thanks - a particular person solved the principal things individually!

投稿: bottes de moto cross alpinestar | 2013年11月 2日 (土曜日) 20:39

bottes de moto cross alpinestar さま


>I realize that is genuinely unexciting and you're merely skipping to the following comment, even so i just desired to toss a sizable many many thanks - a particular person solved the principal things individually!


(lll゚Д゚) ⬆︎

一応意味わかるけど…日本語で書けよな

投稿: カブパパ@英検2級なめんなよ! | 2013年11月 2日 (土曜日) 21:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 塩原自然研究路を歩く(ヨシ沼~大沼) | トップページ | 山座同定 »