« 2012年6月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年7月

2012年7月27日 (金曜日)

霧の牧場

 

Photo_5  

あ~ ダメだぁ・・今日も暑くて。

ヤル気が起きないヾ(;´Д`A 

(年中ヤル気ないけど…)

 

会社の温度計 外気温が35℃sun だってよ。。。

 

こんな日はとっとと帰宅してビール飲んで エアコンガンガンかけて寝るしかない。

 

節電とはいうけど、こっちが体悪くしちゃ何もならない。 気合い、うちわや扇風機でなんとかなるレベルは超えてる。。

 

そんな酷暑が続くなか 

毎日 お利口にお留守番してるカブちゃんを連れて

涼しい牧場で遊んできたよo(*^▽^*)o

 

そーいえばflair

先週は日光霧降高原で馬、ヤギと遊んできたんだっけ。 

---------------------------------------------------  

それではスタート

 

最初に訪れたのは「古峰神社」

日本武尊を御祭神としてお祀りしてある。

1300年前 京から来た「隼人」というお方が開き、その後日光を開いた勝道上人の修行の場となった由緒ある神社。  

 

オラやカブママが好きなツーリングコースでバイクじゃ何回も訪れているが、カブちゃんを連れてきたのは今回が初めて。

 

1_2 

 ↑参道にて  まだおっかなびっくり( ^ω^ )

 

2

↑ 「狛犬とにらめっこ」 するはずが、

  あえて視線をそらすカブちゃん (;;;´Д`)ゝコエーヨ マジ

 

4

↑ 社殿の前で

 なんかすげー嬉しそうな顔してる(o^-^o)  楽しいみたい

 

Photo_2

↑ この神社 境内いたるところに「天狗」がある。

  この石像 鼻の長さは1メートルあるんだよ。 立派。。

 

神社でお参りを済ませたあとは、今日の目的地に向かう。

 

Photo_3

↑古峰神社から県道58号線を足尾方面にすすむ。

 峠道をクネクネいくと

 「前日光牧場」があらわれる

 

81298

↑標高1,298m  日光中禅寺湖とほぼ同じ高さ 

ちょっと天気が悪いと 一日中霧の中である。

 

Photo_4

↑晴れてるとこんな感じ。

 

霧降高原の「大笹牧場」もいいが、最近クルマ・バイクが多すぎて”高原気分が壊れる。。

はっきり言って”つまんなくなってきた(# ̄З ̄)

 

この前日光牧場は客がめったに来ないので(笑) 空いてて気持ちいい。

 

霧の牧場を散歩する。

6

↑ はやく行くぞ~~ コノヤロー!(`Д´) 

 

9

↑ 霧に消える カブ&カブママ 外周10キロのコース

 

10

↑ 濃霧の為 途中引き返してきた。。。

 

11

↑ 「誰もいない」売店でソフトクリームを買った。

味は最高!  

さっきまでいた「墨田区幼稚園」の園児が帰ってからは

オラ達の貸切になったみたいだ。。

 

13

↑売店の女の子に遊んでもらうカブちゃん(o^-^o)

 こんな広い庭をもった家に住みたいね~

 

牧場を走り回ったので疲れた。。  空気薄いし(爆)

粕尾峠経由で粟野を通って帰る。 

 

Ok

↑粕尾峠名物「OK牧場」の立札。

この峠を下ると粟野町(現鹿沼市)がある。

粟野町出身の偉大なるプロボクサー「ガッツ石松」の威光がこんな峠道にまで届いているとは驚きだ`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!!

 

カブちゃん 楽しんでくれたかな?

カブママが仕事をはじめてから 

昼間はずっと家でお留守番のカブちゃんだから

休みの日くらいは ずっと一緒にいたいよね~(*^-^)  

 

| | コメント (14)

2012年7月18日 (水曜日)

たまには ピンクな話

  

ピンクheart04  

なんか やーらしーねー (・∀・)ニヤニヤ

オラにとってのピンクとは

チキチキマシン猛レースに出てる プシーキャット操るミルクちゃん。

もしくは キューティーheart01ハニーだったりするわけだが。

エッチだが はっきり言ってどちらも子供向け。

  

今回のレポートは 真面目なオラには似つかわしくないが

大人のピンクlovely

-----------------------------------------------------

   

歴史にはいろんな側面がある。

オラ達が知ってるのは教科書に載るような表の歴史

かといってソレだけが歴史じゃなく、

もちろん裏面 お色気の歴史もある。

  

ひと口に歴史といっても

我がふるさと宇都宮にもいろんな歴史がある。大きくわけると

・二荒山神社の門前町として

・宇都宮城の城下町として

そして

・大日本帝国陸軍第十四師団の衛戍地として

  

以上のように宇都宮は遺構名所旧跡が多い。

町割り的には今でこそ東西南北に幹線道路が走り、整然とした街並みとなったが、区画整理が始まった頃は猥雑とした街並みが続き、特に宇都宮城の周辺には色町としての名残が濃かった。

それだけにオラみたいな変態歴史マニアにはたまらないところであるのだが

  

そのなかで今回取り上げる話 

宇都宮の 「遊郭跡」

 

遊郭というと古くは江戸幕府公認の「大人の遊び場」

(公認されていない場合は岡場所などと呼ばれた) 

つい最近まで「赤線」なんて呼ばれていたこともある。

 

オラが子供の頃は「●●町は赤線だから近づいちゃダメ!」とか

オフクロに言われたもんだ。 「赤線」の意味は解らなかったが 

そのあたりは風俗系の飲食店が点在していたため、子供心にも

「よくわかんないけど、近づかないほうがいいな」と感じたもんだ。

   

前置きがやたら長くなったが…… (オラの悪いクセ)

先日、そういった歴史を綴った文献を目にする機会があり

宇都宮には相当デカイ規模の遊郭が存在したことがわかった。

 

大体の場所は特定できたので さっそく調査に行ってきた。

---------------------------------------------------

18禁ネタなので 日時、場所などは伏せます

   

文献によると

場所はお城(跡)の南、 河原沿いの高台になってるあたりに「遊郭」を設けたと記載されている。

「遊郭」 

またの名を「新地」とも呼ばれ 東京の吉原、大阪の「飛田新地」などはこの現代にも残る遊郭である。( 現風営法に適合させた現代遊郭)

ちなみに宇都宮でも同じように「新地」と呼ばれていたらしい。

ちなみに宇都宮の遊郭は「亀遊郭」と呼ばれていた。

 ※亀は宇都宮のシンボルで市章にもなっている。

 もとは宇都宮城が「亀ヶ岡城」と呼ばれていたことに由来する。

  

おおまかな場所

Photo_2

↑ 文献に合致している場所がココ

 ①お城の南  (もちろん堀の外)

 ②河原の近く

 ③ちょっと高台

   

ヤフ地図で俯瞰すると

Yahoomap

↑ 赤のマーカーで囲われた部分。  特徴のある区割りだ。 

南北に走るメイン道路と東西に伸びる枝道

そのメイン道路は南端で行き止まり!

  

新吉原とよく似ており わざと通り抜けできないようになっている。

現在ここは●●町といい 明治初期は河原であった。

  

それでは 出発! Rock'n'Roll

お城の方(北)から遊郭跡を目指す。

  

いきなり!! 「新地」の文字が現れる。

Photo

営業はしてない? だが店構えは少なくとも20年以内にリフォームした感じ。

もしかしたら夜限定で営業してるかもしれない。

しかし…… わかりやすい(笑) 食堂

  

改めて 遊郭(新地)跡にいることを思い出させる。

  

信号を渡り  メイン通りをゆっくり歩くと(南下) 左手に

「どんだけ~~」って感じの建屋が現れる

 

 

Photo_3

↑ 怪しいよね~~`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!! つーか妓楼そのもの

朽ちてはいるがピンクの建屋に南国風の植物(ソテツ?)

あの妖しげな窓から オネーチャンが「おいでおいでheart01」してたのか?

  

正直 いきなり来たのでビックリした。

ナイフ一刺し目で 黒ヒゲが飛び出した気分だ。。

  

その隣(東側)には さらに怪しい雰囲気の建屋が

明らかに1階は顔見せだけで、2階で楽しんでた雰囲気。

Photo_4

↑ 見てちょーだい  大谷石づくりの出窓を

 

1_2

↑ オラ 建築の歴史が好きでいろいろ見てるが

  こんな窓 初めてみたよ。。 

   

メイン通りに戻り 突き当り方面に南下 

この建屋もピンクである。 まあピンクというかドドメ色というか。。

きっと……竜宮城ってこんな色してるんだろな。

さしずめ 娼妓は乙姫様?   まあ浮世とはよく言ったものである。   

Photo_5

↑多少生活臭を感じるものの、誰か住んでいるようには感じない。

ふいに視線を感じたので 窓から中を覗いてみると「細川たかし」のポスター。 なぜか警察官の制服を着ていた。 

他にも 割れた蛍光灯、マネキンの腕、大量の一升瓶。

廃墟ではないにせよ 今は倉庫代わりに使っているようだ。

   

「遊郭跡」を確認できたのは以上3つの建屋。

探せば他にも現存すると思われるが、町割りから想像できるのは相当大きな遊郭だったことである。文献にも最盛期には貸座敷16件、娼妓122名と記されている。

探せばもっとある!はずだが

なにせここは住宅地のド真ん中。 

派手にうろつくと通報されちゃうので足早に立ち去ることにする。

   

遊郭の周り(外郭)を調べてみる。

東端と思われる場所。

1

↑画像上方が北  

文献にも記載されていた通り明らかに高台である。

そーだな。 場所によっては5メートルほど高い。

 

文献では

妓楼の2階からは晴れた日は遠く太平山(栃木県大平町)が望めたらしい。

遊郭があった頃は 写真の白いガードレールあたりに「高い木の柵」が存在し娼妓の逃亡を防いでいた。

 

2

↑ この階段で下道に降りられる。

昭和33年の市街図には載っていない階段である。

昭和33年(1958年)といえば、4月1日に売春防止法が施行された年であり、江戸時代以来の公娼制度が廃止された歴史的な年でもあった。

  

ほんの30分前潜入開始したときは、興味本位のおっかなビックリだった。

だがこの町の空気に触れ、さらに妓楼跡をまじまじと見上げて、「吉原炎上」 「夕霧楼」など遊郭を舞台とした悲哀に満ちた物語が、この場所でもあったかと思うと、暮れなずむ遊郭跡がひときわ赤く感じた。

   

場所 

東武宇都宮駅から徒歩15分

JR宇都宮駅から徒歩25分

オラんちからヘリで2分

誤解の無いように言っときますが 

ちなみにオラは 大の風俗嫌い。。。 ホント

  

  

| | コメント (8)

2012年7月11日 (水曜日)

パンダのあかちゃん

  

以前のオラならこんな記事書かなかったところだが

  

上野動物園のパンダの赤ちゃんが亡くなってしまった (/□≦、)

悲しい。

    

そんな…パンダごときで。。 と思われるかもしれないが

 

オラ

我が家にカブちゃん(♂1歳11か月)がやってきて来てから

動物がすごく可愛くなったんだ。

なにせこのカブちゃん。

生まれる前から我が家に来ることが決まっていて

(楓パパママさんの御好意)

家族全員でその誕生を待ち望んでいたワンちゃん。

   

生まれてすぐ会いに行って、まだ目が開かないうちから

ナデナデ抱っこしてた正真正銘のウチの子。

  

そうでなくても

赤ちゃんは 人間だろうが動物だろうが可愛いのである。

  

パンダの赤ちゃんもそう

動物園のオリの中とはいえ、成長を楽しみにしていた。

それだけに今回は残念だ。。

  

せめて名前は付けてあげたかった。

 

| | コメント (10)

2012年7月 9日 (月曜日)

スプロケ交換 2度目

 

 

しかし忙しいですなあ。。 

「忙しいのはありがたいこと」とはわかっていても

人並みに休みたい( ̄Д ̄;

  

それに 梅雨とはわかっていても週末になるときまって天気悪い

これも日頃の行いのせいでしょうかね。。

   

バイクの話

手に入れて以来 超が付くほど酷使してる 

フランス生まれの TY125 4T

Photo_5

(西荒川林道にて  2012年3月)

  

3か月も経たずして すでにガッタガタである (;゚∇゚)/

そりゃそーだよなあ

岩場、ゲロ場、ヌタ場、 スタバ

およそフツーのバイクじゃ行かないところ専門で走ってるからな。

(つーか今まで怪我しなかったのが不思議  自分でも)

オラみたいな無鉄砲馬鹿にはお似合いのバイク。  

   

当たり前だが デフォがトラ競技向けにセッティングしてある。

45度を超える崖でも登れるのは

この超ハイギアードのおかげでもある。

 

低速重視のギア 極端な話、5速で発進可能。

そのかわり 5速でも50km/h以上出たことない。

街中じゃとても乗れない。     

   

前述のとおり 酷使しまくりでだいぶくたびれてきた。 

チェーンも伸び伸びたし。

今回、ショックのレストアを期に

スプロケ交換してすこし林道ツー仕様にしてみた。

 (そのかわり トラ車的な使い方はしばらくできない)

   

 2012年7月8日(日)

レストア頼んだバイク屋さん  タケザワ

 

ココは相変わらず お客さんが多い。

オラのトラ車 よっぽど珍しいとみえて 来店客も

じっと作業を見守る。

さすがにオラも 今回は観てるだけ。

  

さすがプロ 手際がイイね!

 

リアシャフト緩め~の

Photo

↑ ドライブスプロケを交換する ドリブンはそのまま

Photo_2

↑デフォより一回り大きい 13T  (写真は交換済みの旧スプロケ)

     

次に新品チェーンだよ~ん(≧∇≦)

 

さあ~~ チェーン芯ぶったぎるよ~(*^-^) 

サンダーthunderthunder

Photo_3

↑ チーン!!  あっという間に芯切断  ちょっと熱かった

  

428ek

↑EKの428SR   正直言って安いんだよ 

  

Photo_4

↑ チャチャっとチェーン張って テンション決めて完成(o^-^o)

 

さすがプロだす。 たったの15分で終わっちゃった。。

ついでにオイル交換も頼んだ。

走行距離は たったの300キロだが (現場まではトランポだしね)

それでも ドロドロの真っ黒。 細かなバリも出てきた。

相当ぶん回してるからしかたない。

  

今後のカスタム予定

前後チューブレス化 と 油圧クラッチを残すのみ

  

今のところ超金欠だから 秋だなあ~   

|

2012年7月 6日 (金曜日)

またかよ。。 地元の恥 栃木県警

   

誤設定で速度違反取り締り、10カ月で約4200件

栃木県警

   

産経新聞 7月5日(木)23時10分配信

 栃木県警は5日、速度違反を取り締まる機器「レーダ式車両走行速度測定装置」の電波投射角を誤って設定した状態で約10カ月間、交通取り締まりを行っていたと発表した。

10カ月間で約4200件の取り締まりを行っており、県警は誤って検挙した可能性があるとみて調査している。

 県警交通指導課によると、平成23年7月から今年5月まで、宇都宮東署管内の県道や国道などで百十回、装置を使用。電波投射角を27度に設定すべきところを5度に設定したことがあった。角度を低く設定すると速度が約8%高くなる可能性があるという。

 今年2月に速度違反で検挙された運転手が否認したため調査したところ、6月中旬に誤設定が判明した。同署交通捜査課員が使い方を理解しないまま使用していたことが原因という。県警は4200件について「1件1件精査して、適切な方法で処理したい」としている。

 坪田真明本部長は「誠に遺憾で、深くおわび申し上げるとともに再発防止対策に組織を挙げて取り組みたい」とコメントした。

  

  

大阪府警、神奈川県警にも引けをとらない「DNQ警察」栃木県警が

またやってくれた。。。ε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ…

  

ちなみにオラ 運転免許はゴールド

無事故無違反なので、県警に特別な恨みはないが、首件についてはきっちりと対処してほしい。

 

機器の使い方知らないという交通捜査課員は懲戒免職だな。。

そのうち実名も出るだろうが、このまま署には残れないだろうなあ。

  

東署長も同罪↓

Photo_2 

県警本部長も辞任がてきとうだろ。 ふつうの会社じゃそう

 

「県警交通指導課」  指導? はあ?  

取り締まり以前に、自分とこのまぬけ署員でも指導してろよな。。ハア

     

寝ぼけてねーで   

もっと… 珍走やバカども取り締まれや!

 

|

2012年7月 3日 (火曜日)

ありがとうは最強癒しのコトバ

  

  

Photo

小学生の頃 だれでもそうだが

大人に成ったらなりたいもの があったよね

オラの場合

 

宇宙戦艦ヤマトの古代進

サッカー選手

冒険家

GPライダー

パイロット

あとは忘れた…

 

成りたくなかったもの。

中年    (仕事ではない……爆) 

会社員   (イメージはマスオさん)

  

結局  

なりたかったものに成るためになんの努力もしなかったので

なりたくなかったハズの職業に就いてるオラだがo(;△;)o

  

成りたかったものは 現在趣味というカテゴリーに押しこめて楽しくやってるから まあいいとして、でも残念ながら ヤマトには乗れなかった。

 

そーだね~ サラリーマン

結局 好きで選んだ仕事じゃないからストレス溜まるのかな

きっと

好きな仕事だったら

ストレスもエネルギーとして完全燃焼しちゃうんだろね。

   

フー(;´Д`ヽ) それにしても疲れるわ。。。 今年9月で47歳  

体力的にもバブルの頃のように24時間は働けない。

頼みの綱だった 「気力」も 体力につられて落ちてゆく

正直だね。。  

この歳で これからなりたい職業って…… もうムリなのは承知で

あえて言わせてもらえれば 木こりでしょうか。   (笑)

  

体力ダウンは仕方ないとしても

せめて 気持ちだけは健康に保っていきたいね。

 

   

最近よく読んでるブログです  

CO・CO・A ROOM Open

 

 

あっ YUuちゃん  まだココア飲んだこと無いんですが。。

    

  

|

« 2012年6月 | トップページ | 2013年1月 »