« 西荒川林道を完走! | トップページ | ナンシーとは »

2012年4月17日 (火曜日)

謎の林道 矢白(三)線

   

(4月15日 Sun 晴れ)  

林道矢白(三)線

栃木県宇都宮市篠井  国道293号線の北に位置する。

聞き慣れない名前だが、yahoo、google等で検索しても何の情報も得られない。

だがその規模は”林道”というよりも”入線”といった方が相応しい。

  

おおまかな場所は 宇都宮射撃場の北側。

射撃場に向かう農道を北にそれる。

道なりにクネクネ走ると林道入口を示す杭がひっそりと立っている。

   

2

 ↑ デポ地設営   画面で見るよりも斜度があるので

  バイクの積み下ろしが大変。。

  

1

 ↑  白い林道標識が建っている

 いや正確には、根元が腐って道の端っこに倒れていたので

 杉に立てかけてみる。

  

それではスタート

  ・空気圧( F: 0.6  R:0.4 )

  ・その他セッティングはデフォ

 

3

↑ 道幅は約3メートル  

 しばらく走ると両端が側溝のように掘れている

 側溝でも埋め込もうとした跡なのか?

 

4

↑ 踏み固められた路面  左は小川

 

5_2

 ↑ (一応)つきあたり。

 ジムニー程度だったら楽にUターン可能

 以前は伐採積み降ろしに使われていた感じ。 

  

バイクを降り周囲を調査してみると 矢印の先に

道らしきものが見えるupwardright

   

迷わず突っ込んでみる

たしかに「道らしい」が 

同業者(組合関係者)以外 道路とは呼ばないだろう。

6

↑堆積した杉葉の下は土でなく、薄く砕石が敷かれていた。

以前は軽トラ程度であれば通行可能だったと思う。

 

トコトコ斜面を登るにつれ枝が張り出してきた

今日のヘルメットはSHOEIのTR-3

シールド無しなので枝が顔にビシバシ当たる(||li`ω゚∞)

目はグラサンで保護できるからいいが

頬っぺたは無防備なので痛い。

あ~やっぱりフルフェイスにしとけばよかった。

   

斜面を登りきり 稜線から下りに入る

なんとなくタイヤに違和感を感じた。

トラブル発生ヾ(.;.;゚Д゚)ノ。。  

7

↑ ちょうど太めの倒木まで押して ストッパー代わりにする

  

ここは下り斜面 

しかも足場がガレており簡易スタンドでの自立は困難

しかたなく 倒木を切って緊急サイドスタンドを作る。

8

↑ さらにエンジン下に突っ込んで車体を安定させる

 のこぎりでギーコギーコ  ちょうどいい太さだ(○゚ε゚○)

  

↑ こんなところで日曜大工するとは思わなかった

 ノコギリ入れといてよかった。。 遭難してたかも 

  

シャフト緩めて…… 以下めんどくさいので書かないけど

パッチ貼って15分放置  再装着   いい汗かいた。

(感想) テックのビードクリーム最強! 

     やっぱり業務用は違うね (何でオマエが持ってんの?)

  

再始動

斜面を等高線にそって走ってみると 伐採地に出た。

木に巻き付けられた作業指示板には

「平成19年 ●●林業組合一斉・・・・・・」と書いてある

約4年前かあ……

9

 ↑ 杉葉の堆積は20センチほど

 羽毛布団みたいで気持ちいい

 ただ時たま 下に隠れた丸太を踏むとコケそうになる。

  

杉林を伐採道に沿って下ると

県道を見下ろせる高台に出る 

11

↑ 休憩  

 広葉樹の森に出た 落ち葉でフカフカ

 周囲には放置された間伐材が積んである

 朽ち果てた作業用ヘルメットも放置されていた

 以前は木材の集積に使われていたようだ。

   

10

↑リュックを下ろしていると バサッ!(;´Д`A ```

足元が掘れてしまい倒れてしまった。。

地面が柔らかいのとバイクが軽いのでダメージ無し!

   

ペットボトルのお茶を飲み休憩する。 

県道沿いにデポ地まで戻る。

12

↑ 泥濘地には弱いが 抜群の悪路走破性だった。

 欲を言えばビードストッパーをあと一つ増設し

 常時0.3でトライしたい。 

   

 今回の「林道矢白(三)線」 

宇都宮の中心部から30分程度で行けるにも関わらず

どの林道(廃道ふくむ)好きのHPにも登場していないことから

よっぽどつまらないか、魅力無いか、行くに値しないか。

 

オラも別の用事でここら辺を訪れたときに

”たまたま”発見しただけである。

 

突き当り広場から先は既に今日の時点で「廃道」なので

近い将来 通行不能になる見込み大

   

林道建設には多大な工費が必要になってくることから「住民の生活道路確保」、「水資源整備」などの大義名分が必要となる、さらに開通後も維持予算が計上され常に改修整備の手が入るため、かえってこの林道のような「ほったらかし状態」にはなりにくい。

  

 ↓ツーマプに登場する林道はたいていこんなマーク

Rimg0601

栃木の一般的な林道標識

 

1_3

 ↑今回の標識   全然違うよね~

   

たぶん 完全なる私道なのかもしれない。

だが、一見してわからないだけで

「道らしいよ」 「道かもしれない」「道だったらいいね」

の類はいっぱい見受けられた。

4月中はまだ葉っぱが少なく藪探検しやすい時期なので

近日中に再アタックを実施する予定である

  

 

|

« 西荒川林道を完走! | トップページ | ナンシーとは »

スコルパ TY-125 4T」カテゴリの記事

ツーリングトライアル」カテゴリの記事

林道ツーリング」カテゴリの記事